2013 1/26 目黒ライヴステーション MINSTRELIX




2013 1/26 目黒ライヴステーション MINSTRELIX



2013年一発目のライヴである!去年のゴールデンウィークラストに行われた
ワンマンを観に行ったのも懐かしい、日本が誇る劇的クサメタルの最高峰MINSTRELIXの
最新シングルリリースに伴うレコ発
で、ハコも以前観た時同様目黒ライヴステーション
今回はサポートアクトも付いているが実質ワンマンと言う形になっているようだ・・・!

まずは露払いで仙台からやって来たASRAのお目見えである!HM/HRと言うよりもどちらかと言ったら
J-ROCKに近いような音作りを根底に据えつつそこにオリエンタルな東洋的ムードを導入した
フィメールVoのバンドで、疾走チューンはどこか陰陽座に通じるものがあり
キチンとメタルしている
側面もあるが、やはりJ-POP的な部分が目立っておりサビなんか相当に
アニソン要素の強いキャッチーさが感じられたのう・・・!演奏面では難しい事は
していない
ものの別にテクニカル志向のバンドでは無いのでこれくらいで良いのだろうな・・・!
女性ヴォーカルはもうちょい上手くなってもらいたい変な媚びは無いので
聴き易く
この辺は好印象だったな。そこまでガチガチのメタルじゃないのが個性だが
変にポップ化する事無く我が道を貫いていって貰いたいモンじゃて・・・!

そして本日メインとなるMINSTRELIXの登場だ!去年の5月にもお目にかかっており
実に半年振りの対面である!今回は事前に新旧織り交ぜた意外なセットリストで
攻める
と予告されていたが、やはり基本的にはフルアルバム“TALES OF HISTORIA”からの
楽曲が多かったか!?
まぁ当然の事ながらキラーチューン揃い演奏も良く、
Leo Figaro氏のヴォーカルも伸びやかなハイトーン難曲の数々を見事に歌いこなしており
クサメロと同時にバカテクである事を見せつけておったのう・・・!去年のシングル
“Through the Gates of Splendor”
の楽曲も一通りプレイされ、まぁこのシングルの曲は
大分ポップ寄りだったものの過去曲は“Lost Sanctuary”、“Farewell”マニアのツボを
突いたレアな楽曲を披露!
予想通りまだリリースされていないデス編と称された
これからリリースされる最新シングル“Through the Gates of Death”の楽曲も1曲
プレイされたが・・・実にチルボドっぽいのう!(爆)オーケストラヒットの入れ方、
ブリッジ近辺のバッキング等まさにそんな感じだがサビはMINSTRELIXらしいハイトーンVo
シンセソロ民謡ライクなフレーズを奏でておりらしさは決して忘れてはいない!
彼らの名を一躍世に広めた超名曲“Thirst For...”アンコール前に披露され、過去に観た時は
流石に消耗していたためかヴォーカルの高音が出し切れておらずファルセット気味の
歌い方
になってしまっていたが今回はキッチリと歌いこなせており
見事なパフォーマンスを披露!
アンコールラストはこれまたかつての楽曲
“Sky Flame”
で幕を下ろし、今回は前回やった“Silent Jealousy”はやらなかったが
“Bloody Rose”もやらなかった
のは実に惜しいのう・・・!


新年一発目に相応しい、景気の良いライヴ内容で非常に満足出来たわい!
やはり目当てのバンドがトリを務めボリューム満点のパフォーマンスを
披露してくれる
のがライヴの理想系じゃのう・・・!演奏、楽曲共に申し分無しの
熱きライヴに満足である!
今年は幸先が良いと言えるだろうか!?









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system