2012 10/27 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 12




2012 10/27 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 12



さて今年もこの季節がやって来た!メタラーにとっての秋の風物詩、LOUD PARKの季節である!
開始一週間前にまさかのOzzfest開催決定集中力をガッツリ奪われた
今は阿修羅となってLOUD PARKを堪能しよう!この命尽きるまで!(爆)

本日一発目はソロ名義で来日クリストファー・アモットだ!皆勤賞の兄貴、
マイケル・アモット
の連続出演記録は途絶えたがその代わりに抜擢されての出演で、
今回どうやらベーシストがパスポートの問題か何かで来日できずベースは音源を
使用していたな。
曲は未聴だったがARCH ENEMYのそれとは全く異なる、オルタナとすら言えそうな
タルめのムードを持ったミドルテンポ主体のハードロックで実につかみ所が無く
正直好みからは相当に遠い音楽性だな・・・!まぁ流麗かつタメを効かせたギターソロ
実にエモーショナルだったしクリストファー自身によるヴォーカル中音主体
特別上手いと言うわけではないがなかなかに悪くなく音楽性にマッチしていた
一発目としては正直微妙じゃのう・・・!

2組目はプログレメタルでありつつもキャッチーさ満点の美メロを携えた
CIRCUS MAXIMUSである!やはりプログレメタルバンドだけに演奏は極めて
テクニカル
だが長々とインタープレイが続くような事は無く、ヴォーカルメロだけ
聴けばもはや完全なるメロハー、産業ロックである!新譜はマイルドになった傾向があるが
ライヴではモダンなソリッドさも見せしかとメタルしており好印象だな・・・!
ヴォーカルもしなやかでギターソロも実に流麗かつエモーショナルである!

3組目はメロディックブラックの実力派NAGLFARだ!今回3ステージ制という事で
第3のステージであるEXTREME STAGEに向かうが明るい日が差し込んでおり
全然エクストリームじゃなかったり
ステージがやけに狭くアマチュアバンドムードが
プンプン漂っており
実に微妙で、ブラックメタルには全然マッチしていない空間だが
涼しく何気に快適ではあるな。シンフォニックではないが北欧らしいメロディアスさを
携えたバンドで
アルバムもこの手のメタルとしては厚みのあるプロダクションを誇っているが
ここではやはりギターの音がペラく、ソロもタッピング等を駆使していたが
メロディーをなぞるフレーズでは前2バンドの後という事もありただ単にメロを
弾いているだけ
エモーショナルさに欠ける印象があったのは否めんのう・・・!
まぁブラックメタルだしこれくらいが丁度良いのだろう・・・。禍々しさは十分にあったしな。

4組目はブラジルの熱き正統派パワーメタルHIBRIAだ!以前もLOUD PARKで
お目にかかり盛り上がったが
こういう王道で質の高いメタルこそライヴが命なのだ!
キラーチューン連発
でテンションも上がるが音響のバランスがイマイチで
ギターソロ
になると露骨にギターの音がデカくなったりその割に下手のほうのギターが
全然聴こえなかったり
とどうにも微妙でヴォーカルもハイトーンがあまり出ていない
印象があった
がそれでも盛り上げが上手く曲も熱くラストのほうでは正統派メタルなのに
モッシュも起こっておったわい!


間髪入れず続いては本日の目玉の一組DRAGONFORCEである!まさかのヴォーカル交代
新シンガー、マーク・ハドソンが果たしてどれだけ歌えるのかが注目だったが結果的には
真の実力者だったようでキッチリと歌いこなせており高音もバッチリでアルバム通りの
歌唱を披露、
まぁ線は細めだがそこがまた味よ!過去曲もしかとモノにしておりぶっちゃけ
ZPよりも良かったな(爆)。昔はライヴでダメさを露呈していた楽器陣も場数を踏みまくっているだけに
相当にタイトさを増しておりこれまでの彼らのライヴでもベストと言えるパフォーマンスを
披露しておったぞ!
何と言うか余裕が見られるようになっており彼らも進化したものじゃわい・・・!
キーボードのヴァディムが何故かモヒカンになっておりハーマンは髪の長さこそ相変わらずなれど
額周りが心なしか寂しさを見せ始めており時代の流れを感じさせるのう・・・!(爆)
まぁそれはともかくセットリスト的には悪くなかったが時間に限りのあるフェスなんで
割り切って最近のミドル曲は削って爆走チューンオンリーでも良かっただろうな・・・!

そして再びEXTREME STAGEに移ってのブラックメタル1349にお目通りの時間である!先のNAGLFARと違い
良くも悪くもどストレートなブラックメタルでメロディアスさもシンフォニックさも無く
プリミティヴブラック寄りのスタイルのため個人的に好みではないが
ミシンのような高速ブラストはしかと堪能してきたぞ!しかしこっちのステージはメインと違って
音響もデッドで前のほうに行かないとグチャグチャで非常に聴きづらいわい!
まぁ1349はアルバムの音がスカスカなんでライヴだとまだ厚みがあるな。

ここでしばし休息を挟んで続くはテクニカルブルデスCRYPTOPSYである!まぁ予想はしていたが
音響の悪いライヴだとより輪をかけて曲の区別が付かんわい!(爆)フロ・モーニエのドラムは
流石に凄まじくこれまたミシン以上の高速ブラストを連発、ヴォーカルもピッグスクィール系の
グロウル
をメインとし別にいいんだが歌詞がさっぱり聴き取れず(爆)バッキングVoもなかなかに強烈で今にもマイクが
口に入りそう
だったがギターソロの音はろくに聴こえんかったのう・・・!

そしてCRYPTOPSYを途中で切り上げて続くは北欧フィンランドが誇る元メロスピバンド
SONATA ARCTICAだ!
2008年にもその姿をお目にかかりそこではなかなかに
良きパフォーマンスを披露
していたが今回は何と言っても新譜の出来がアレだけに
是非とも過去曲メインでやって頂きたいと思っていたが・・・!やっちまったなぁ・・・!
大半が新譜の微妙な曲で過去曲も確信犯的に非疾走曲のみで揃え腐りやがって!(爆)
何度眠たくなってしまった事か・・・!しかもトニーものっけから全然声出ておらず2曲目
“Black Sheep”の時点で既に声が死んでおる!こりゃダメだ!本日最大のガッカリ賞、
ワーストライヴ確定
じゃわい!デュード!何てこった!
ソナタがクソ化しちゃった!この人でなし!(爆)


すっかり骨抜きになっちまったSONATA ARCTICAを後目に次に向かうはDIR EN GREYだ!
ヴォーカルの京が喉をやられて活動休止していたがここに来て攻撃再開である!
まぁライヴはダメな事で定評のあるバンドだが生で拝めるだけで価値があるな。
気になる彼らのパフォーマンスだが京のヴォーカルはデスVo、シャウトやホイッスルVoは
実に凄まじく復帰直後とは思えん凶悪さ
を見せており流石の貫禄だったがクリーンVo・・・
ハイトーン
は惜しくも出ておらず高音部は裏声でフェイクしていたのう・・・!
セットリストはほぼ新譜オンリーシャウトメインの曲中心(?)だったため絶叫の凄みを
これでもかと言うほど堪能
出来たわい・・・!ただギターは相変わらず稚拙でソロも
何とかフレーズをなぞるだけで精一杯な感じだったが仕方無いな(笑)。新譜過去曲リメイクが
大半を占め
それ以外は“冷血なりせば”のみだったが彼らはSONATA ARCTICAと逆新譜のほうが
良いバンド
なのでこれでOKなんだろう(爆)。今の所日本で唯一彼らのライヴでガチのモッシュが
出来る機会
だけあって多くのキッズ達がサークルやテコンドー、ウォールオブデスで
盛り上がっておった
のも良き光景じゃ・・・!

そして次はHELLOWEENCHILDREN OF BODOMで両者モロに時間被りしており悩んだ結果
CHILDREN OF BODOMをチョイス、本日ラストのEXTREME STAGEに足を運びすっかり
日が落ちた中ライヴが展開、何とのっけから過去のキラーチューン連発で盛り上がりまくる!
“Warheart”、“Hate Me!”、“Silent Night, Bodom Night”の3連発はヤバ過ぎるだろう!
それ以降も新旧織り交ぜた適度なセットリストで昔の彼らが好きな様式美クサメタラー
今の彼らが好きなエクストリームメタラーも共に楽しめる万全の内容を見せておる!
いやはやまったくSONATA ARCTICAに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいモンじゃて・・・!(爆)
音響はやはり微妙でベースの音がデカくギターが引っ込み気味だったがそんなの知るか!
“Needled 24/7”、“Hate Crew Deathroll”
もプレイされ満足じゃ!

そして本日ラスト、トリを飾るのは言わずと知れたスラッシュメタルの帝王SLAYERだ!
第一回目から数えてこれが3度目のトリと言う事で最初はもう飽きたなぁ〜とか、
別にHELLOWEENがトリでもいいだろとか、Slipknot呼んでくれねぇかとか思っとったが
いざ蓋を開けてみれば流石はSLAYERよ!恐るべきパフォーマンスでトリに相応しい事この上無い!
メタラー視点
だが去年とは段違いじゃわい!(笑)今回知っての通りジェフ・ハンネマン
壊死性筋膜炎のため療養中で来れず代役でEXODUSのゲイリー・ホルトがギターの
片割れを務めていたがこれまたタイト極まり無く一糸乱れぬハモリや流麗なるシュレッドを
これでもかと言う程連発!トム・アラヤもヘドバンのし過ぎで首を故障しかつてのような
ヘドバンは出来ずさらには高音も出なくなったようだがそれでも出なくなったのは部分的に聴ける
ハイトーンシャウトのみ
でそれ以外は問題無く歌いこなしておる!LOUD PARKオフィシャルに
張っておった“Angel Of Death”のライヴ映像は何だったのかと言いたくなるのう・・・(笑)。


そんなわけで今年も一日のみのLOUD PARKは終了、翌日のM3に備えてとっとと帰って
シャワー浴びて就寝じゃ!
とりあえず今回はさいたまスーパーアリーナで
初となった3ステージ制
だが、メインステージと比べてあまりにもアマチュア臭い
ステージの狭さ
に加え音響面でも大きく後れをとっておりさらに観たいバンドが
バッティングしてしまう
という弊害もあり正直バンド数増やす以外のメリットが
感じられない
のでやはり2ステージで十分かも知れんのう・・・!今年はM3と被るので
1日開催で逆に良かった
が来年からはまた2日間メタルライヴを楽しみたいモンじゃて!
来年春にはOzzfestも上陸するしLOUD PARKも日本唯一の大型メタルフェスと
うかうかしてはおれんが
それでもやはり毎度の事ながらLOUD PARKは最高じゃ!
LOUD PARKのモッシュピット
に一度足を踏み入れたら魂を置き去りにしてしまい
ホームシック
ならぬラウパシックになってしまうのだ!(爆)気づいたら毎年当たり前のように
足を運ぶのが習慣化してしまう程
だからなぁ・・・!今回も実に良き実りある一日であった!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system