2012 9/1 渋谷サイクロン STAR DUST MEMORY 2012 IRON ATTACK! / Unlucky Morpheus




2012 9/1 渋谷サイクロン STAR DUST MEMORY 2012 IRON ATTACK! / Unlucky Morpheus



暑く過ごし辛く面倒臭い夏あと少しの辛抱で終わってくれそうなこの昨今、6月よりおよそ
2ヶ月振りのライヴである!今回のライヴはまた熱いぞ!IRON ATTACK!とUnlucky Morpheusによる
2マン
じゃ!界隈最高峰の実力を持つ2組による対バン!IRON ATTACK!のツアーファイナル
いう事でこれまでの遠征先では非メタルのバンド、プロジェクトと対バンをしてきたが
ツアーファイナルの本日は我々に嬉しいバリバリのメタル同士!ハコはお馴染みとなった感のある
渋谷サイクロンだが今回は相当に集客があったのか普段は物販コーナーが設けられている
最後方が解放されているにも関わらず鮨詰め状態となっており熱気も凄かった
流石に6月のGATE TO THE UNKNOWN 2012と比べると遙かに快適であると言わざるを得ない!
まったくあっちは地獄だったからのう・・・!

一組目はUnlucky Morpheusだが今回女性シンガーの冬黄嬢が不参加となっており代役のシンガーは
電子レンジ剛志氏
が務めておりまさにIcarus’cry状態と化しておる!(爆)ただ曲は当然
Unlucky Morpheus
なのであの高音を歌うのは男ヴォーカルには相当な負担じゃろうて・・・!
ヴォーカルは流石にキーを下げている(?)バンドサウンド自体は変わっておらず
やはりタイトでテクニカルかつクッサクサなメロスピナンバーこれでもかと
言うほど連発される!
途中ギターの幸村氏自らデスVoを披露していたがこれは弱めだったな・・・!
演奏は凄まじくタイトギターのソロタイムも設けられていたが実にレガートで
スウィープもタッピングも流麗な事この上無い!
音響もバランスは良く聴き易かったな。
電子レンジ剛志氏の煽りもまた非常に熱かったがメタルのそれと言うよりはヴィジュアル系の
それ
だったな(爆)。ただ煽りだけアグレッシヴでも歌うと途端にヘナチョコになる
よくあるV系シンガー連中
とは事なり高音部も張りのある声で歌い健闘していたが・・・
やはり冬黄嬢のヴォーカルとタイプが大きく異なるんでそこに違和感が感じられたのも
確かじゃのう・・・!Unlucky Morpheusのヴォーカルが並程度の力量だったらこうは感じないんだが
冬黄嬢は超人だからなぁ・・・!ただラスト3曲で披露されたIcarus’cryの楽曲
持ち曲なんで当然の事ながらすんなり耳に入ってきたな。

2組目にしてトリを務めるのは勿論IRON ATTACK!でいきなりの勇舞氏による激熱歌唱が炸裂!
早速のキラーチューン連発
序盤から飛ばしまくるが音響は出だしはドラムが大きくギターが
引っ込み気味
だったか!?機材トラブル的なノイズもあったがまぁすぐに改善され
こっちもまたUnlucky Morpheusに負けず劣らずのタイトでストロングなパフォーマンスを披露、
勇舞氏のシャウトは実力派の大物シンガー達に決して引けを取る事の無い強靱極まり無いもの
実にカッコいいのう・・・!ドラムソロも挟みベースをプレイしていた龍氏はシャツを脱ぎ
細身ながらも鍛えられた肉体を披露、
途中からヴォーカルを取ったまいなすいょん嬢は
ちょい声が出ていない部分もあったが高音で張りのある歌唱を見せていたのも印象的だったな。
そしてアンコールでは何とLIGHTNINGの二代目シンガー、ロバート氏が現れIRON ATTACK!で
唯一彼が歌った“Poltergeist”に続き何とLIGHTNINGの2ndに収録された“Thousand Fields”も披露!
思わぬサプライズに観客は大いに沸きこの日一番の盛り上がりを見せておったわい!


2マンと言う事で終演は結構早く9時には既に終了となったがそれぞれ1時間、1時間半と
ボリュームはあり
物足りなさを感じる事は無く帰路に付けたのう・・・!登場バンドが少ないのも
また1組1組を集中して観る事が出来て疲労する事が無いのも良いな。GATE TO THE UNKNOWN 2012では
ハコのあまりの温度の高さ体力を奪われまくったからな(笑)。まぁ今回も暑かった
夏でこの規模のハコならどこも同じくらいじゃろうて・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system