2012 4/9 新木場STUDIO COAST 9mm Parabellum Bullet / HAWAIIAN 6




2012 4/9 新木場STUDIO COAST 9mm Parabellum Bullet / HAWAIIAN 6



去年の雪辱を果たさんが如くここ最近来日公演ラッシュが続く中それを尻目に
パンク畑の国産バンド2組のライヴに行ってきたわい!(爆)9mm Parabellum Bulletと
HAWAIIAN 6の2マン!
共にそれぞれパンク、メロコア畑、そしてオルタナ畑で活動を
しているがその日本人好みの芳醇なクサメロは我らクサメタラーも愛して止まない
それである!
そんな畑違いのクサメロバンド2組が新木場STUDIO COASTでぶつかり合う!
クサメタラーも注目のパンクライヴだと言えよう・・・!

今回は9mm Parabellum Bulletが主催のライヴなのでトップバッターはHAWAIIAN 6!
なぜかスタート直前のSERHAPSODYの“Land Of Immortals”だったのがよう判らんが
ABBAの“Dancing Queen”をバックにメンバーが登場!RHAPSODYなどまず知らないであろう
若きティーンのキッズ達
が盛り上がりバンドを出迎えプレイされたのは1stアルバム
“SOULS”
一発目を飾るキラーチューン“LIGHT AND SHADOW”だ!そのまま続けて
“AN APPLE OF DISCHORD”もプレイされまさかの1st再現か!?と思わせておいてその後は
新旧織り交ぜたセットリストとなりクサメロ爆走チューンが連発される!演奏はやはり
パンクバンドらしく荒めでヴォーカルなんか声が出ておらず高音部は声がひっくり返りっぱなし
だったがそんなの知るか!パンクのパフォーマンスは勢い重視でエエんじゃ!(爆)ちなみに俺が
今回何気に注目していたのが新メンバーになったベーシストで、前任者はバックコーラス
おいてリードVoよりも高いキーで歌っており異様に印象的だったが気になる新メンバーの
パフォーマンスは・・・まぁ良くも悪くも普通だったか!?ライヴ後半は明るめの
青春パンク、ポップパンク色濃い曲
が連発され個人的には失速したムードになっちまったが
他のキッズ達はそういった曲のほうが盛り上がりを見せておりまぁそういう客層なのだろう(爆)。

そして次が9mm Parabellum BulletHAWAIIAN 6の持つクサメロとはまた異なる意図的な
ダサさ
すらも取り入れた昭和歌謡らしいクサメロを持った楽曲を連発!良くも悪くも
パンク、メロコアからブレないHAWAIIAN 6とは異なりオルタナでありつつもHM/HRや
カオティックコア
の要素も取り入れているバンドだけに演奏はHAWAIIAN 6よりもずっと
タイト
でヴォーカルも基本的には稚拙なんだがそれでもHAWAIIAN 6よりは声が出ていたな。
部分的に思い切り音をハズす部分も目立ったし演奏も結構ハシる箇所が多かったが
それもまた勢いがあって良し!これまたセットリストは新旧織り交ぜた感じで過去曲から
最近の曲まで満遍無くプレイ、さらに新曲も披露されシンプルながら相変わらず怪しい
アンダーグラウンド的ムード
が漂っており面白かったがヴォーカルは音ハズし過ぎだろ(爆)。
キッズ達は当然のようにモッシュピットで暴れていたがバラード曲“カモメ”で何故か怪しげな
振り付け(?)みたいな動き
を見せさらに“Black Market Blues”等ではガゼットばりの
土下座ヘドバン(?)
らしき動作まで披露し激しく謎である!まぁ9mmは何気にLUNA SEAとかにも
影響を受けているらしいのでその流れと言えなくも無いか!?(爆)それはともかく基本的には
楽しめた
のだが不満点もありそれはモロXなガチの疾走メロスピチューン
“Endless Game”をやってくれなかった事だ!
なぜやらんのじゃあ!(爆)
やはり客層か!?メインの客層はパンクキッズだからあまりメタルメタルした曲は
ウケない
からやらんのかい!?FUCK!この曲で思い切りヘドバンしたかったわい・・・!


そんなわけでこの2マン、パンク畑とは言え前座無しの2組のみなんで演奏時間は
共に一時間程
適度に濃密な詰め込み具合を見せておりこの点は納得出来たな。
やはり不満点は“Endless Game”をやらなかった事か・・・!やはりパンクスと
メタルヘッズ
は価値観の違いがマリアナ海溝くらい深いのかねぇ・・・!(爆)
昔9mmが武道館でワンマンやった時も観に行ったんだがそこでプレイされたMETALLICAの
“Motorbreath”のカヴァー
も盛り上がったリスナーなんか俺入れて一桁くらいだった
からなぁ・・・!少しはメタルも聴こうぜパンクキッズ!(爆)









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system