2012 1/7 新木場STUDIO COAST KESEN ROCK TOKYO round 6. BRAHMAN / the band apart / THE BACK HORN




2012 1/7 新木場STUDIO COAST KESEN ROCK TOKYO round 6. 
BRAHMAN / the band apart / THE BACK HORN



2012年早々からいきなり一発目のライヴじゃ!去年の11月に幕張メッセで見てその凄みに
魅せられたBRAHMAN、
早くも再び観る事になったわけだが今回は前回とは違い音の良いちゃんとした
ハコで、
さらに対バンも前回は個人的に興味の無いバンドばかりだったが今回は違う!
THE BACK HORNの参戦である!
ぶっちゃけ前の幕張メッセ行かないでこっちだけ行けば良かったような
気がしなくも無いが(爆)、
まぁそれは気にせず新年初ライヴを堪能しようではないか!

そんなわけで何気に久々の我が地元、新木場STUDIO COASTだ!開演前にDJが今回の主旨を説明、
どうやら忌まわしきクソッタレ震災のせいで今まで気仙沼でやってきた地元フェスが
開催出来なくなり
それを復活させるために行われているイベントとの事らしい!
こういった活動を率先して行うのがパンク、ハードコアレベルミュージックの
良い所
だな・・・!政府、役人は何もしてくれはしない!だったら自分達で行動を
起こすしかない!
これもまたパンクのDIY精神である!

そして始まった本ライヴ、1組目は意外や意外、いきなりのBRAHMANである!前回は勿論
トリ
だったが今回はトップバッター!それもそのはず本ライヴの主催はthe band apartなのだ!
そういうわけでトリを務めるのはthe band apartだがこれには面食らったのう・・・!
ともあれライヴはスタート、やはりSTUDIO COAST幕張メッセなんざと違って音が良いわい!
ちょいとデカすぎる印象もあったが各楽器がクリアに聴き取れ流石はキチンとしたハコよ!
前も観た通りMCは最初と最後のみであとは曲間すら無くファストチューンの畳み掛けが
これでもかというほど炸裂!
音の良いハコで聴くこの怒涛の展開!たまらんのう・・・!
演奏は決して上手いわけではなくギターもヨレたりする箇所もあるがそんなメタラー耳で聴いては
こういったバンドの真価は見出せんのだ!勢い任せのラフで熱いパフォーマンス!
時折見せるクリーンギターによる叙情バラード的パートがまた爆走する
ハードコアパート
とのメリハリを見せており実に強烈なのだが・・・前にはやってくれた
個人的キラーチューン“FOR ONE'S LIFE”や“BOX”、“LAST WAR”、“THE SAME”
今回一切やらなかったなぁ・・・!(爆)

そして2組目はTHE BACK HORNの登場だ!彼等を観るのも何気に二度目で前に観たのは
ワンマンだったなぁ・・・!現時点での最新アルバム“アサイラム”からの曲が多く
前にアルバムを聴いた時はそれほどピンとは来なかったんだがこうして改めて
聴いてみると印象は良くなるのう・・・!さらに3月にリリースされる新曲も披露、
シングルらしいポップ寄りのムード
がありつつもやはりTHE BACK HORNらしさはしかと
感じさせるメロディーが聴けるアップテンポチューン
でなかなか良かったがメロディーラインは
どちらかと言ったらBRAHMANに近かったな・・・!ギターが結構細かいソロでモタったり
トチったりしていた
が演奏自体はまぁ悪くは無かったか!?

そして3組目が本ライヴ主催のthe band apartである!これまた何気に同じハコで
一度観た事があり
その時はHAWAIIAN 6との対バン(3マン)だったがやはり演奏テクは
ジャズ、フュージョン色濃いマスロックだけに前2バンドと比べると抜きん出ており
ドラムは軽めだが手数多くタイトに叩きギターもカオティックさのあるリフやソロを
バンバン披露、ベースもスラップ等で目立ちまくりやはり前観た時同様挙動不審とすら
言えそうなレベルのフラフラしたノリの良い動き
をしていたな(爆)。そんなわけで
テクニカルさを求める向きには良いだろうがやはりヴォーカルは添え物程度の役割しか
果たしておらずメロディーもまったくもってフックが無く面白みに欠けておるなぁ・・・!
テクは無いけど曲の良いバンドテクはあるけど曲がつまらんバンド、どっちがいいかと
言ったら当然の事だが前者である!ロックは技巧ではないのだ!!


俺はてっきりBRAHMANがトリだとばかり思っていたがその予想は悪い意味で裏切られ
さらにBRAHMANも俺が聴きたかった曲はプレイせず非常に不完全燃焼感の強い
年明け早々微妙なライヴになっちまったなぁ・・・!
まぁバンドは悪くは無く
単に俺の好みの問題
なんで仕方が無いな(笑)。次に期待だ!







ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system