2010 11/28 渋谷CYCLONE 死闘!五稜郭!! 〜LIGHTNING vs IRON ATTACK!〜




2010 11/28 渋谷CYCLONE 死闘!五稜郭!! 〜LIGHTNING vs IRON ATTACK!〜



LOUD PARKから一ヶ月、別にまだ年の瀬と言うわけではないが冬の季節に激熱ライヴの開幕じゃ!
今年の夏にようやく2作目がリリースされた国産慟哭正統派パワーメタルバンドLIGHTNINGの
ツアーファイナルである!
今回の対バンメンツがまた凄いぞ!龍5150氏自身のバンドを
率いて
フロントに立ち、裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜るのメンバーで結成された(?)
Vampire Pledgeも注目だが何とLIGHTNINGのリーダーIRON氏による別バンド(プロジェクト)、
IRON ATTACK!
までもその名を連ねており、身内が集まった感が無きにしも非ずだがどのバンドも
見所満載
と言えるだろう!ハコはライヴ終了後即打ち上げ可能なお馴染みの渋谷CYCLONEである!

そんなわけで久々の渋谷、いつものように適当にこのガラの悪い街をうろつき
ブックオフアメコミを立ち読みしゴルゴ13を読もうとした所でM3等でお会いした方に
声を掛けられトークしつつ(笑)、程よい時間に会場入りし開始の時間を待つ事に。
本日一発目はいきなりのIRON ATTACK!である!トリのLIGHTNINGに備えてのトップバッターというわけだ。
非東方のヴォーカルアルバムもリリースしているがこの日は東方ナンバーのヴォーカルアレンジを連発、
アルバムでは基本的にインストになっているがライヴではポップスアレンジのソロアルバムSister's Spread-i
確かな実力を見せたまいなすいょん嬢によるヴォーカルが聴けるぞ!ギターの片割れは
THOUSAND LEAVESのBach氏のため今回は彼のナンバーもプレイされ、ゲストシンガーとして
Black PearlのAvecky氏が登場、垂らしロングモヒカン(?)強烈なヘアスタイル本職の
デスシンガー
としてのアグレッシヴなパフォーマンスを披露!今回全体的にヴォーカル・・・
マイクが引っ込み気味だったからか若干苦しそうな印象もあったが高音絶叫は実に邪悪だったな・・・!
デスラッシュチューンだがライヴで他の正統派メタルチューンと比較してバンドサウンドが
いかにもデスメタルってな感じではなくデス要素はヴォーカルだけだったというのが意外であった・・・!
次の曲はワンコーラスちょいだったがIRON氏がリードヴォーカルを披露、彼のヴォーカルも
なかなかのものでラストはクリーンなハイトーンも出していたぞ!

2組目はかつて裸体少女、鋼鉄楽団かなで〜るとしてアニソン系カヴァーをやりつつオリジナル曲
書き活動してきた新進気鋭バンドVampire Pledgeである!この日に1stアルバムもリリースされ
ついに本格的な動きが見られるようになって何よりじゃわい!以前、鋼鉄楽団かなで〜るの
ラストライヴを目にしてきたが名義は変わってもノリはあの頃のままで、MCがひたすらに長く
楽曲の方はVOLCANOの流れを汲んだ強烈極まりない慟哭のギター、ツインリードを聴かせつつも
決してギターだけが主役になる事は無くその生命線はキャッチー極まりない芳醇なフックを持った
ヴォーカルメロディーである!
裸体少女の頃は弱さがあったヴォーカルもかなり成長しており
この女性シンガーの存在が他のメタルバンドとの大きな差だと言えよう!アニソンカヴァーも
悪くないがオリジナル曲のほうが魅力を感じられる、真に優れたバンドだと評価できよう・・・!
アルバムも物販に並んでおり俺もゲットしたぞ(笑)。

3組目は本日一発目のIRON ATTACK!でベースをプレイし何度かライヴもやっている
龍5150氏自らヴォーカルを取る自身のバンドである!シンフォニック東方で一気に
その名を上げた彼のフロントマンとしてのパフォーマンス・・・アルバムではハイトーン
使いこなしつつも北欧メタルV系のような細さも感じられ生だと一体どうなるのか
気になっていたが、
ライヴでもアルバムと遜色無くキッチリと歌いこなせており
しなやかな中性的部分も感じさせ、他のメンバーもサポートでギターとベースは普段は
ポップス系をやっているらしいが本日はメタルのプレイを見せ十分なテクニックを
持ち合わせておったのう・・・!
やはり楽器やる人間はどんなジャンルだろうと
大体メタルは通過するもんだという事を改めて思い知らされたわい!楽曲はシンフォニック東方と
オリジナルアルバム四季楽典の楽曲オンリーとなっておりポップスアルバムだったRE:Start!!
曲はやらず殆どがクリーンVoだったが後半に1曲のみブラックメタル曲をプレイ、ガテラル、
高音絶叫
もしっかりと出せていたが曲が終わってからしばらくバテていたなぁ・・・!(爆)
Vampire Pledgeの直後という事も手伝って正直メンバーの出で立ちにはまったく華が無く
まるでパンクバンドみたいだったんだが(爆)、見た目が派手でもパフォーマンスが
ショボイ3流V系バンド
なんざよりもよっぽど良いわい!

そして4組目、トリを務めるメインアクトは本日一発目でも登場したIRON氏の本業バンド
LIGHTNINGである!
上記したよう今年の夏に2ndがリリースされ本日はその
ツアーファイナルという事で、各メンバーそれぞれ気合のパフォーマンスだったがベースの
御橋氏はあまり前に出ず淡々とした佇まいだったな・・・(爆)。ちょいごっちゃに
なった
部分もありつつ演奏はやはりタイトで、ここまで3バンド観てきてヴォーカルの
ボリュームが若干小さめ
だったのか低音部だと聴こえなくなる箇所も多々見受けられたが
Robert氏のヴォーカルはやはりかなりパワフルで埋もれる事が無かったのう!
2ndのツアーではあったが1st、2nd双方の曲をバランスよくチョイスしており客の
盛り上がりもやはりトリという事でかなりのものがあったな・・・!俺も頭を振り
メロイックサインを掲げ共にシンガロングし
熱くなれたわい!2ndにボートラ名義
収録された“仮面ライダーBLACK”もプレイされバンド名を冠した1stのキラーチューンの一つ
“Lightning Force”も聴きたかっただけにやってくれて嬉しかったのう・・・!
そしてアンコールでは何と初代シンガーのJUN氏がゲストとして登場しIRON ATTACK!の
アルバムでプレイされたヴォーカル曲“SPARKING”がプレイされる!彼の声も実に
パワフル極まりなく
個人的にはアルバムよりもライヴのほうが上手く感じられるシンガーである!
そしてラスト、2度目のアンコールでは個人的に今回最も聴きたかったキラーチューン
“HeavyMetal (Of Destiny)”
がプレイされる!かつてHEAVY METAL KINGDOMと名乗っていた頃に
タイトルナンバーとしてmuzieで公開され、この曲を始めて聴いた時のあの日の感動が
今再び蘇る貴重な経験になったわい!



こうして全4組全て終了し、面識あるメンバーの方々と挨拶しつつ去年の秋のM3に続いて
まったくの素人、一般人なのにサインをまた求められたり(爆)しつつ今回も終電に
間に合わせたくて打ち上げには参加せず勇者アーサー氏と喋りつつ帰路につく事に。
各バンド共に演奏、パフォーマンスは実にタイトでギターやヴォーカルが引っ込み気味だった
音響がちょいと気になりつつも十分以上に満足じゃ!ちなみに本日のライヴはDVDになるそうで、
会場に来たオーディエンス全ての名前バッキングVoとしてクレジットされるとの事である!
どのバンドだったかは忘れたが前にこんな事をしたバンドが確かいたような気がしたな・・・。
今の規模だから出来る事かも知れんがこういう試みはファンにとってはたまらなく嬉しいモンである!
来年リリースのDVDを楽しみに待とうではないか・・・!








ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system