2010 10/17 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 10 2日目




2010 10/17 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 10 2日目



さてLOUD PARKも2日目に突入、相変わらず筋肉痛が強烈だが今日もまたメタルの、
モッシュの波
に埋もれようではないか・・・!


この日の一発目を飾るのは先日の HOLY GRAIL同様バリバリの正統派パワーメタル
3 INCHES OF BLOOD
だ!ツインVoという点が今風だがそれ以外はまさにオールドスクール
極まりないストレートなメタル
である! 1番手だというのにステージ前はかなりの人だかり
出来ており明らかに先日よりも人が多い!バンドのパフォーマンスも熱くヴォーカルもいかにも
正統派メタル然としたハイトーンを連発しパワーも申し分ないのう!しかし彼らの
持ち味であるツインVoの片割れ、ダミ声シャウトのほうはあまり聴こえてこず
ちゃんと機能してなかった感があるなぁ・・・!ヴォーカル一人でも十分魅力的だと
思うし別にツインVoでなくてもいいんじゃないかと思っちまったわい(爆)。オーディエンスの
ノリは正統派メタルなのに普通にモッシュしておったな(笑)。

2組目はTRASH TALKだ!メタラーには馴染みの薄いハードコア界隈出身の彼らだが
出してる音はまさしくスラッシュメタル、ハードコアメタル!音源聴いた限りじゃモッシュを
するにはうってつけの音楽性を持ちシンプルに、ファストに爆走しまくるスタイルかと
思っていたが実際に観てみると意外や意外、スラッジコア的な引きずるスローな
重さ、ドゥーミーさ
があり妖しさも満点のダークな音を出していたな・・・!だが
オーディエンスのノリはまさしくハードコア以外の何物でもなくグラインドコア的な爆走パートでは
左回りしまくりミドルパートではスラムダンスでゴリラモッシィー!(爆)ヴォーカルが
殆どステージにおらず終始花道に降りてきておりオーディエンスの元にダイヴ!
まさにハードコアだがそのためロクに歌って(叫んで)おらずパンクスにはいいのだろうが
統合性を求めるメタラーの目には果たしてどう写ったのであろうか・・・!?

続いては北欧からきたLAメタルRECKLESS LOVEの登場だ!いかにも80年代メタルライク
雰囲気はこういうアリーナでのライヴに映える要素満点だが実際の所はと言うとアルバムでも
感じられたがどうにもヴォーカルがイマイチで時折出すハイトーンシャウトは悪くないものの
普通に歌うと終始音外し気味で正直ヘナチョコだなぁ・・・!(爆)演奏自体は難しいことやってないので
特に問題はないんだがヴォーカルがどうもなぁ・・・!まぁこの辺が北欧らしい所か!?

4組目は女性シンガーを擁するHALESTORMで、音源聴いた限りだと適度にキャッチーな
よくある女性Voモノ
の印象を拭えずライヴでもまぁそんな感じなんだがギターヴォーカルの
この女性シンガーのパワフルさが尋常ではない!いきなりのアカペラも強烈で男顔負けの
激熱シャウト
をこれでもかというほど披露し女性Voにありがちな媚びも皆無!まさに俺好みの
ハスキー系パワーヴォーカルである!日本の女性シンガーもこういう歌い方してくれたらなぁ・・・!
演奏はまぁ普通(無難)だったが途中ドラムソロで沸かせていたな。

そして続いては個人的メインアクト、TURISASの登場だ!アメコミのマッチョキャラ
実はインテリ揃いなのと同様思慮深さも湛えたいくさバカ!(爆)オーディエンスもかなり多く
始まる前からBattle Metalコール!(爆)そしてじらしてようやくメンバーが登場し
まだアンダーテイカー地獄兄弟タッグを組んでいた頃のケインがつけていたマスクを
思わせる黒と赤の斜めストライプペイントを施した姿を眼前に晒す!アコーディオン
ヴァイオリンのプレイヤーも配しプレイが開始されると意外とまったりしたパートも目立ち
あんまモッシュ向きではないように感じられたがそれでも当たり前のように盛り上がり巨大サークルも登場、
MCでサッポロビールを絶賛(?)しさらにウォールオブデスを煽り実行される!まぁ肝心のヴォーカルは
微妙な感じでギターの音が全然聴こえなかったりとまだまだな部分もあったし“As Torches Rise”を
やってくれなかった
りしたが“Battle Metal”で盛り上がり新曲も聴けたしで
有意義なライヴだったと言えよう!

続いては本日2組目のパンク畑出身バンドALEXISONFIREである!メタルフェスなんで
アウェー感バリバリだったがやはりハードコア系のオーディエンスは熱く巨大サークルで
暴れまくっておった
のう・・・!アルバムはまだレビューしとらんが実は一通りチェック済み
最初の2枚は初期スクリーモ、ポスト・ハードコア要素も強くなかなかにマニアックで
良かった
んだが生で観るとやはりパンク系だけに音は軽く演奏はルーズでダレを
覚える箇所も多くライヴで逆に印象が悪くなっちまったなぁ・・・!(爆)ヴォーカルも弱く
特にクリーンが相当ヘナチョコだったがまぁこの辺はスクリーモ系の宿命なんでしょうがないな。

そして次に控えるは有名(?)日本人ギタリストKUNIだ。まぁ俺はノーチェックであまり
真剣には観なかったが音楽的にはアメリカンロック寄りであんま好みじゃあないか・・・!?バックのメンバーは
有名所揃いのようでヴォーカルの正統派メタル系のパワフルなシャウトは凄まじかったが
肝心のKUNIのギタープレイは結構荒くミストーンも目立ってたなぁ・・・!

お次は今の所LOUD PARK皆勤賞を誇るマイケル・アモット率いるSPIRITUAL BEGGARSだ!
オールドスクールブルーズ色濃いサイケ要素も混じったハードロックをプレイしており
当然個人的にはCARCASSARCH ENEMYと違ってあんま好みじゃあないがそれでも所々で
覗かせるプログレ的素養泣きのギターはたまらんモノがあるわい!まぁかといってあまり真剣に
観たわけじゃあない
が(爆)、ハモンドも織り交ぜいかにも昔のハードロックっぽい
ライヴ
を繰り広げておったのう・・・!マイケルの泣きのギターはやはり良かったわい!ただそのギターの音が
とにかくバカデカくヴォーカルもドラムもかなり埋もれ気味だったのが気になったなぁ・・・!
新たに加入したシンガーがアポロ・パパサナシオという事でちょいと話題になった
やはりギターに埋もれていたのが惜しかったのう・・・!所々の歌い回しはハードロック然とした
コブシ
が効いてて良かったが基本的には地味な地声だったなぁ・・・(爆)。

続いてのANGRAは昨日のDIR EN GREY同様2006年以来の参戦でその時は
微妙な新曲微妙なパフォーマンス、“Carry On”の後半をやらず
メドレーにしやがったり
悪い印象しかなかったんだが(爆)、今回もエドゥのヴォーカルは
微妙もいいとこで全然声が出ておらずバンドのアンサンブルもズレてる所がそこそこあったが
最近の彼らのスタイルなのかヴァイオリン奏者がおりストリングスパートを盛り上げていたのは良かったな。
SPIRITUAL BEGGARS同様ギターの音がデカくドラムが埋もれ気味だったしそのギターの音も
どうにも軽く煮えきらない印象があるもセットリストはなかなかに良く最近の曲ばかりと
言うことはなく昔の曲もバランス良くやり聴きたい曲を一通り聴けたのは良かったな・・・!
まぁ“Carry On”はお約束通りソロ後メドレーで“Nova Era”に繋ぎブリッジの高いパートは
勿論フェイク、サビは殆ど客に歌わせるという腑抜けっぷりなれど今回はキーは下げて
いなかった・・・
ように思う(笑)。途中恒例のパーカッションコーナー(?)があり
サンバのリズムでヴァイオリンが舞いそしてなぜかQUEENの“WE WILL ROCK YOU”を歌う!
昨日KORNもやってたし今年の頭に来日したSONATA ARCTICAもプレイしたようで
何だ!?ミュージシャンの間で最近流行っているのか!?(爆)

MOTORHEADは実にワイルドでラウドなロックンロールを爆音でプレイし
アルバムの音源と比べて何らぶれる事が無くスタジオ音源と同質のライヴを披露、
流石のベテランの味を出していたしレミーの酒焼けしまくりヴォーカル
上手い下手を超越した味があり途中ドラムソロで魅せたりしており
音源ではあんま興味無かったんだが(爆)ライヴはかなり良かったな!
まぁ俺は隣のフロアでAVENGED SEVENFOLDを待ちながら見ていたんだが・・・!
2008年のLOUD PARKでは入場規制のせいで前で観られなかったしな。
ドラマーのレヴが急死しマイク・ポートノイが参戦するもメインバンドである
DREAM THEATER脱退するという知らせが多くのメタラーを動揺させた・・・!
そんな彼らの気になるパフォーマンスはというと一昨年観た時と違いヴォーカル
調子良かったのかちゃんとシャウト系の声が出ておりドラムがポートノイなんで
全体的に安定感があり適度にドラムが目立ちつつ美味しい所
全部持っていく
ような事は無く良き印象を与えていたと思うぞ。
早い段階で短いながらドラムソロが披露され中盤レヴへの追悼かバラードが多く
クールダウンするもノリの良い曲、ファストチューンではおそらく2日間で最大と思われる
超巨大サークルピットが発生!個人的に彼らの曲で一番好きな“Beast and the Harlot”では
俺も最高に盛り上がりシンガロングしながら左回りしてしまったわい(笑)。

そして本日の・・・2日間のトリを勤めるのはメタルの帝王、ベテラン中のベテラン
OZZY OSBOURNEである!ギターにガス・Gが加入し話題を集めたが実際は無難なプレイ
これといった個性を発揮するようなことはなく、今回のライヴでもまぁ安定感はあるが非常に無難で
お仕事をそつなくこなしている
印象だったなぁ・・・!オジーはその名が示す通り
もうお爺なので(爆)、声はろくに出ずMCでオーディエンスに歌わせようとして
歌うフレーズがまず歌えておらず失笑モノではあったがまぁオジーは元々
ロブ・ハルフォードロニー・ジェイムズ・ディオとかと違って上手くはないので
劣化がさほど気にならないのはある意味得と言えるだろう(爆)。オジーはバケツで
オーディエンスに水を撒きつつ
代表的な曲は一通りプレイし定番のSABBATHナンバーも披露、
俺が聴きたかった曲を全部やってくれたのは良かったな。途中ガス・Gのソロタイム
設けエディ・ヴァン・ヘイレンのようなフレーズを弾いておりドラムソロもやはりあった(笑)。


こうして2日間に及ぶ熱きメタル祭は幕となった・・・!やはり祭りの後は寂しいのう!(笑)
また通路が狭いだの食い物屋まで遠いだの入場の際ペットボトルとか奪われるとか
運営面で悪い点もあったが実際は一昨年よりは改善され意外と入場規制を食らう事もなかったし
水の持ち込みはまぁ、俺は場数踏んで慣れてるんで・・・(爆)。今回はなっちゃんではなく
Qooにしておいた(笑)。個人的には久々のライヴを有意義に楽しんだがもう年なのか
以前と比べるとそんなにモッシュもしなくなったなぁ・・・!しかし生の音はやはり良いのう!
来年も頼んだぜLOUD PARK!







ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system