2010 3/23 新木場studio coast HAWAIIAN 6




2010 3/23 新木場studio coast HAWAIIAN 6



冬の寒さもようやく去り行き季節は春!春のパンク祭りではないが
本日のライヴはパンク!クサメタラーに最も早くアピールした
元祖哀愁クサクサメロコアバンド、HAWAIIAN 6のツアーファイナルである!
場所はお馴染み新木場studio coast・・・まったり見るにも
モッシュするにも適したデカバコじゃ!今回は久々にモッシュを
心行くまで楽しもう
ではないかッ!

そんなわけで会場はいつもの地元なんで適当に夕方頃に本屋で
立ち読み
したりしつつ程よい時間に会場入り。実は事前までまったく
知らんかったが前座が2組いるようだ・・・!てっきりワンマンかと
思っていたんだがまぁこの手のパンクバンドは曲もアルバムも
短い
からこういうスタイルは至極当然と言った所だろう。
最初会場入ったとき客の少なさに驚かされたが何のことは無い、
前座バンドがいるんでまだみんな集まっていなかっただけである(爆)。
1組目はHARDCORE FANCLUBなるバンドで全然知らなかった
どうやらHAWAIIAN 6主催のレーベルから1stアルバムをリリースする
新たなバンド
らしいな。ギターが2本で他の楽器兼任ではない、
専任のシンガー
がおり音楽的にはちょいとカオティックなミドルチューン
交えつつも正攻法のストレートなハードコアで、ヴォーカルが張りのある
高音
でシャウトしたりクリーンで歌ったりとなかなかの実力者
ギターも片方(ロン毛のほう)がヴォリューム奏法を披露したりと意外と
凝った音作り
をしていたのが印象的である! ヴォーカルが埋もれ気味だったのが
惜しいが会場を暖めるには丁度いいファストチューンの連発が好印象だったのう・・・!

そして2組目はHARDCORE FANCLUBとはまったく異なる音楽性を持つ
the band apartである!セッティングの時すでに楽器持ってジャムり出し
クルーが遊んでいる
のかと思ったらバンド本人達だった(爆)。
どうやらHAWAIIAN 6とは付き合いが長いようだが爽やかフュージョン要素の
入ったオルタナ、ギターロック
は今日出演するバンド勢の中では若干
浮いている
ような印象だったが、流石にプログレッシヴな技巧派バンドらしく
複雑なフレーズを細かく紡いでいく各楽器陣のプレイは聴き応えあり
アンサンブルは若干不完全な部分もあったが個々のスキルは高そうだな・・・!
まぁヴォーカルは添え物程度であっても無くても良さそうだったし1組目同様
埋もれがちであまり聴こえてこなかったが何より印象的だったのが熊のような
巨漢
ながら物凄い笑顔で怪しいフラフラした動きを見せつつ終始楽しそうに
プレイするベーシスト
だろう・・・!(笑)

そして次はいよいよ待ってましたのメインアクト、HAWAIIAN 6だ!この頃になると
会場も客が詰め掛けstudio coast本来の客の入りとなりいやがおうにも
期待は高まる!そして暗転、なぜかABBAの“DANCING QUEEN”をSEに
メンバーが登場しファストに演奏開始!これまでとはうってかわって
会場全体がモッシュピットと化し行われるは地獄のモッシュ、押し競饅頭だ!(爆)
俺も今までは前のほうでじっくり観ているだけだったがお目当てのバンドとなれば
当然ピットインである!しかしダイヴ、クラウドサーフが今回ハンパなかったのう・・・!
特にサビでみんなダイヴしたがるためシンガロングしようとした瞬間ズッシリ来て
人間を前に押し出さなアカン
のは流石にしんどかったがまぁこれもパンクの
ライヴならではの楽しみよ!
俺もモッシュしてたんでセットリストは
あんま記憶に無い
がとりあえず新譜“BONDS”のツアーなんで当然新譜の曲が
多めでキラーチューン“Heartbreaker”、“Blackout”も勿論プレイされ
1曲目“Song of Hate”本編ラストに披露され盛り上がりを見せていたな。
初期の頃の楽曲もやってくれて特に“LIGHT AND SHADOW”クサメタラーに
最初にアピールした伝説級の名曲
なんで最高に盛り上がったわい!
音響は前2組で埋もれていたヴォーカルは改善され、またバンドの演奏も
流石にキャリアが長いだけあって実に纏まったタイトなプレイであったのう・・・!
まぁセットリスト的には普通のメロコア寄りのファストな曲が中心で
クサメタラーにアピールする“THE BLACK CROWS LULLBY”とか
“THE LIGHTNING”、“A CROSS OF SADNESS”、“THOUSAND OF SNOW”、
“Shadows Of The Sun”
等をやってくれなかったのは残念だがまぁそれでも明るい
ノーマルなメロコア
調の曲にも部分的にクッサイ哀愁があるという事を
改めて再確認できたしこうやってライヴでモッシュしながら聴くには普通のメロコアも
また悪くないのう!ただやはり10〜20代の血気盛んな若者に混じって
モッシュするのは流石に疲れるわい・・・!まぁ俺もまだギリギリ20代だけどな!(爆)
いや俺は30、40のオッサンになろうともこういった音楽で暴れられる
タフさをキープしたいのだッ!
見た目も体力も脳味噌も、いつまでも
若くいたいのだ俺は!
心は永遠のティーンズだ!!(笑)









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system