2009 10/25 幕張メッセ V-ROCK FESTIVAL '09 2日目




2009 10/25 幕張メッセ V-ROCK FESTIVAL '09 2日目



V-ROCK FESTIVAL2日目じゃ!LOUD PARKと比べて疲労が少ない
比較的楽なフェスよ!
さて今日も幕張で咲き乱れるバンギャを尻目に
一人孤独に闘おうッ!この身が尽きるまでッ!(爆)
ちなみに1日目において「V系ライヴで踊り咲くのは女、それを
男は見守り微動だにしない」
というのを学んだためこの日は
服の変えも持たずほぼ手ぶら(ペットボトルとフェス飯代
節約のための持参メシのみ)で参戦!俺も後方で微動だにせず
ただただ見守り続ける覚悟
である!

2日目一発目を飾るのは初期の頃より独特の世界観
メタラーにも知られた平安京ロック、Kagrra,だ!
ヴォーカルはクセの強いナヨナヨ声質で典型的V系唱法に
さらにオカマっぽさをプラス、上手くは無いが今フェスの
中ではマトモなほうで琴や笛など和楽器の音色を大胆に
使用したスタイルは陰陽座とは異なる和のサウンド
ロックに落とし込んでおり改めて個性派であることを
認識できたのう・・・!そして次に軽く-OZ-を観に行く事に。
モダンへヴィネスの流れを汲みつつも非常に哀愁の漂った
メロディー
を持っておりメタルコアではないが
叙情ハードコアに通じる雰囲気が感じ取れたな。

そして次はSadieの出番である!ヴィジュアル系メタルコア
呼ばれつつもかつてはモロDirフォロワーだったが新譜で
文字通りメタルコア要素が導入されフォロワーから脱却の
兆し
を見せ始めたバンドである!演奏はそれなりで-OZ-よりは
デスヴォイスが出ていたがウィスパー、囁き系の歌唱になると途端に
埋もれて聴こえなくなる
のはいかがなものか・・・!まぁデスVo、
声を張り上げるクリーンVoはちゃんと聴こえていたが・・・!
新譜からの曲が多かったが聴きたかった“Ice Romancer”、
“Crimoson Tear”
はやらなかったもののデス声オンリーの
“心眼”
はプレイ、イントロのホイッスルヴォイスを出そうとして
失敗
したかのようなか細い高音シャウトからは弱さこそ
消えていたものの勿論ホイッスルではない。ホイッスルヴォイス特有の
ヒューンとした質感が無かったのでな・・・!

次の摩天楼オペラは流石にメタルの人脈からなるバンドだけに
演奏もこっち側(つまりメタル)寄りでギターソロ、シンセの
音色などヴィジュアル尽くしの本フェスにおいて数少ない
なんちゃってではないちゃんとしたメタルサウンドを
聴かせてくれたわい!落ち着くのう・・・!(爆)
ここで驚かされたのは音源だと特に凄みを感じられなかった
ヴォーカルの力量である!確かにV系の声質なのだが基本地声の
音域
で高音はファルセットで囁くこの手のジャンルにしては
高音域もかなりのパワーで歌っておりちゃんとメタルの
歌唱法
(ミックスヴォイス等)を身に付けているのが判る
堂々としたパフォーマンスであった!まぁだからといって
実際にメタルを歌わせるとどうなるかは判らんが今回の
メンツの中では極めてこっち寄りである!

次のメリー個人的に観たかったバンドである!
へヴィでは無いが歌謡曲クサさ満点の哀愁メロディー、
変態的に練られた楽曲、ガラの独特のハスキーヴォイス
聴き所満載のバンドだ!今回演奏的にはラフな感じでガラの
ヴォーカルも荒さがあったが勢いがあり最近のアグレッシヴ志向
彼らのスタイルが反映された内容になったか!?新譜からの曲も
程よくプレイされ攻撃的なライヴが展開されており学ラン、
被り物
で登場し学校の机をお立ち台にし最後はその上で三点倒立
決めるガラだが早々に上半身裸になったりマイクを頭に打ち付ける
自傷パフォーマンス、アカペラで歌う
など音楽性や歌唱法、スタイルは
全く異なれどその姿からはDir en greyの京が重なって見えたわい・・・!

3rd、4thステージで次に観たDuelJewel、the Underneathは共に
ちょいデジタル入りのモダンへヴィ系で特筆すべき個性は無く
数少ない外タレ、NEGATIVEを遠めで観る事に。フロントマン、
ヨンネ・アーロンのルックスのみで今フェスに呼ばれた彼らだが
LOUD PARKへの出演経験もあり出される音はまさしく北欧らしい
メランコリックなメロディアスハード!
つまりこっち側の
である!なんちゃってメタル(爆)に満ちた本フェスとしては
数少ないホンマモンの音はやっぱ癒されるのう・・・!
必要以上にいいバンドに見えたわい!(笑)

CASCADEは物凄いクセの強い中性的な爬虫類ヴォーカル
インパクトを放ちどちらかといえばグラムロックに近い
音楽性を持っておりまぁ個人的にはこのあざといポップさ
全く好みではないので早々に切り上げDaizyStripper
観る事に。事前にチェックした印象ではまさにJanne Da Arcタイプの、
ポップでキャッチーなメロディーを持った多少HR/HM寄りのV系と
感じたがライヴではとにかくヴォーカルの声が高い高い!
CASCADE以上に中性的な声でMCの際シャウトする様はメタルも
歌えるんじゃないか
と錯覚しがちだが実際にはやはり声量は無く
稚拙
だったな・・・!今回どのバンドにも共通しているのだが
なぜか皆MCで絶叫しまくるんだよなぁ・・・!大してデスVo
使っていないバンド
もMCでは別である!そして歌い始めると
弱弱しくガッカリなのが多かったりするがそのハッタリ具合が
まさしくV系
なのかも知れんなぁ・・・!(笑)【_Vani;lla】
ヴォーカルがデス声主体ながらへヴィではなくどこかパンク寄りの
疾走感
を放ちメリーなどに通じるいい意味でダサめの歌謡フレーズ
多用するバンドでヴォーカルがもうちょいクセ無くて上手ければ
化けそう
だったなぁ・・・!土屋アンナは曲調こそHR寄りだが
普通のポップス系で好みでは無いが今回観て来た下手な
V系シンガーよりもパワーありそうなハスキーVoなのは良かった。
俺もアルバム1枚持ってるlynch.は音源で聴けた音の軽さがなく
演奏、ヴォーカル共に珍しくマトモでタイトなリフ、リズムに
なんちゃってではないデスヴォイスが聴け良かったぞ!
だがまぁクリーンVoは若干マイルドで弱めだが・・・!
彩冷える(アヤビエ)は曲によってはキラキラしたシンセを用い
クサさを感じさせる部分もあると評判だが実際には和楽器の
変わりにデジタルサウンドを取り入れた和の要素の少ない
Kagrra,
と呼べそうな音でヴォーカルの声質やメロディーも
そんな感じだったな。

そして次に今回ラストの外タレバンド、フィンランド産の
新人バンドLOVEXを観る事に。こっち側の音のバンドで
音楽的にはNEGATIVEよりもモダンさが濃くメランコリック
ゴシック寄り
でバックの演奏は良かったのだが・・・
このヴォーカル下手すぎやしないか!?(爆)
声量無さすぎか細すぎ、蚊の鳴くような弱弱しい不安定な声はまさしく
本日、いや今フェスワースト1だろう!jealkbよりも
アカンかった
なマジで(爆)。外タレにも下手なミュージシャン、
やっぱいるモンだねぇ(笑)。
バンギャにV系への自信をつけさせるため
スケープゴートとして呼んだのとちゃうか!?(爆)
やっぱルックスだけのハイプバンドかねぇ・・・!

ヴィドールはデス声の極めて少ないメロディー派のバンドだが
MCはやはり絶叫しまくりだったな(笑)。ジュイのVoは評判どおり
ライヴでもアルバム通り遜色ないパフォーマンスで線の細さも
たしかにあるだろうがマイクのボリュームがデカい事もあってか
特に埋もれる事は無かった。そして次に観るのは正統派メタル
プレイするGRANRODEOである!アルバムでは何気にライトな
V系チューン
も多いのだが今回はジャーマンから正統派まで
メタルチューン主体で谷山紀章のヴォーカルも極めてメタリック
なっておりギターもピロピロと速弾きを披露、多少のミスも
あったがなんちゃってではないホンマモンのメタルギター
気分は我が家の布団で寝る旅行帰りの日の夜に!(笑)
へヴィリフで始まりまるでGAMMA RAYな爆走メロパワチューン
“modern strange cowboy”
も聴けて満足じゃ!

heidi.はメリー、ムックに通じる歌謡曲的なクサメロ
持ったバンドとして評判だがこれらと比べてまだ楽曲が
弱く
ヴォーカルメロディーのみに頼り切ったアレンジ、
必要性の感じられないデスVo等未熟さも多いな・・・!
メロディーは確かに良い曲も多かったがここで一つ気になることがあったな。
バンドがファンに「共に歌ってくれ」的なことを言いそして
バンドサウンドがブレイクした瞬間これまで小さい声で
歌っていた
バンギャ達が一斉に、まるで自転車に乗りながら
気分よく歌っていたらいつの間にかすぐ隣に人がいて
恥ずかしそうに俯き歌うのをやめてしまうような
状態に!(笑)
この盛り上がらなさが今回の残念ポイントの大きな部分だろう・・・!
LOUD PARKなんかは皆嬉々としてオーオーとシンガロング
する
のになぁ・・・!バンギャが声出すのは曲間だけであとは
だんまりなんだよなぁ・・・!曲間にはデス声でメンバーの名前
コールする
んだからもっと共に歌えばいいのになぁ・・・!

そして高見沢俊彦がルーク篁やANCHANGを従えクサいメタル
バンバン披露する中今回の個人的ヘッドライナーVersailles
観る事に!前回(LOUD PARK)のHIBRIA、GALNERYUSの件といい
なぜ同じタイプのバンドの時間を被らせるかねぇ・・・!
今は亡きベーシストJasmine Youの代役は今回後輩バンドである
摩天楼オペラのべースが勤めることとなりついに煌びやか
極まるメタラーに認められしヴィジュアル系メロスピバンド
Versaillesの登場
である!KAMIJOもMCではやはりシャウトを
連発
しアルバム通り弱弱しい歌唱で印象は変わらずHIZAKIも
達者なギタープレイを披露、メタルバンドが他に少ないため
余計上手く見え最新シングルから以前のフルアルバム、デビューミニの
楽曲まで満遍なくプレイし決して長い時間とは言えないが
先日のMoi dix Moisとは違いクサいメロスピキラーチューン
連発し時代はManaよりHIZAKIを選んだかのような結末に!
この日は決して乗るまいと誓っていたが彼らだけは別である!
バンギャが咲く中メタルの流儀で正しいヘドバンを慣行しちまったわい!

そしてラストはDirのパクリバンドとして激しく嫌われつつも
人気も得ているある意味稀有なバンド、ガゼットである!
まぁ多分Dirとか、ムックとかに断られたため彼らに
声が掛かったのだろうが(爆)会場に残ったガゼットファンは
これまでの大人しさが嘘のように盛り上がりバンドを迎える!
LOUD PARKを経験している身としては考えられないがバンギャの
普段の盛り上がりの無さといったらハンパではなく普通盛り上がりの
最初のピークになるはずの会場が暗転した瞬間もシーンである!
それがトリにはいっぱしの盛り上がりを魅せるのだから
何と言ったらいいか・・・!かつてビッグサイトの野音
音漏れを聴いたがその時はDirの京がライヴで全然歌えていなかった
時期
なのでそれと比較してまだ普通に歌っていると感じていたが
そのあとYoutubeでライヴ映像をチェックしたらこっちはこっちで
デスVoをフェイクしていたりとやはり微妙なパフォーマンスだった・・・!
そして迎えた本日だがやはりルキのヴォーカルはアルバム通りの
弱さ
がありシャウトもデスヴォイスも並以下だったが時折見せる
高音絶叫だけはいっぱしだったなぁ・・・!だが何より
バンドサウンド全てが埋もれヴォーカルが一番デカい音響が
気になったわい!まるでヴォーカルの弱さを隠すかのような
プロダクションに思えたなぁ・・・!昔ヴォーカルと並んで
稚拙だったギターは新譜で良くなっていただけになかなか
頑張っており印象は決して悪くなかったんだがこの音響の
悪さ
のせいで損しとるわい!“HEADACHE MAN”の途中の
キレた絶叫弱弱しい低音デスVoに、“MAGGOTS”のデス声は
完全に手抜きのクリーンにフェイクされガッカリだ!(爆)
“DISCHARGE”をやってくれたのは嬉しかったな。


そんなこんなでVersailles以外では決して乗らず動かず
徹底し殆ど汗をかく事無く手ぶらで用が済んだ2日目、
まぁこういう楽しみ方もあるっちゃああるがやはり物足りん!
LOUD PARKのほうが何倍も良かったのはわざわざ言うまでも
無いだろう!SLAYERにかなう訳ないだろ!(爆)正直同日開催の
RIOTのライヴ観にクラブチッタ川崎行った方が良かったかもな・・・!
オーディエンスのノリが違いすぎてついていけんわい!
良かった事といえば人様の肉を勝手に奪っていく
ガラの悪い外人が居なかった事くらい
だろうか・・・!(笑)
来年以降は例えDirやXがトリでも行かんだろうな・・・!
Dirならワンマン行けばいいわけだしXならそもそも
チケット取れん!(笑)










ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system