2009 5/30 クラブチッタ川崎 PURE ROCK JAPAN LIVE 2009




2009 5/30 クラブチッタ川崎 PURE ROCK JAPAN LIVE 2009



黄金週間の連続ライヴから早一月、再び連続したライヴの日程が
やってきた!まずは本日の皮切りとなったクラブチッタ川崎にて
催されたジャパニーズメタルの祭典PURE ROCK JAPANだ!
どうやら今回で10周年記念のようで面子はあまりにも強力、
陰陽座、CONCERTO MOON、SEX MACHINEGUNS、
GALNERYUS
といった国産メタルシーンを
代表
するかのような凄まじきラインナップである!
モッシュ、ダイヴの無い正統派のメタルライヴ・・・ヘドバン、
エアギター、メロイックサイン
飛び交う王道のノリが久々に
楽しめよう!そんなわけで俺にとって初のハコである
クラブチッタに向かったわけだが今回は時間に余裕が無く
川崎入りしてすぐに会場に向かうことに。いろいろ面白そうな
町並み
で今度は時間があるときにゆっくり観て回りたいのう・・・!
数多くのメタルバンドがプレイし俺が駆け出しメタラーだった
頃よりよくその名を耳にしていた有名なハコだけになかなかに
広く新木場studio coast程ではないがZEPP TOKYOを思わせる
縦長の構造でステージも広かったな。だが今回は大物揃い
いうことでチケットも早々にソールドアウトとなっており
混雑具合もハンパではなかったわい!

まず先陣を切ったのは様式美バンド、CONCERTO MOONである!
キーボーディストがいなくなり4人編成となってから
初のライヴらしく、そのパフォーマンスもトップバッターながら
本日出演の4バンドの中でも最もキャリアのあるベテランだけに
終始安定しておりインギー、リッチースタイルを受け継ぐ
島紀史氏のギタープレイはやはり上手く終始ピロピロと弾き倒しており
ドラムもパワフルでツーバスをドコドコやる時の迫力はアルバム
以上
だったな・・・!ヴォーカルもがならない歌い方だと
埋もれがちになりつつもシャウトする部分はハッキリと聴こえ
荒々しくも魅力的な歌唱であったのう!またセットリストも
後続バンドの勢いに負けぬよう意識したのか疾走曲中心・・・
というかほとんど疾走しておりメロスピバンドかと思えるような
箇所も多々あり正直この4組の中では一番期待値が低かったんだが
予想以上に楽しめたな!プロダクションは良いとは言い切れないが
各楽器が聴き易くヴォーカルもよく聴こえこれくらいなら個人的には
文句無しだな。MCも若手バンドによくあるグダグダ感は皆無
盛り上げ方も上手く長くなりすぎないのが好印象だ!だがなぜかは
知らんが客の盛り上がりがイマイチであった・・・!やはり今回の
4バンドの中では言い方は悪いが最も華が無い(言い換えれば硬派)で
あるがゆえに彼らを注目しているリスナー自体が少なそうで、
実際SEX MACHINEGUNSや陰陽座が目当てっぽいジャパコア姉ちゃん
(V系のバンギャに非ず)の姿も多く彼女らにはまったくアピールしない
バンドだというのも大きな要因だろうか・・・!?

そして2組目は早くも登場のGALNERYUSである!っていうか今回
登場順は出てくるまで判らなかったのだがセットチェンジ中の
ハモンド・・・というかシンセの音で一発でバレてしまったのは
いうまでも無かろう(笑)。今回キーボード入りのバンドは彼らだけ
だったからなぁ・・・!看板シンガーであったYAMA-B氏脱退騒動
過去の話だがまだ専任シンガーは決まってはおらず今回は
スペシャルゲストとして小野正利氏が参加する事になったのだ!
LIGHTNINGの初代シンガーだったJUN氏が師事していた時期があると
いうのはIRON ATTACK!の新譜“SPARKING”をチェックしていれば
周知の事実だが、どうやらMCで知ったがメタル出身でありつつも
基本的にポップス畑のシンガーとの事らしい・・・!どおりであまり
耳なじみない名前だったわけだがGALNERYUSがオファーするだけに
その実力はまごう事なき本物であった・・・!YAMA-B氏とは
当然異なるがクリーンなハイトーンであの難しいGALNERYUSの
楽曲を見事に歌いこなしており、MCも長かったが非常に面白く
セットリストもいきなり1stの“STRUGGLE FOR THE FREEDOM FLAG”
幕を開け冬ソナフレーズでお馴染み“WHISPER IN THE RED SKY”
初の日本語詩でGALNERYUSが変わってしまったきっかけ
“SERENADE”等などバランスよく様々なタイプの楽曲を聴かせて
くれたわけだがやはり4マンという事で持ち時間が短く、また
彼らの曲はMCでも言っていたとおり長いので聴きたかったが
やってくれなかった曲も多く満足とはいかんかったなぁ・・・!
MCが長かったというのもあるが不完全燃焼だったな。客のノリも
やはりなぜかイマイチで拳を振り上げ盛り上がっているようには見えるのだが
ヘドバンしている人間の少ない事少ない事!(爆)いつから日本の
メタラーはヘッドバンギングをやめたのだろうか・・・!?

3組目は面白歌詞激熱メタルでインパクトを放つ
SEX MACHINEGUNSである!波乱万丈の活動でも知られる
彼らだがそのメタル愛はホンマモンだ!1曲目からさっそくの
代表曲“みかんのうた”で攻めてきて昔のヴィジュアル
スラッシュ流れ
で追いかけてきたジャパコア姉ちゃん
激烈ヘドバンを慣行するも野郎のメタラーは全然そんな
ノリでは無かった・・・!今流行の馬鹿言葉で言う
草食系メタラーとでも表現できそうな惨状である!(爆)
一昨年(2007年)のLOUD PARK辺りから目立ち始めた
このNOヘドバン、NO盛り上がりメタラー・・・!後の
メタルシーンに大きな影を落としそうな印象があるが
そんな事は露知らずのマシンガンズ、パフォーマンスは
荒々しくも非常に熱くMCもやはり長かったがかなり面白く
笑いをとりつつも共感出来るコメントも聞け、そして楽曲も
ニューシングルからのメロパワ曲“プライド”
“ONIGUNSOW”、“MAMA SAN VOLLEY”…じゃなくて“愛人28”等など
キラーが続き“BURN〜愛の炎を燃やせ〜”では俺もかなり興奮し
頭振りまくったんだがここら辺で音響がかなり悪くなり
音がデカすぎてグチャグチャになっていたしこれまた
時間の短さとMCの長さで満足いくセットではなかったのが
残念だったな・・・!やはりフルで観てこそナンボだと言えよう!

そしてラストが妖怪メタルバンド、陰陽座である!ドラムの
斗羅が本名の河塚篤史氏となりサポートメンバーとなってしまう
ものの今年の8月にニューシングル、9月にニューアルバムを
リリースすることが決まっており、まぁその新曲を
プレイする事は無かったが新旧織り交ぜたセットリストで
大作の“組曲「義経」”も最初のキャッチーな“悪忌判官”のみ
プレイされお祭りソングの“がいながてや”延々と披露されたMC
やはり長くそれやってる間にもう1曲くらい出来るだろうとか
思ってしまうがまぁ面白いMCだったのでアリといえばアリか!?
しかしベースがこれほど前に出てきて目立つバンドも珍しいのう!(笑)
プロダクションは再び音が適度になり聴き取り易くなったのが
良かったな。ラストはスラッシーな“悪路王”で締められこれまた
セットリスト的に物足りなさが残る感じだったのう・・・!普段
ワンマンではアンコール4回ぐらい平気でやって3時間を越える
長丁場
も多々あるバンドだけにやはりワンマンで扇子持って
観てこそナンボ
のバンドなのだろう・・・!

そして最後の最後にしばらく待たせた後にトリの
陰陽座が中心となって他の3バンドのメンバー
全員
もステージに上がりJUDAS PRIESTの
“YOU'VE GOT ANOTHER THING COMIN'”

プレイし軽快なノリで幕を閉じることとなったわけだがやはり
1バンド50分程度の持ち時間というのは短いのう!曲が少ない
新人バンドならともかく本日ここに集まったのは皆ベテラン
呼べそうなキャリアで数多くのアルバムをリリースしている
バンド達だからなぁ・・・!やはり満足いきたいならワンマンで
観ろ
というわけだな。まぁマキシマムザホルモン主催の
“鎖国〜えのん〜”ほど短くなかったのは良かったがな。
あっちは何だかんだでパンク系なのでなぁ・・・!パンクも
出演バンドが多いDIY系のフェスとなると最初の出番のバンドは
持ち時間15分とか普通にあるので(爆)、まぁそれに比べれば
なんぼかマシである!(笑)それ以上にメタルヘッズの盛り上がりの
少なさ
のほうが深刻かも知れんな・・・!まぁ今回はイベント
言うことで、お目当てのバンドのワンマンならば彼らも豹変
ヘドバンクレイジーと化すだろう!と思いたい(笑)。さて明日は
我等が慟哭ギタリスト、屍忌蛇氏による仮面ライダーのカヴァー
アルバム“TRIBUTE OF MASKED RIDER”のレコ初ライヴ
である!
LIGHTNINGもサポートで出演だ!それでは明日、
ヤンキータウン渋谷で会おう!!(笑)









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system