2009 3/30 ZEPP TOKYO DRAGONFORCE/ALL THAT REMAINS




2009 3/30 ZEPP TOKYO DRAGONFORCE/ALL THAT REMAINS



忘れもしない一年前・・・東京ドームでX JAPANまさかの復活劇から時を経て
今年2009年、同じ時期に今度はDRAGONFORCEである!思えば彼らが
デビューした当時、ドコドコと爆走するドラムがYOSHIKIみたいだとか
ヴォーカルの声質がTOSHIみたいだとか曲調も含めて何かとXと比較されて
いた事もあったのう・・・!(笑)そんなわけでこの日はイギリスの愛すべき
多国籍メロスピ野郎共、DRAGONFORCE
との4度目の邂逅となったのだ!
場所はお台場、ZEPP TOKYOである!お台場は個人的に昔よく行ってたのだが
何気にこのハコは初めてじゃのう・・・!今は引退して久しい元格闘家、
須藤元気が無名時代に寝技だけの格闘技イベントを開催した事でも知られており、
かのマキシマムザホルモンも去年のツアーファイナルはここであった・・・!
名ライヴDVD、“Deco Vs Deco”にもその様子が収められているのが確認できよう!
どうやらおなじみの新木場studio coast並の大きさ縦に長いハコらしいと
耳にしたが一体どんなハコなんだ!?期待しつつお台場に向かい、遊べる本屋こと
ヴィレッジバンガードで立ち読みしたりアクアシティお台場で服やHMVでCD見たり
しつつ時間を潰し程よい頃合に軽くメシ食ってデカイ観覧車の下へと向かい会場入りするが・・・!
何と信じられん事にこのハコ、前のほうも柵で区切られておるではないか!(爆)
たしかにデカく、縦に長い非常に広い、巨大なハコであったが・・・!
何なんだこの柵は!SUCK!!(笑)モッシュ対策ではないだろうが正直
モッシュがあろうが無かろうがライヴ向けではない、かなり迷惑な
障害物
だとしか言えんのう!目黒の鹿鳴館無意味に椅子があり
邪魔な事この上なかったがそれを思い出してしまった・・・!始まる前から
微妙な気分になったがまぁとりあえず左のほうで待つ事に。

そして本日のサポートアクトつまり前座、ALL THAT REMAINS
パフォーマンスが開始される!本来は去年CHILDREN OF BODOMの
サポート
で来るハズだったがヴォーカルのフィリップが長引く
レコーディングで喉をやられたとの事でキャンセルになった
憂き目を見たバンドだ!ヒップホップのやけに長いSE
じらしつつメンバーが登場し演奏スタート!音響は良く前座だからか
デカすぎない音だったのだがそれが逆に聴きやすさを増しており
各メンバーの演奏スキルも悪くなくヴォーカルもクリーンVoは
部分的にツラそうな箇所もあったがデス声、特に高音絶叫シャウトは
かなりの迫力があったわい!しかしAVENGED SEVENFOLDを観た時も
思ったのだがホント、メタルコア系のシンガーはマッチョが多いな!(笑)
クリーンとデス声両方を上手く使い分けるには筋肉が必要なのだろうか!?
要所要所でデス声コーラスを入れる女性ベーシストも目立っており
ギター2人もソロでスウィープなどを決めたりしていたな。セットリストも
新譜の曲のみならず過去の曲も程よく取り入れシンガロング
バリバリ起こっていたわい!新譜の楽曲はこうして聴いてみると
かなり正統派メタルに接近した感があるがやはり過去の曲は
メタルコアらしい邪悪なリズム落ちも多くその差がこれまで以上に
実感できたのだが・・・だがなぁ・・・この前まである柵のせいなのか
それともDRAGONFORCE目当てのオーディエンスが
多かったからなのかは知らんが、モッシュの起こらない
メタルコアのライヴを始めて観たわい!(爆)
一昨年の、
2007年のLOUD PARKで観た時は俺も含めてみんな当たり前のように
サークルウインドミル(回し蹴り)かましまくっていたんだがなぁ・・・!
観ながら前のほうに行き最終的には真ん中あたりまで行ったんだが
俺のすぐ後ろがこの柵で前の客と挟まれ身動きがとれず疲れは無いものの
しんどかったわい・・・!ちなみに彼らのライヴ終了時に俺のすぐ前の
客がドラムスティックをゲットしていたな。スティックが間近に飛んでくる
光景は思いのほかデンジャラスであったわい・・・(笑)。

ALL THAT REMAINSのパフォーマンスは40分程度で、その後約30分の
時間を挟んでついにDRAGONFORCEの登場である!去年のLOUD PARKから
さほど時間が空いていない、半年に満たないブランクでの来日だッ!今度はテクノ、
トランス系のSE
で始まり俺は柵のせいで挟まれる前を嫌い再び左に戻ったんだが
おかげでのっけからハーマンのギタープレイを目の前で見ることが出来たぞ!
バンドのパフォーマンス・・・というか動き、視覚的な部分は以前2006年に
観た時と差は無くメタルというよりはパンクに近いはっちゃけたノリ
特にキーボードのヴァディムは元々狂ったようにピョンピョン飛び跳ねながら
キーボードを弾く
スタイルが有名だったが今回も片手を回しながら駆けるような
アクション
を魅せいちいち笑いを誘いメンバー全員が魅せる事を主体とした
派手なステージアクションを展開していたぞ!メタルバンドは得てして硬く
なりがち
なんだがこのバンドは楽曲面も含めてこういうパーティ的な明るい
部分が大きな魅力
と言えるであろう!それでいて演奏スキルのほうは非常に
ショボかった3年前と比べて去年のLOUD PARKで見たとき同様格段に向上しており、
ここに来てようやくライヴで自分達の曲をキッチリ演奏できるレベルに
到達した
のであろう・・・!ZPのヴォーカルも最後まで声が出ていたな。こうなってくると
ステージ上での暴れっぷりと相まってかなり強力なライヴバンドと評価する事が出来るな!
パンクのノリにメタルのスキル!これもまた新世代の
ミクスチャー
なのか!?プレイされた曲はやはり新譜、それから前作の曲が殆どで1st、2ndの曲は
数えるほどしかやっていないのだがまぁどの曲も似たタイプだからなぁ(爆)。
それと改めて実感したのだがホント、1曲1曲の長い事長い事・・・(笑)。
一度始まれば7〜8分は続く疾走地獄!いや天国だ!ギターソロなど
インストパートが実に長く暇を持て余したZPは一体何回我々にペットボトルの
水を顔射
したのであろうか!?(笑)スーパーマリオの人形も見せ最後には
も持ち出し歌い切る!そして途中キーボードとサム・・・じゃなくて
ベースのフレッドがギターを持ち2人によるソロタイムも設けられ妙に
ハッピーでポップなトランス系の音
が鳴らされ最後には
スーパーマリオの声も聴こえ失笑を買い、普通この手のソロタイムは
ダレることが多いのだが彼らの場合は実に楽しい、息抜きしつつ盛り上がれる
有意義なもの
だと言えるであろうな!一応モッシュも起こりダイバーも
ちょくちょく現れ
アンコール後のラスト曲“Through The Fire and Flames”では
イントロの部分をアコギ(エレアコ)でプレイし俺も盛り上がりモッシュピット
ちょっぴり加わらせてもらったが・・・やはりこの柵が宜しくないのう・・・!


そんなわけでライヴは終わりさっさと着替えて自転車で帰路に着いたが
風邪を引かないことを祈るばかりである(笑)。ハコの広さ、音響は
申し分無く耳鳴りも無い良きライヴであったがやはり最大の欠点は
あの柵か・・・!SUCK!!(笑)モッシュする気マンマンだったため
それが一番気になったがまぁしょうがない。DRAGONFORCEのセットリストも
悪くは無かったが個人的に注文つけると折角の日本公演なので是非とも
これまでの日本盤ボーナス曲をなんか一つでもいいからやって
欲しかったのう・・・!毎回ボートラがアルバム最強のキラーだからなぁ・・・(笑)。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system