2008 11/12 新木場studio coast ROCKSTAR TASTE OF CHAOS




2008 11/12 新木場studio coast ROCKSTAR TASTE OF CHAOS



左回りしてバター犬になってきたぜ!!(爆)そんなわけで今日は
先日のウリ・ジョン・ロート仙人の聴かせるライヴに続いて
暴れるライヴ、ハードコア、スクリーモ、メタルコア系のバンドが
そろってしのぎを削るイベント、TASTE OF CHAOSの日本公演最終日だ!
AS I LAY DYING、STORY OF THE YEAR、そして日本からムック!
前座のバンドやゲスト扱いバンドも数組顔を揃え熱き夜を盛り上げる!
当初予定されていたATREYUだけが来れなくなってしまったがまぁ仕方ない。
今年のLOUD PARKは2日目が微妙で行かなかったためその代わりと
言っては何だが、そういう気分で熱く激しく参戦といこうではないか!

ハコはもうお馴染みの、観る側の人間だがもう個人的ホーム
言ってもいいような新木場studio coastだ!とりあえず昼過ぎに
ブラブラと出かけたがこの日は半端に雨気味だったんで地元に
最近新しく出来た某超巨大ショッピングモールヤングギターとか
立ち読み
して服とかも見て程よい頃に軽く最近ハマり気味の
メロンパン食ってから会場に自転車で向かう。そしてジャケットや
換えのシャツをロッカーに預け会場入り、ウーロン茶飲んで
用足して中に入ると何ともうライヴ始まっているではないか!(爆)
5時開場で5時半開演のハズだが前座バンドという事できっと
5時10分くらいにおっ始まったものだと思われる。俺は
遅れてきたわけではなくチケットの番号どおり入ったので
どっちみち最初から見ることは出来なかったのだが
開演時間通りにやらせてやってくれ・・・!ちなみにこの
前座バンドはうちでもアルバム1枚レビューしてる国産メタルコア
CRYSTAL LAKEだ。結局ケツ2曲しか観れんかったのだが音楽的には
メタルコアでも疾走感よりグルーヴを重視したへヴィなサウンドで
メロデス的叙情リフもあまり無くパワフルさで押す、HATEBREEDあたりの
系列だろう。バンドサウンドはまぁ悪くは無かったがデス声未満の
ダミ声ヴォーカルが致命的に弱く
ここがバンド最大のネックだろう・・・!

そしてセットチェンジで少々時間があり辺りを見渡すと流石に
ムック効果なのか女性ファンの姿が目立ったな・・・!彼女等が
ムックファンなのか、メタルコア、ハードコアを愛する
メタルガールズ
なのかは判断できんが前者なら他のバンドもきっちり
見ようという良きリスナー
である!洋楽至上主義者もバンギャも
こういう姿勢でライヴに臨むのが最も好ましい事なのだ!

そうこうして20分程度の時間が過ぎ会場は暗転、次のバンドは
これまた国産ハードコアバンド、FC FiVEだ!うちでもアルバム一枚
レビューしているバンドだな。海外でも積極的に活動してるようで
本場で鍛えられたパフォーマンスは良くハードコアらしい若々しい
絶叫ヴォーカル
もしっかりしたものがありアグレッシヴだったが
やはりメタルではなくあくまでもパンク、ハードコアという出自が
見て取れるドンシャリさの無いギターの音が特徴的だったな。
シンガロング誘発系の楽曲が持ち味で共に歌うパートも多いが
サークルモッシュ、スラムダンス、ダイヴしまくるキッズも多く
俺も前の方で見ていたらダイヴさせてくれ!っていうファンが現れたが
最初意図が上手く汲み取れず手間取ってしまってスマン!(爆)
昨日ウリ仙人のスカイギター生で聴いてたからまだ脳がハードコアの
状態じゃなかった
のだ・・・!しかし何とかダイヴさせその彼は
ステージに上がりヴォーカルと肩組んで盛り上がっていた(笑)。
そして俺が知ってるアルバム“COME TO THE END”の楽曲が出てくると
俺も盛り上がりサークルに突入スラムダンスもバンバンしてきたぞ!

FC FiVE終了後セットチェンジに時間があるので用足しにいくと外にはいかにも
ヴィジュアル系しか聴きません、バンドマンのチンポ
しゃぶるのが夢です
とでもと言いたげなホワイト・ピッグ・
ゴシックロリータ
が待機しておりやっぱこういうのもいるのか
ゲンナリさせられてしまう・・・!しかし俺には関係ない世界、
用足しを終えフロアに戻り暫し待つと再び暗転、さあ次のバンドだ!

てっきり順番的にHOLSTEINだと思いテクニカルなエモコアを
期待していたが登場したのは何とAS I LAY DYINGだった!
何とも肩透かしだったが去年のLOUD PARK 07以来の再会である!
ファンも勿論盛り上がりまくりバンバンサークルしまくり
メタルコアらしいウインドミルもガンガンかましまくり会場には
幾多ものテコンダーが登場する!俺もその一人さ!(爆)
バンドもアクティヴに動き回りLOUD PARKに引き続きタイトな
演奏
を聴かせるがクリーンVoはちょいと弱かったな。グロウルは
けっこう良かったのだが・・・。“Nothing Left”のクリーンパート
サビはやはり合唱が起こり熱きシンガロングが木霊する!とにかく
盛り上がりが半端ではなく野郎共もガールズメタラーも束になって
暴れまくり
かなり楽しめるライヴであった!ウォールオブデスも
2度ほど起こった
しな!

そして再びセットチェンジの時間だが左のほうにDJがおりBGMを
かけている様だが・・・ガールズロックばっかりじゃねぇかコラ!(爆)
こういう音が嫌いなわけではないが、もうちっと空気読んで熱いメタル
かけんかい!SLAYERがいいな!SLAYERはこういうシチュエーションに
大体合う
からな。メロハー、様式美メタル、70年代HR、プログレ以外
全部にマッチするのはSLAYERだけだ。適当だけど(笑)。

再び会場が暗転し次こそHOLSTEINの登場となる!これまでに出てきたどの
バンドともスタイルの異なるテクニカルなプログレッシヴ叙情エモをプレイする
異色のバンドでいきなり1曲目から後半カオティックになるスローな
大作“Letter”
で幕を開け、こういうフェスだと特に速い曲で始めるのが
普通なところあくまでも世界観を大事にするバンドなのだろうとの
印象を受けたな。本日のバンド中最も歪みの薄い、クリーントーンも
多用するギターはパンクらしからぬ技巧を持っておりタッピングも
交えコンテンポラリーな技を披露するがどちらかといえばソロより
リズム面でのテクニカルさが目立つバンドだ。ヴォーカルはルックスこそ
非常に冴えない、アキバ系アトモスフィアプンプンの小太り
オーラも皆無だったがちゃんと歌えており実にいい声しておるわい!しかし展開、
変拍子の多いバンドだからか、それとも知名度のせいかは知らんが
ちっとも盛り上がっておらずモッシュどころか微動だにすらしない
棒立ちのオーディエンスが多かったのは残念だったな・・・!
最初俺の側にいた外国人の女性も「何というバンドですか?」って
聴いてきたし・・・(笑)。そして新譜の曲もプレイされカオティックな
イントロ
から始まる“farewell to our memories”、途中一度しか出てこない、
ギターが上海アリス幻樂団“おてんば恋娘の
冒険”
あのクサフレーズを奏でる(爆)
“funeral march”等いい曲あるんだが盛り上がりは少なかった・・・!

そして次はSTORY OF THE YEARの登場だ!メタルコアというよりは
スクリーモを強靭なメタルにしたようなバンドで始めて聴いた2nd
“In the Wake of Determination”はまだ当時こういうバンドを聴き始めて
間もない頃だったんでなんて硬派なスクリーモなんだやけに感動し
高評価した
のを覚えている。3rdがピンとこなかったんだが今回に備え
再び聴きなおしてみたらいい曲もあり期待していたんだがその期待に応える
実に熱い良きパフォーマンスであった!スクリーモというよりは
ハードコアのシンガロングストレートな激情、それを支える硬質な
メタルサウンド!
俺も他のオーディエンスもサークルしまくり
シンガロングしまくり
でバンドのパフォーマンスに応え2ndのファストな
キラーチューンでは共に歌いながら左回りしリフがとにかくカッコいい
ミドルチューンではスラムダンスしそしてポゴ(ジャンプ)る!
ヴォーカルのMCは日本語多様のキャッチーなものでメンバーを指して
「彼はゲイです」みたいな事も言いひと笑い誘い、さらにギター2人の
パフォーマンスも凄まじくギター放り投げそして2人そろってバック宙
キメ
非常に盛り上がる!この体育会系のノリ!HOLSTEINにもそういう
雰囲気があるが頭でっかちになりがちな文系ロックには無いこの
男臭さが俺は大好きだ!だからライヴはハードコア、メタルコア系が好みなのだ!
イントロのへヴィなリフが硬派さを演出しそしてサビで一気に
疾走する“Our Time Is Now”
、そして2nd屈指の最強のキラー
“"Is This My Fate," He Asked Them”
で俺のテンションも最高潮に!
最後まで共に歌いながらサークルウインドミルポゴスラムダンス
しまくりの、本日ベストと言える内容だったな!共にピットで暴れた
屈強なメタルヘッズ達と拳をあわせハイタッチしライヴ終了後も異様な
盛り上がり
に包まれた至福の一時であった!これだからこの手のバンドの
ライヴは最高だ!!
俺もまたバック宙の練習しようかねぇ(爆)。
バック転は学生の頃出来たんだけどね(笑)。

残すところはあと一バンド、最後のセットチェンジに入るが
この辺になってくるとBGMもLOUD PARKを意識したのかSLIPKNOT
AVENGED SEVENFOLD等俺等向けのバンドがかかりひとまずは納得だが
疲労のピークが去ってから辺りを見渡すと・・・ありゃ!?さっきまで
あんなに共にはしゃいでハイタッチしたハードコアメタラーズ
見事にいなくなりその代わり異様に増えた女性ファン!
これがッ!これがヴィジュアル系だッ!
そいつに触れる事は死を意味するッ!(爆)

ムック一時期はメイク落としていたんだが最近になって初期とは違う
メイクをまたするようになってなぁ・・・!今もV系と言われても致し方ない
部分もあるだろうな。ちなみにTASTE OF CHAOSは海外をツアーする
イベント
なのだがここ日本では日本のバンドがヘッドライナー
務めるべきだ
との他のバンドの提案により今回3日間はムックが
ヘッドライナーとなった
のだ!

ムックは何気に他のバンド群よりもキャリアが長くアルバムも
多くリリースしているため、この3日間のうち初日は初期の
楽曲
をやり、2日目は中期の楽曲、そして今日3日目は後期・・・つまり
どうにも煮え切らない最近の曲をやるとの事らしく、そういう点では
期待していなかったのだがいきなり微妙な新譜の中では一番の
クサクサ疾走キラーチューン“塗り潰すなら臙脂”
で幕を開け
その後も新譜の中では比較的へヴィな曲をプレイし意外と印象が
良くなったな。
新しいシングル曲“アゲハ”もプレイされたが
この曲はやはりここ最近、メタルコアバンドとのツアーが多かった
影響
が感じ取れる曲調だと改めて感じたのう・・・。サビの開放感は
まさにスクリーモの流れを汲むメタルコアバンドのお家芸である!
しかしさっきまで大量にいたテコンダー、サークルモッシャーズは見事に
鳴りを潜めその代わりバンギャというかムッカー(ムックファン)が
軒を連ねており、ダイヴも肩車してもらうスタイルで手もヒラヒラさせ
さらに前と後ろに振る所謂“咲き”、そして一応彼女等の中では
モッシュという位置づけだがクルクル回ってぶつかり合う程度の
軽〜いノリでさっきまでのメタルコア祭りで疲れた体に非常に優しい、
癒しのモッシュであった(爆)。2年くらい前に同じハコでムック観たんだが
その時を思い出したな。V系というかムックのヘドバンは前の人間掴んで
大きく頭を振る
んだったとか、ダイヴのさせ方は肩車した後前に詰めて
後ろ向いて仰向けに倒し頭上に乗っける
だとか、遠きあの日の
メモリー
が蘇ってきたわい(笑)。バンドのパフォーマンス的にはギターが一部で
ズレたりした
箇所はあったがそれ以外は悪く無くヴォーカルは
後半になるとけっこう声擦れてきたのだが、デス声は感情こそこもって
いるものの技術的には弱弱しいスタジオアルバムよりもちゃんとした
デス声
で良かったな。そして後半、過去のキラーチューン“茫然自失”、
“蘭鋳”
ではこれまで以上に盛り上がりまくり俺もバンギャを3人ほど
肩車
腰が心配だ(笑)。やはりみんなあの頃のムックが
一番いい
のだろうか!?そしてラストはダークな“リブラ”で終了だ!
勿論初日の、初期の楽曲てんこ盛りのほうが何倍も楽しめただろうって
いうのは事実だが期待していなかったわりには今回、意外と楽しめたな。


一番手のCRYSTAL LAKEこそラストしか観れなかったがそれ以外は
全部堪能し十分に満足できた良きフェスであった!だがやはり
ムック以前と、以降の客層の差が気になったなぁ・・・!海外では
ともかく、日本ではやはりジャンルが違いすぎるんでそこの所を
もうちょい考えて何とかして欲しいものである・・・!俺はV系にも
偏見の無いリスナー
(強いて言えばCDの値段の高さが許せんが)なのだが
そうではないリスナーの方が今はまだ圧倒的に多い!日本のバンドなのに
日本がアウェーなんて扱いを受けるのはバンドにとっても良くない事だ。
日本ではやはり同じスクリーモ、メタルコアでやったほうがいいだろうな。
ジャンルの垣根をとっぱらうには日本のリスナーはまだ幼いのだろうか・・・!?
だが個人的にはこの2日間、まったく違うタイプのライヴだが共に
非常に楽しめた良き経験であった!このライヴがまた俺を成長させて
くれる
事だろう。これだからライヴは良いのう!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system