2008 5/11 新木場studio coast Extreme The Dojo




2008 5/11 新木場studio coast Extreme The Dojo



そんなこんなでアマチュアミュージック即売会M3においてCDを買いまくり
多くのミュージシャン達と交流を深め気が付けば時は3時前、
名残惜しさを残しつつも俺はExtreme The Dojoに参戦するため
会場である産業プラザPiOを発ち、いつものようにマック
バーガー食そうと考えるもマックが見つからず、多少の体力の
消耗があったからか甘いものが食いたくなり今回はミスド(ミスタードーナッツ)
適当にリング状の甘味を食しCDがたんまり詰まったディスクユニオン袋を
片手に駅から駅へ乗り繋ぎDojo・・・文字通りこの日は道場と化す
個人的にお馴染みのハコ、新木場studio coastに開場直後の4時10分
くらいに到着、今回はチケット出して会場入りしてからでなければ
ロッカーを使えないシステム
となっていたが比較的若い番号だった俺は
着いた直後にすんなり入れ、身に付けていたアクセサリーを全て外し
1階のロッカーに荷物全て預け軽装となりドリンクはいつもウーロン茶
飲んでいたが今回は疲労がすでにあったためアルコール(ジントニック)を入れ
テンションを高めライヴに臨む!さぁ後半戦だ!

そんなわけでフロアに向かったが予想に反しかなり空いており
ほとんど最前の位置に陣取る事が出来たぞ!まぁ今回はモッシュ大歓迎
ライヴのためこの時点で前にいてもなんら意味は無いが、一番手である
INTO ETERNITYテクニカルなプログレ・デスのため暴れるよりは
テクニックを観たいという気持ちが強かったのでありがたいな。
そしてボケ〜っと待っていると何と隣にいたメタラーから声を
かけられた
ではないか!このシチュエーションにおいて俺に声を
かけるという事はおそらく堕武者グラインドのリーダー氏かもしくは
俺と同様M3に行き俺の姿を見かけその後ここにきたという剛の者か!?と
一瞬思ったがどうやら後者のようで、ありがたい事にうちのサイトを
見てくださっている強者メタラー
であった・・・!そんなわけで普段はヒマな
待ち時間
をM3が如き濃密なメタルトーク有意義に過ごす事が出来たのが
実に良かったわい!普段ライヴは一人で参戦しているのでな・・・!
どうやら彼は5月15日に東京国際フォーラムで催されるSound Horizon
梶浦由記対バンライヴに参戦するようだ・・・!Dojoのあとにサンホラ!
原哲夫のマンガ読んだ後にこせきこうじの
マンガ読む
ような凄まじい落差である!(爆)
あっちのライヴはRevoの演奏の稚拙さ客のノリの悪さ以上にあきれるほどに
MCが長い
という最大の欠点を抱えているのだがはたしてその問題点は
改善されているのであろうか!?


そんなこんなでメタルトーク中にSEでHIBRIADRAGONFORCEが流れ
その場違いさに笑いつつも内心嬉しかったりしながら時は流れ
会場は暗転、いよいよライヴの始まりである!トップバッターは
カナダのテクニカル・プログレデスメタラーINTO ETERNITYだ!
まだ最初という事で会場のテンションは低かったのか押される事は
無く、それでいて前のほうにいたためかなり近くで見ることが出来たのは
良かったな!音楽的にはたしかにエクストリームな要素はあるが
ヴォーカルがクリーンで歌う事も多いスタイルのためかどちらかといえば
正統派メタル的なノリだったな。ヴォーカルの煽り方はなかなかに上手く
拳を突き上げさせる煽りはかのミノワマンを彷彿とさせ(笑)、それぞれロン毛、
スキンヘッド
とキャラクターが分かれつつも体系は似たような小太り気味
ギタリスト2人もギターを高い位置で構える姿から想像できるテクニカルな
プレイ
を連発、時にネオクラシカルな速弾きを披露しツインでハモる時には
前に出てきたりとなかなかにメタルなパフォーマンスを魅せ途中ヴォーカルが
ベーシストの首をマイクのケーブルで締め上げるパフォーマンスを展開、
ただテクニカルにプレイするだけではないライヴの魅せ方を心得ているバンドだとの
印象を得たな。まぁカッコいいとは言えなかったけど(爆)。ただ今回
彼らのみならず全体的にstudio coastのクセに(?)音響が悪く篭り気味でヴォーカルが
埋もれていたのが残念だったな・・・!ハイトーンは前半はちょいと
弱く感じたが中盤辺りから本調子になりバンバン超高音のシャウトを連発、
ハイトーン一つとってもそこいらのメロスピバンドが裸足で逃げ出すほどの
スキルを披露していたぞ!低音、高音デスVoを所々で入れるベーシストも
なかなかにブルータルであった!

そして暫しのセットチェンジ後に登場するは元AxCxのギタリスト、
Scott Hull
率いる極悪グラインダー、PIG DESTROYERである!
ステージにはキーボード(?)が配置され、さっそくメンバーが奇声を
上げながら登場
しSEに続いて極悪へヴィなグラインドサウンドを展開!
8弦という凄まじいへヴィさを放つギターの存在があるためかベースが
いない
というのが信じられないほどにグルーヴィーな音像を持っていたのだが
思ったほどメンバーのアクションが少なくヴォーカルがテンション低め
終始疲れているかのようなデス声の弱さだったのが気になったが
モッシュで暴れられたのでまぁそれなりには満足であった(笑)。
SEの多さがいかにもゴアグラインド的だったのだがそれでちょいとダレを
覚えた
なぁ・・・!Scott Hull先輩の速弾きソロはラフながらなかなかに
フラッシー元AxCxとは思えないテクニックだったな(爆)。
堕武者グラインドのリーダー氏に詳しく書いてくれと魂の伝言
受けていたが・・・正直モッシュに専念していたためあまり細かい事は
覚えておらん!
スマン!!(爆)とりあえず外人の当りは
強かった
なぁ・・・!サークルは起こらず押し競饅頭も、もちろんウインドミルも無く
ピットの中で突き飛ばしあいを行う荒々しいモッシュであった!

そしてお次は伝説のブラックメタラー、MAYHEMである!ステージには
地球儀みたいな球体(ビーチボール)が置かれた祭壇が現れ蝋燭に火が灯され
会場は盛り上がり、そして濃い目のスモークが充満する中ライヴはスタート!
4作目で復帰し以前SUNN 0)))でも来日した伝説的シンガー、Attila
じらしにじらしてようやく登場、実にボロい衣を纏いまるでルンペンが如き
立ち振る舞い
で腕をクロスしメロイックサインを行う!やはりプロダクションの
せいで独特の呟きブラックメタルVo非常に聴き取りづらかったのが
残念だがオジー・オズボーンを思わせるスローモーな動きでステージをうろつき
祭壇に置かれた豚をグサグサとやり、クロスしたメロイックサインをリズムに
合わせて左右に振る動きが恐ろしいまでにキュートだったりと実に
見せ所の多いパフォーマンスであった!なにせあの左右に振るメロイックサイン
動きをライヴ終了後会場の外で屈強そうなメタルへッズマネして楽しそうに
遊んでいるほど
なのだからそのインパクトの強さはこんな文章では
69分の1も伝わらん
だろう(笑)。しかし仮にも暗黒の使途である
ブラックメタラーが高音ブラック声で「アリガトー、トーキョー」
いかがなものだろうか!?(爆)音的にはプリミティヴブラックらしい
邪悪な雰囲気が終始放たれており、また中盤はスローな曲が続き
モッシュは後半まで一切起こらず皆固唾を呑むかのように見守る感じ
逆に儀式的な雰囲気が充満しててそれはそれで良かったのだが・・・俺の左隣に
いた外人!コラッ!こんなトコでワインラッパ呑みすんな!(爆)
もしモッシュが起きたら危ないだろが!しかもタバコまで吸い始めよる!
やりたい放題かい!モクの煙でステージのスモークがいっそう濃くなった
ように感じたのは俺の気のせいだろうか!?(笑)後半ブラストビートが鳴ると
ようやく軽いモッシュが起こるもグダグダとなりすぐに終了していたな・・・!
Hellhammerツーバスは実に凄まじくまるでミシンのようであった(笑)。

MAYHEMのおどろおどろしくも妙にファニーな、“Attila萌え”なる
新たな単語が生まれてきそうなパフォーマンスの後は個人的にお目当てであった
THE DILLINGER ESCAPE PLANの登場だ!メンバー全員日の丸鉢巻を巻いて
登場し笑いを誘い、そして超絶パフォーマンスが開始!小柄ながら
異様なまでに筋肉質なスキンヘッドのシンガーを始めギターもベースも
かつてyou tubeで見たときと同様の凄まじいまでの暴れっぷりを披露し
特に左側のギターなんかギター弾かずに振り回しまくっておりその動きたるや
まるで動物のようで(爆)、それでいてきちんと速弾きする箇所では
調教された日光猿軍団の如くキッチリ立ち止まりピロピロと
やる
のだから実に刺激的である!そんなメンバーの暴れっぷりに観ている我々も激しく
感化され
MAYHEMで暴れられなかった分を取り戻すかのごとく超キレた
モッシュ
を敢行しまくる!俺もテンション上がりまくりこの日一番の
暴れっぷり
だったのは言うまでも無かろう!ヴォーカルもギターも
ステージダイヴを敢行しオーディエンス、ダイバーもステージに上がり
ダイヴしまくり!
けっこうガタイのいいファンもダイヴしており
俺もつられて思わず1回ダイヴしようとした下の人間に避けられた(笑)。
しかたないのでピットでモッシュしまくるが今回客の入りが少なかったのが
功を奏しモッシュしたければピットに行き、演奏を見たければ最前から
3〜4列目まで行けた
のが良かったな!この頃になるとピットには
この手のライヴお約束上半身裸の外人が現れる!今回いたのは
お馴染みの小柄メタボタトゥー系ではなくセーム・シュルト風細っこい
白人
であった。もちろんあそこまで大きくなく俺よりちょいとタッパある
程度
だったな。他にもLOUD PARKSATYRICONの時に見かけた
セクシー姉ちゃんもいた(笑)。最後はヴォーカルがファンと共に
ステージダイヴし
左側のギターもダイヴ!ファンにもみくちゃにされ
しばらく逆立ち状態となりズボン脱がされかけて半ケツ状態
なっていた(笑)。
俺も彼にタッチしたのだがやはりしっかり耳栓をしていたな。
たしかに彼らは凄まじいテクニカル集団なのだがそれ以前に愛すべき
パンク兄ちゃん
なのだなと彼らの魅力を再確認できた実に良き
パフォーマンス
であった!満足じゃ!

そしてトリを務めるのは伝説のスウェディッシュメロデスバンド、
AT THE GATES
である!今のメタルコアムーヴメントを産み出した
バンドであり解散していたのだが今回再結成しついに日本の土を踏む!
そんなベテランと言える彼らのパフォーマンスは当然だが
THE DILLINGER ESCAPE PLANのような暴れっぷりは無く貫禄の
佇まい
で、予想していた以上に演奏がタイトアルバムどおりの
プレイ
を聴かせていたぞ!まぁメンバー全員現役で活動している
大ベテランだからなぁ・・・!シンガーであるTomas Lindbergの
動きは妙にキビキビしておりメタルのフロントマンである事を
確認させてくれるものだったが途中ズボンが脱げかけパンツがもろに
見えていた・・・!(笑)
名盤である4thの曲の時がやはり盛り上がりも
凄まじかった
が曲展開がやけに唐突な1st、2ndの曲も当時とは違う
洗練された音で今再び蘇る!モッシュはメタルコアの元祖だけに
ウインドミル、テコンダー増殖かと思いきやそうでもなく
これまでどおりだった。途中みんな流石に疲れていたのかまったく
モッシュが起こらなかったのもご愛嬌だ(笑)。最初サークルが
出来る
かと思ったがみんな下手で上手く左回りできなかった
後半からはキッチリ回れたな。しかし仕切りに激突しそうになって危なかったわい!(笑)

そんなこんなで5バンド、計5時間に及ぶ長丁場の
Extreme The Dojoは幕を下ろし俺も岐路に着くことに。
この日の目当てがDojoのみの他のメタラー達と違い俺は朝から
M3に行っていた
ため最初からすでに多少の疲労があったわけだが
最後までガッツリ暴れまくったわい!まだまだ若いモンには負けんぞ!
あと今回エクストリーム系のわりに音は大きくなく恒例の耳鳴りが
無かった
のがちょいと物足りない感じだな・・・!
ちなみに俺は見かけなかったのだが、どうやら屍忌蛇先生が
来ていた
らしい!彼はどこで観ていたのだろうか・・・!?


しかし今回は普段以上に疲れたような気がするわい!まぁM3では
ダイアリーで書いたとおりCD買うより立ち話していた時間のほうが
長かった
ためかなり疲労を抑えられたので助かったぞ!俺と
いろいろ喋ってくれたミュージシャン達に感謝である!
朝・・・というか昼はM3、そして夜はDojoと方向性は違えど
一日中音楽に囲まれた休日を送る事ができ有意義な日曜であった!
6月のライヴは予定無しで7月は行ければBRAHMANのライヴに
行きたいな!CHILDREN OF BODOMは・・・考え中だ(笑)。
そして次に催される秋のM3は・・・まことにもって残念ながら
親戚の結婚式に重なってしまっており泣く泣くパスとなっちまいそうだ。
実に残念である!しかしLOUD PARKと重ならんで良かったわい(笑)。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system