2008 4/6 幕張メッセ PUNKSPRING 08




2008 4/6 幕張メッセ PUNKSPRING 08



波乱が波乱を呼ぶ中無事終了したX JAPAN再結成3Daysライヴから1週間、
4月バカを挟みSTRATOVARIUSの解散、Asrielメジャーデビュー、
そして待ってましたのLOUD PARK 08開催の告知と色々なニュースが
飛び込んでくる中ついにこの日を迎えたぞ春のパンク祭り、PUNKSPRING 08!!
LOUD PARK
メタルフェスならばPUNKSPRINGはそれに対局する位置に存在せし
パンクフェス!まさしく男と女、陰と陽、北斗神拳と南斗聖拳!
そしてLOUD PARKとPUNKSPRING!!(爆)


パンクフェスということでLOUD PARKよりも観客の平均年齢が10才ほど
低い
と思われる当フェス、駅にはたしかに小、中学生と思しき
キッズ達
が多く集まっており俺も年をとったと思わず自覚してしまう(笑)。
ここじゃ俺はジジイ扱いよ!とりあえず会場である幕張メッセに開始
ちょい前に着くよう向かったが長蛇の列が出来ており非常に入場に手間取ってしまい
中に入れたのは12時をちょいと過ぎた頃で最初のお目当てだった
MR.ORANGEが後半ちょこっとしか観れなかったのが実に痛い!
パンクバンドなのにポール・ギルバートの弟子という男が
ギターとヴォーカルをとる国産バンドである!是非とも生で歌いながら
ピロピロ速弾き
する様を観たかったがまぁ仕方ない。とりあえず少ししか
観れなかったがギターのみならずドラムもアルバムどおりのタイトな
プレイ
を聴かせてくれたぞ!

そして次はこれまた日本のラウド系メタルコア、Pay money To my Pain
観ようとするも開始時間の変更がありPay money To my Painの前に
隣のステージでTOTAL FATがプレイする事になったようだ・・・!
両者の位置が入れ替わったようである。とりあえず会場を物色しながら
TOTAL FATをチラッと観るが音楽的には基本メロコアだがヴォーカルはエモ的
ハイトーン
で怪しいルックスのギターがメタルの影響を受けてそうな感じで疾走チューンで
ツインリードではないがジャーマン風のソロを弾いており面白かったな!
そのうちアルバムもチェックしてみよう。ちなみに今回も多くの服の変えと
ペットボトルを持参してきたがロッカーの上に置いたりはせずつねに持ち歩き
ライヴ時はフロアの隅に置いていた(爆)。そしてようやくPay money To my Painの時間が
やってきたぞ!本日最初の真面目に観るバンドである!メタルコア系なので
モッシュはサークル、そしてウインドミル・・・つまり回し蹴りモッシュ
楽しめよう!さて早速の肩慣らしである!
いざ、パンク祭りの始まりじゃ!!

パンク系フェスだが彼らの出す音は実にメタリック・・・つまり俺向けの
音でこのへヴィさが良いのう!ヴォーカルのシャウトはなかなかだが
クリーンVoはそれほどでもなかったか!?だがオーディエンスは
当然の如くモッシュで盛り上がり俺も軽くウインドミルに加わり
腕を、足をブンブン振りまわす!サウンドプロダクションはLOUD PARK 06の
時よりも音が小さくなっていた聴き取りやすさも向上しており
滅茶苦茶音がいいというわけではないが個人的には問題なく楽しめたな。
MCでは叙情派ニュースクールらしい、前向きに生きようみたいな
実にクサいコメントを残していた(笑)。

そしてお次は隣のステージで日本のミクスチャーバンド、10-FEETである!
あのマキシマムザホルモンとコラボし“ビタミン7”なる名でライヴを行った
バンドで彼らが残した「実家の窓から、BOWBOW!!」偉大なる名台詞として
後世に末永く語り継がれよう・・・!それはともかく、音楽的には
叙情性をも湛えたメロコアミクスチャー要素・・・ヒップホップやメタル、
スカ、さらにはレゲエスタイルをも幅広く盛り込んだ独特のスタイルを
持っており流石に人気はかなり高くさっきのPay money To my Painは
何だったんだと思わせるほどの大入りである!まぁあっちはメタルコア系で
パンクフェスの色合いとは異なる空気のバンドだったと言うこともあるだろうが・・・。
やがてシンフォニックなSEと共にバンドが現れライヴ開始!ここで行われた
モッシュはさっきとはうってかわって会場中がピットと化す押し競まんじゅう
モッシュ
である!まさに阿鼻叫喚!押し合いへしあいされまくり激しく体力を
消耗する!
時にスカ、スラムダンス、時にポゴり(つまりジャンプ)、そして
上から振ってくるダイバー達の処理に追われつつも実に熱い、熱気に満ちた
壮絶なライヴ
である!まだ彼らのアルバムを全ては聴いていないが他のアルバムも
是非とも聴いてみたいもんじゃ・・・!時にメタリックに、時にスカになり
ファンクなリズムが飛び出しなんでもありの闇鍋的音世界が構築されていく!
ヴォーカルのがなりレゲエヴォーカルも実に個性的である!個人的には彼らの
おそらく代表曲の一つであろう、まさかのクサレゲエ(!?)、“RIVER”
聴けて満足だ!クサすぎるサビのラストで聴けるレゲエパートを共に歌うぞ!
「アバビババビババビババァ〜」

10-FEETのあまりにも熱すぎるパフォーマンスに満足したまま
向かった先はプログレエモ、ENVY ON THE COASTのステージである!
だが移動がこれまた非常に手間のかかるもので結局ステージについたのは
始まってからであった・・・!LOUD PARKと同じようなモンだと思っていたが
あの時は思いもしなかった「混み過ぎ」・・・!何かいパンクキッズの人口は
メタラーよりも多いのかい!?始め会場入りした時はLOUD PARK、そして
Adult Treasure EXPOとも、Dir en greyの時とも違う場所、メッセの中で
最も広い会場を使っていたことに驚きこんな広いところでやる意味あるのかとか
思っていたが・・・確かにこの入りではこの会場を使わざるを得ないな!
まぁ会場の広さの割には2つのステージ・・・つまりBLUE STAGE、RED STAGEのある
会場からもう一つのステージ・・・GREEN STAGEに行くための出入り口が
一つしかないというのが移動に手間がかかる大きな要因だろう・・・!
こういうところは相変わらずグダグダだなクリエイティヴマン
略してクリマン!!(爆)


そして人ごみを掻き分け何とかGREEN STAGEに到着し既に始まっていた
ENVY ON THE COASTのパフォーマンスを観る。彼らの曲にはシャウトもあり
スクリーモ的な要素も無いことは無いがやはりどちらかといえば
スロー、ミドル主体のエモでそこに70年代の古き良きビンテージな
ハモンド
などが使われたプログレ要素をミックスさせたスタイルのため
リスナーも珍しくモッシュは皆無でちょいと軽いヘドバンと拳振り上げ
程度のノリであった・・・。そのため俺も上着を着替えまったり鑑賞する事に。
ギターの片割れがシンセもプレイしバッキングヴォーカルも他のメンバーが
こなしアルバムどおりの音を再現していたな。

そしてライヴが終わりしばらくはお目当てのバンドも無いので
メシにすると同時に会場散策を敢行することに。GREEN STAGEの後ろには
マウンテンバイクアクロバティックなスタントをこなすパフォーマーが
ストリートで磨き上げし己のスキルを存分に振るっておった・・・!
この辺の、キッズのストリート文化と結びついたライトなノリ
パンクの特徴の一つである!スケボーやりながらBGMにメロコア流すのが
90年代以降のパンク・トレンドなのだ!会場にいるキッズ達もやはり
多くがイマドキの10代半ばなストリートキッズなのだがその中に
やはり原理主義鋲ジャン、モヒカン(トロージャン)、スパイキーヘアー
ゴリゴリのド硬派パンクスはいるもので、そういった鋲付きまくりの
革ジャン
着たパンクスがそのままモッシュピットにいるので実に
恐ろしいわい!(爆)


そしてメシを探すがやはりLOUD PARKと比べて混みまくっており、
あっちなら並んでちょいで買えるメシがこっちでは10分以上
待たされる
羽目に!もちろん量が少なく値段が高い毎度お馴染み
ボッタクリ料金設定はここでも健在で非常に財布が痛く、
いっそのこと乾き物持ち込んで食うという手段もあるもののやはり疲労するので
水分を含んだちゃんとしたメシを食いたいという心理が強く働き、
今回は大して美味くもないビーフストロガノフチキンスティック
食した。俺の好物シシケバブ(肉の棒、下品な意味ではない)は
今回俺が見た限りじゃ無かったんでしょうがない。ちなみに
俺が買った店の隣では寿司メシが売っており大トロ丼が何と
5000円で売ってた(爆)。誰が買うんじゃ!!だが
ソールドアウトしており金のある道楽者が買ったのかもしくは
勇者がいたのか・・・!謎である(笑)。

そして王道のメロコアPOWERSPACE、電子音入りのANGELS&AIRWAVES
チラッと眺めお次に観るはBOWLING FOR SOUPである!音楽的には
かなりメロハー要素の濃いメロコアで個人的にピンと来るスタイルでは
ない
がギターの一人の・・・あまりにもインパクトの強い、まるでハート様が如き
拳法殺しぶりを発揮しまくるルックス
を生で、この目で観てみたいという
欲求に駆られ俺の脚はBLUE STAGEという名のサザンクロスに向かう!!(爆)
シン!てめぇに会うために地獄の底からはい戻ってきたぜ!!

そしてバンドが登場し演奏がスタート!アルバム聴く限りじゃ
BON JOVIばりのメロハーだという印象しかなかったが・・・
ライヴでは確かにメロコア、パンクだった。ファストチューンもあり
BON JOVIではまず考えられない、モッシュの光景が眼前に!
噂のハート様はというと・・・期待通り、見事なまでにハート様だった(笑)。
ペットボトルという名の棍棒投げたら跳ね返されそうなほどに(爆)。
そういやモヒカンも多いしこの空間はまさしく世紀末である!Youはショック!!
ちなみにのちにこのステージに上がるマキシマムザホルモンのナヲ
MCでまったく同じ事をネタにしていた(笑)。「ありゃまるで
北斗の拳のハート様だよ!」
他にも面白い特徴として演奏途中に
突如ブレイクしMCを開始、そして程よいところで演奏を再開する
手法を見せていたな。それが実に無理の無い、スムーズなブレイクだった
という事も付け加えておこう。ハート様もMCするがヴォーカルに負けず劣らずの、
ルックスからは想像できない高い声だった。マキシマムザ亮君も
地声高い
んだがそれを思い出してしまった(笑)。そしてラスト曲の
前でなぜかテープで曲を流しダンス、ヴォーカルはスコッティ2ホッティ
有名なワームを披露し喝采を浴びていたな(笑)。

そしてお次は・・・待ってました、個人的メインの一つ、FLOGGING MOLLYである!
アイリッシュ・パンク!メタラーに分かり易く言うとKORPIKLAANIの
パンク版
と言ったところだろうか!?ヴァイオリン、バンジョー、
アコーディオン
などを駆使し、酔いどれフォーキッシュクサフレーズ
聴かせてくれる独特のスタイルを持ったパンクのサブジャンルである!
そのため酒を飲みながら鑑賞するのが主流のようで、ライヴが始まり
俺がモッシュピットに向かったら何とそこには酒臭さが充満していた・・・!(爆)
誰だキッズの祭典パンクフェスアルコール入れてるのは!?(笑)
だがここで展開したモッシュスタイル最も体力を消耗する地獄の
モッシュ、押し競饅頭
である!!10-FEETの再来だがそこに酒の力が加わり
熱さも臭いもパワーアップ!1曲目からさっそくキラーチューン“selfish man”
登場にテンション上がる上がる!モッシュの波に身を委ねシンガロング!
最後の、KORPIKLAANIとはまた違う「アヤ〜ヤイエイエ、アヤ〜ヤアヤヤァ〜!」
共に歌い上げる!フロントマンは元々HR/HM畑出身のため声を張るとその
情念系のスタイルが表に表れるな。元メタルシンガーなだけにやはり上手い!
バックの演奏は、この日出ていたバンドの中でも最もギターの音が
目立たない
にも拘らず実にパンクでキッズ達は凄まじい勢いで盛り上がり
モッシュしまくり
である!

そしてFLOGGING MOLLY終了と同時にGREEN STAGEに向かう事に。
ラインナップ的に本日最後のGREEN STAGE、お次に観るは本フェスでは
非常に数少ないメタルコア系バンド、FROM AUTUMN TO ASHESだ!
メタルコアといえば・・・そう、ウインドミル!!本日2度目にして
ラストのテコンダー(ウインドミルする人の事)となるべく準備万端にして
ステージに向かい、客がまだまばらな状況のままライヴスタート!
これ位スペースがあるほうがウインドミルにはおあつらえ向きなのだ!
そんなわけでスクリーモとメタルコアの中間的なバンドサウンドに乗せて
俺も左回りしまくり回し蹴りカマしまくりで暴れたのだが・・・
何とウインドミルを危険と判断したのかガタイのいいセキュリティー
2名ピットに現れあまりにも激しいウインドミルを行う者を制裁していた
ではないか!
何だこの異様な光景は!?まぁ俺はもう分別のついた
大人
なんで(笑)、しばらく様子見していたんだが・・・ウインドミルできないメタルコアのライヴは
つまらんのう!だがやはりここは若き気概に満ちたパンクスの集まり、
セキュリティーガン無視で果敢にサグなウインドミルかましまくるキッズが
気を吐くも仕舞いにゃ首根っこ掴まれチョーク喰らいさらにはマウント
とられていた(爆)。
ウインドミル以上にセキュリティーのほうが
危険極まりないというのはどういう事か!?(笑)
今にもヒョードルばりのロシアンフックが飛んできそうだったし、それを制しようとした
他のキッズに対してもそのラオウが如き剛拳を振るおうとしていた(笑)。
モッシュピットはセキュリティーの暴力が支配する空間となってしまうのだろうか!?
だがそんな極悪極まるセキュリティーもずっとピットにはおらず、姿を消した
隙を見計らい俺を含めてみんなウインドミルかましまくっていた(笑)。
やはりこのモッシュはええのう!モッシュスタイルの中で一番好きだな!
バンドの演奏はまぁ悪くは無かったし、HELICONのウヴェ・ヒーペンが如く
ドラマーからフロントマンに転身したシンガーも頑張っていた・・・と思うが
スマン!あんま覚えていないや(爆)。

そしてウインドミルで暴れた後はすぐにBLUE STAGEに向かう!本日の
個人的ヘッドライナーのうち2組目であるマキシマムザホルモン
観るためだ!最近は彼らの新たにリリースされたライヴDVD
“Deco Vs Deco 〜デコ対デコ〜”
をヘビーローテーションしており
蘇生公演の興奮が再び戻ってきている中ここに来ての3度目の
生ホルモン
である!だがFROM AUTUMN TO ASHESで暴れまくった代償か
足がつってしまい(爆)、時間もまだ30分以上あるのでステージの
フェンス部分でゴロ寝体力の回復を図る事に。もう若くは無いのに
キッズたちに混じってウインドミルしまくった結果がこれである!情けない!
でもいいのだ!何時までも若くいたいのだ俺は!!(笑)


そしていつものイントロと共にホルモン登場!1曲目からさっそく
“What's up,peaple?!”である!ここでのモッシュはやはり蘇生公演同様
最も疲れる押し競饅頭モッシュだ!!実にキツい!だがやはり楽しいぞ!
本フェスにおいてへヴィさのある数少ないバンドだけにメタラー魂が
熱くなる
わい!ヘドバンパートがあるのは今日出たバンドの中で唯一か!?
楽曲的にはやはり新譜からの曲が中心だが“上原〜FUTOSHI〜”もプレイ!
面白可笑しいMCも相変わらず、上記したハート様ネタも飛び出し
途中何とウォールオブデスまで敢行!!やがて早くも恒例の儀式、
オーディエンス全員強制で手を掲げさせ「麺カタ!」
言葉と共に親指を出しそのまま「こってり」との文句と共にえびぞりになり
そして最後に手のひらを突き出し「ヤッター」と叫ばせる“恋のおなじない”
時間となりラストは“恋のメガラバ”だ!この恋のおまじないが無ければ
もう1曲くらい出来る
んだろうがこれは客がメンバーの人数よりも
少なかった頃からやってる伝統
なのでそれは言わない約束だ(笑)。

ホルモンでほぼ完全燃焼しつくしたがまだ観るバンドはある!
次に俺を迎えるはNOFXのファットマイクが結成した有名曲を
パンクアレンジしてカヴァーする異色のカヴァーバンド、
ME FIRST AND THE GIMME GIMMESだ!メンバー全員緑のジャケット
身を包みかき鳴らすは音こそメロコア以外の何者でもない
曲は全てカヴァー!だが俺はこの時点で既に疲れがピークを過ぎており
モッシュピットにちょくちょく向かいこそすれどもはやバテバテ
あった・・・!だがもちろん他のオーディエンスのノリは熱く
激しくモッシュしスラムダンスもバンバン行われる!そして曲は進み
かの“Over the Rainbow”が!果たしてこの空間にRAINBOW・・・
リッチー・ブラックモア
を知る者は俺を含めて何人いるのだろうか!?
そしてさらにツェッペリンの名曲“STAIRWAY TO HEAVEN”
(邦題“天国への階段”)
が!パンクス・・・というかオルタナ者?はパープルは認めず
メタルなんてダッセェと言い切るもなぜかツェッペリンだけは認めていたり
する
ものなのだがかの天国への階段がメロコアにアレンジされパンクスが嬉々として
モッシュ
しまくるこの光景、頭の固いメタラーは「冒涜だ!」と感じるやも
知れぬ・・・!かの様式美要素に満ち、カラヤン「アレンジすべき箇所は
何一つとしてない」
とまで言い切った稀代の名曲メロコアに!!
確かにその気持ちは分かる・・・俺もX JAPANの名曲群をトランス
アレンジしくさりやがった世紀の駄盤“Trance X”クソ以下だとしか
思っとらん!トランスが悪いのではない!トランスにもJuno Reactorのような
本物はいる!曲をブッ壊しXを冒涜したあのアルバムが許せんのだ!
話を戻すが、よくよく考えて欲しい・・・メタルも元はロック!そしてロックも
何だかんだ言って元々は踊るための音楽!なればこそこういうアレンジ、
こういうノリもアリ
だと俺は言いたいがどうだろうか!?

・・・少々話が逸れてしまったが、そんなこんなでライヴは終わり
お次はメタル色濃いスラッシーな疾走メロコア、PENNYWISEだ!
実にメタル要素の濃い爆走メロコアで、そのメロディーの質感も
BAD RELIGION直径の、どこか男の哀愁を内に秘めたシンガロング
聴けるスタイルである!爆走曲中心の彼らのライヴ、さぞかし
激しいモッシュが起きるのであろう・・・だがやはり俺の疲労は
回復しておらずあまりモッシュには参加せんかったな・・・!
バンドの演奏はアルバム聴く限りじゃかなりスラッシュメタル寄り
出たばかりの新譜はさらに正統派メタルの方向性に歩み寄ってきており
曲によってはもはやヴォーカルのみパンクでそれ以外は完全にメタルってな
塩梅なのだがライヴではやはりというか何と言うか、メロコアの要素が濃いな・・・!
シンガロングパートが多くオーディエンスを煽り共に歌わせる事ができる
バンドというのはメタル、パンク問わずライヴではそれが強みになるのう・・・!
MCもさかんにファックファック言っており中指を突き立てまくり実にパンクだ(笑)。
終盤では超巨大なモッシュピットが出来てたな。おそらく本日最大のデカさだろう!
ちなみに同時間にGREEN STAGEで日本のGOOD 4 NOTHINGがライヴを行っており
そっちも観てみたかったがPENNYWISEを優先させてしまった・・・!
モッシュ聖歌“In The Mosh Pit”で左回りしまくりたかったぜ・・・!

そしてお次はいよいよトリを飾る、ラストのバンドである!
ヘッドライナーは大御所バンド、RANCIDである!!ベースのスキルに
注目したかったのだが・・・この時点で疲労は何度も言うように
ピークをとっくに過ぎており、さらにその上メロコア3連荘ということで
すっかりこの手の音に飽きが来てしまい後方でまったり観る事に
してしまった・・・!やはり俺はメタラーなのだな・・・!曲構成が
シンプルなメロコアを連続して聴くのは飽きるわい!
せめてホルモンの出番がもうちょい遅いとか、もっとメタルコア系を
増やす
とかしてもらいたかったがあくまでもこれはパンクフェス!
メロコアが中心となるのは自明の理!そんなわけで服を着替え荷物を持ち
後方で座って彼らのパフォーマンスを楽しむ事に。流石ヘッドライナー、
RANCIDだけステージ後方にモニター付きで映像流しながらのライヴである!
楽曲的には5thは名盤だと思うが3rd、4th、6thはスローなメロコア
スカ、レゲエ風の曲も多く出来不出来の差が激しいバンドだと個人的に
思っておりまぁ分かり易く言えば特に好きなバンドではないので
後ろでまったり見るのも十分アリである!気になるベーステクだが
曲的にベースが目立つ事は無かった(爆)。


まぁそんなこんなでモッシュしまくりの1日だったわけだが
実感した事はやはり俺はメタラーだなって事だろうか・・・!?
もっとスクリーモカオティックコア、グラインドコア系
増やしてくれれば俺好みのフェスになるんだろうがそれをやると
LOUD PARKとどう違うのか分からなくなるんでまぁこんなもんだろう。
毎年恒例のフェスだが次は・・・たぶん行かないだろうなぁ(爆)。
あと全体的に気になったのがやはり荒くれ者集いしパンクフェスだからなのか
LOUD PARKとは違い至る所でゴミが散乱、モッシュピットにもペットボトル
大量に落ちており終始足元にそれが絡みつくのが実にうっとおしかったわい・・・!
この辺の行儀悪さがパンクらしいな(爆)。外人は女性客を
ナンパしまくっている
し実にサグでハーコーである!!
1週間前のX復活ライヴ物足りなかった部分はまぁ補えた気分だし、
暴れまくってそれなりに満足は出来たが・・・大満足とまでは
いかなかった
のが本音だ。やはり俺はメタラー!
LOUD PARK 08に期待である!!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system