2007 10/21 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK 07 2日目




2007 10/21 さいたまスーパーアリーナ 
LOUD PARK 07 2日目



初日でかなり暴れまくり体調の悪化が危惧されたが結局熱が出ることはなく
2日目も普通に朝から参戦する事が出来たぞ!初日はちょいと早く会場に
着きすぎたので1時間遅れの起床で会場入りしたのは10時半くらい。
初日はペットボトルを没収されてしまったがカバンチェックがまったく
厳しくない
事も知り懐に1本、カバンの奥・・・着替えの下のほうに
2本隠し3本コッソリ持ち込めた(笑)。もっと多く持ち込めただろうな。
今後はLOUD PARKのみならずどのハコ入る時もペットボトルは
隠し持ったほうがいいな。
そして荷物をスタンド席に置き用を足し
トップバッターのALL THAT REMAINSをステージ前でまったり待つ事に。

ALL THAT REMAINSはメタルコアバンドなのでモッシュは勿論
回し蹴り
である!俺も御多分に洩れず左回りし手足をブンブン振り回す!
そのためバンドのパフォーマンスはあんま覚えておらんのだが勢いはあったな。
代表曲(?)“SIX”では最初のブラストで周りのテンションも
最高潮に!
俺もヴォーカルに合わせてシャウトしながら左回り!
ただこの日は風邪気味とあって殆ど声を出せなかったのが残念である・・・。
だが終了後早くも服を着替える事になるほど
激しく暴れまくった
のは言うまでも無かろう(笑)。

そしてお次はメロディックデスに始まり独自のメランコリックメタル
生み出したAMORPHISだ!前日のTHERION同様聴かせるタイプのメタル
プレイしオーディエンスのノリもモッシュダイヴは勿論無くヘドバンすらも
まばらで基本はフィストバング、メロイックサインだったのだが
そういったノリが正しいと思える憂いと透明感に満ちたパフォーマンスであった!
演奏テクを見せ付けるスタイルでは無いが纏まったタイトなプレイを魅せ
しかもプロダクションがかなり良く楽曲の魅力を存分に引き出せていたのが良かったな。

AMORPHISの次はうって変わって熱い正統派メタルを見せ付ける
日本代表、ANTHEMの登場だ!坂本英三アニキ熱すぎる
ハイトーンシャウト
が炸裂し非常に気合の入ったパフォーマンス
展開してくれたのだがあまりにも熱すぎたのかAMORPHISと比べて
音が物凄く悪かったなぁ・・・!デカすぎたためか!?だが演奏は良く
ギターが1本のためかベースラインも聴き取り易く非常に楽しめたわい!
客も滅茶苦茶盛り上がっておりモッシュダイヴではなくヘドバン、
エアギター、シンガロング、そしてジャンプ
と前日のBLIND GUARDIANに
引き続き久々の正統派メタルのノリを楽しめたわい!MCで「この中には
洋楽しか認めねぇって人もいるでしょう・・・俺たちもそうだから」
等と
言っており潔さも見え隠れ(笑)。これ以外のMCも面白く生粋の
ライヴバンド
であるという事をまざまざと見せ付けてくれた彼らのステージに満足である!

ANTHEMの興奮冷めやらぬ中続いてのステージはANGRAを脱退し
新たにSHAMAN(現在はSHAAMANに改名)を立ち上げる
ものの
かつてのANGRA、そしてVIPERを求めるファンには不評で結局脱退し
自らの名前をバンド名に冠し再び初期のシンフォニックなメロスピ
立ち戻ったブラジルの至宝、ANDRE MATOSの登場だ!
アンドレはアルバムジャケ同様クラシックのマエストロみたいな
風貌
でハイトーンをひり出すのだがどうもあんま声が出ておらず
バンドの演奏も微妙だったなぁ・・・!MCは足元のカンペをしゃがみこんで
もろに見ながら全て日本語でこなしていた
のが微笑ましかった(笑)。
最後はクリエイティヴマンのスタッフにもカンペ日本語で賛辞を伝え
非常に微妙な空気が流れていたわい・・・!(爆)曲は最新アルバムは勿論、
ANGRA時代の曲もやるだろうと思われていたが早くも2曲目でWINGS OF REALITY登場!
そしてNothing to Say、さらにANGEL CRYもちょこっとだけやり
そして続くは過去の超名曲CARRY ON!!
去年のANGRAとは違い1曲まるまるプレイしそれまでは醒めていたファンも
この曲のみ異様に盛り上がりまくり!イントロが流れ出した途端今更前方に
詰め始め
みんな合唱しまくる!やはりオーディエンスは正直である(笑)。
ギターソロトチっていたのが残念だけどまぁ楽しめたわい!

そして前半4連荘に心地よい疲労を感じメシの時間に。前日目を
つけていながら食う機会を逃した去年も堪能した肉の塊シシカバブ
2本ほど食う。去年と違い今年は串に刺さっておらずチクワ状
ケチャップがつけられていたのだがやはり美味い!デザイン的にはまさしく
“肉の棒”なんだけどそう書くと意味合いがまったく違ってくるので自粛(笑)。
小振りになってはいたが値段も1本300円で気軽に食えたのが良かった。
それでもカールチートスとかと比べるとべらぼうに高いが(爆)。
それと今日の観客層だがやはりマンソン参加というだけあって前日以上に
ゴス系のメン、バンギャ等の姿が目立つようになってきたな・・・!
まぁ俺も昨日に引き続きホルモン甦生公演の際お台場で買った赤のエクステ
つけてきたんで多少はそれっぽいルックスだったと思うが、昔と違って
暴れる系のライヴの際にアクセサリー類は一切付けないようになったからなぁ・・・!
ライヴは戦場!ルックスに気を使う必要など皆無なのだ!

そして食後はまったりとWIG WAMを観る事に。音楽的にはLAメタルや
BON JOVIタイプ
でまったく興味ないのだがやはりあのヴォーカルの
怪しさ満点のタイツルックは笑えたな!非常に盛り上がっておりまた
あざといまでにポップでキャッチーなメロは女性ファンの心をつかむのか
シンガロングが黄色い声だったのも驚きである!ケバいメイクをしてはいるが
どう考えても女性ウケするヴィジュアルではないと思うがねぇ・・・!
そして実はベテラン揃いのバンドらしく、この手の音楽性にはまったく
不必要
とも思える無駄に高い演奏技術を見せ付けてくれたのも良かった(笑)。

そして次はフィメールゴシックメタルバンドLACUNA COILだ!
客層もゴスな人々が集まりシンフォ系ではない、インダストリアル
空気を纏った暗黒メタルが展開される!確かにニューウェイヴ、ポジパンを
メタルにしたかのようなスタイル
だったな。フロントの5人が一斉に並び
扇風機ヘドバンを敢行する姿は迫力あったが食後ということもあって
眠くなりバッグを置いたスタンド席に戻り仮眠をとる事に。
そんなわけでこの後のTESLAも音楽的に興味ないこともあって
ろくに観る事は無かった(爆)。ブルージーなハードロックでスタンダードな
スタイルだがヴォーカルのキンキンした中性的な声
目立っていたくらいしか覚えておらん・・・!

そして本格的に眠ったわけではないが程よく体力が回復したところで
SATYRICONのステージを観にいく事に。去年はいなかったブラックメタルである!
荘厳なシンフォニーと共に白塗り男達がステージに現れ始まったのだが
機材トラブルに見舞われ1曲目の後半までヴォーカルが聴こえなかったのが
非常に残念である・・・!バンドにまったく責任は無いこういうトラブルがある意味
最も残念
だと言えるだろうがこれは仕方の無い事。その後はちゃんと
聴こえるようになりライヴは進んでいく。ブラックメタル系はオーディエンスも
どう乗っていいか判らなかったのか最初はあまり盛り上がらなかったのだが
ブラストが登場するとやはりモッシュ開始!
だがこれもどうモッシュすればいいのか判っていなかったのかかなり
グダグダなノリだった・・・!(笑)まぁ途中からは普通にサークル出来てたが。
この辺りになると客層もかなり濃い姿が目立つようになり真っ赤なトロージャン
(長いモヒカン)のパンクス、ブラ姿のゴスなネーチャン、てっぺんだけ
ドレッドで口元に布巻いたギャングみたいなナリの者もおり実に極悪で面白かった(爆)。
未聴のバンドではあったがブラックメタル特有のシャリシャリした
軽いギター
はライヴでも変わらず、楽曲自体も一部でシンフォサウンド
使われつつも壮麗さ、メロディアスさを出すためでは無くより邪悪な雰囲気
演出するための使われ方をしており基本は16分のトレモロリフで展開していく。
この手のバンドには珍しくメロディーをなぞるギターソロもありそして曲の
終わり方が物凄く唐突なのも一風変わってて面白かったな。

そしてお次はベテランNWOBHMバンドSAXONだ!今回出演したバンドの中でも
HEAVEN AND HELLを別とすると一番キャリアが長いのではなかろうか!?
俺はろくに知らずてっきりオールドスタイルのHRだと勝手に思っていたのだが
それは大きな間違いだった!実に剛直な正統派のパワーメタル
ガッツリプレイしているではないか!!演奏もベテランらしく非常にタイト
ヴォーカルもよく声が出ている!オーディエンスのノリも非常に熱く
ステージ前方は入場規制がかかっており入れなかったわい!客を煽るのも
上手く終始盛り上がりっぱなしの熱いライヴであった!

SAXONの予想外の好パフォーマンスに気を良くしメシを食いに行き
ハンバーグライスを見つけ注文したのだがいざ食おうとすると
非常に残念な事に俺の苦手なキノコ類がソースとしてかかっているではないか!
なんてこったい!LOUD PARK最後のメシがコレでは浮かばれんわい!
ライスとハンバーグ、そして卵は普通に食ったがキノコは全て残し
再びシシカバブで口直しし後にARCH ENEMYが登場するステージ前に陣取りつつ
隣でやっているHANOI ROCKSを眺める事に。SAXONみたいに入場規制が
かかってしまったら最悪だからなぁ・・・!あいかわらずマイケル・モンローは
ケバイ
のう(笑)。しゃくれ顔のアンディ・マッコイのギターも手数多く
キッチリ弾けており
マイケルは途中花を客席に投げ
サックス(トランペットか?)も吹く!
基本はロックンロールだが曲によっては
愁いを帯びた甘いメロディーが聴けやはりWIG WAMと同じ
北欧のバンドなのだなと再確認。

そしてHANOI ROCKSが終わり10分程度のインターバル後に
ついに登場したARCH ENEMY!去年も出演したのだがその時とは違い
クリストファーがバンドに復帰!アモット兄弟が再び揃い慟哭の
ギター
が炸裂する!セクシーな短パンと網タイツ姿で現れたアンジェラは
MCの際は普通に喋り女性であることを認識させてくれるのだが
いざヴォーカルになると強烈なデス声になりそのギャップが面白いのう・・・!
クリストファーのギタープレイはブランクを感じさせない泣きと速さ、
正確さを兼ね備えた見事なものでオーディエンスも激しく盛り上がり
周りを巻き込み巨大化していくサークルピットも実にブルータルだ!
俺も勿論左回りし前の方で押しくらモッシュもしたがARCH ENEMYの
パフォーマンスは暴れたいのとじっくり見たい気持ちが半々になり
非常にもどかしかったな(笑)。それにモッシュは途中になるとほぼ左回りのみ
正直この時点でサークルにはちょいと飽きが来ていた(爆)。
サークルの中心では男達が固まり円陣を組んだりエアギターで
盛り上がったりしてた
がそのスペースが空いていたらサークル後に
いろいろ暴れられたんだがなぁ・・・!過去の名曲群もプレイし
盛り上がりまくるがアンジェラ加入後の曲のみしかやらず3rdまでの
曲が黒歴史扱いみたいだったのがちょい残念だったわい。
だが“NEMESIS”の盛り上がり、会場の一体感はハンパなく
サークルモッシュの内部で皆肩を組みヘドバン!さらにその状態で左回り!!
この光景・・・まさしくモッシュで繋がる僕らのロマン!!(爆)
モッシュローラン、ヘドバンローラン、回し蹴りローラン!!
そこにロマンはあるのだろうか!?
サビパートは皆モッシュをやめメロイックを掲げ共に歌いまくっていたのが
非常に熱かったわい!俺も風邪気味で声が出ないにもかかわらず
隣のメタラーと競うかのようにスクリームしまくる!!最高だ!!

ARCH ENEMY後はすぐに着替え隣のステージに向かう!LOUD PARKの
大トリとして2日間のヘッドライナーを務めるアメリカが生んだ
ロックモンスター、MARILYN MANSONの降臨
である!ステージには
赤のつららみたいなデザインが入った黒い垂れ幕が掛けられ
ステージ内を観る事が出来ない!非常に凝った仕掛けがしてあるのだろうか?
そして予定の時間を5分ほど過ぎた頃会場は暗転しついにマンソンの
パフォーマンスが始まる!
しばらく焦らしてから幕が落ちマンソン登場!
しかし照明のせいであんま見えない!だがやがて姿を確認出来る様になり
マンソンを観ると黒のゴスなルックスで目の周りを赤いマスクのような
メイク
で覆いマイクの下が包丁みたいになっていた(笑)。最近は頭が
ハゲかかっておりさらにちょいと太ったようで小腹が気持ちポッコリしていた
相変わらず怪しさ満点で実に変態であった(笑)。マンソンの生のシャウトは
やっぱ迫力あるなぁ・・・!新譜からの曲はどれも微妙で客はそれなりに
盛り上がっていたがARCH ENEMYほどではない。しかしへヴィでノリの良い
“DISPOSABLE TEENS”では盛り上がり俺のすぐ後ろでは小規模な
モッシュピット登場!
実に規模の小さいピットで左回りはなく
押し合いのモッシュだった。俺もちょいと参加するがスローで静かな曲が
続きあまり暴れる機会が無かったのう・・・!まぁマンソンは元々
魅せるタイプ
なのでこんなモンだろう。しかし“MOBSCENE”
“THE FIGHT SONG”は盛り上がり皆シンガロングしまくる!
そして“IRRESPONSIBLE HATE ANTHEM”でノリは最高潮に達し俺も
テンション上がりまくりモッシュしまくる!!学生時代聴きまくっていた
この曲を生で聴ける日が来るとは・・・!共にシャウトしながら腕ふり回し
暴れまくり
非常に楽しめたわい!だがこの後はスローでまったりした
新譜からの曲が続きダレてしまう(爆)。新譜の曲にはギターソロもある
あんま面白いフレーズではなく疲れていたこともあってこの機会にスタンド席に
戻りカバンを回収し後ろの方でのんびり眺める事に。そしてまったり観ていると
ついにやってくれたぞ“REFLECTING GOD”を!この曲のシャウトは非常に熱い!
だが部分的にマンソン疲れていたか!?アリーナ前に下りて行きファンに
揉みくちゃにされ
セキュリティに抱えられステージに戻っていくのだがその時
異様にヘロヘロになっていたのが笑えた(爆)。

そしてアンコールではお馴染み演説モードに入りプレイされるは
恒例曲“ANTICHRIST SUPERSTAR”!聖書を取り出し火をつける
パフォーマンス
を生で観る事が出来感激じゃ!そしてラストは
お馴染みのマンソンアンセム“BEAUTIFUL PEOPLE”でフィニッシュ!
個人的には竹馬に乗って歌う“THE NOBODIES”も観たかった
まぁしょうがない。全盛期ほどのキレっぷりは無かったがそれでも十分楽しめたわい!


こうして2日間に及ぶ熱きメタルの祭典は今年も無事に
幕を下ろした・・・祭りが終わると寂しいのう!
こうして俺は2年連続で風邪を引いての参戦となったわけだが
今年はモッシュしまくりで去年より楽しめたわい!来年も開催されるならば
絶対に参戦するぜ!そして今度こそ体調万全で望みたいものだ!
しかしマキシマムザホルモンと今回のLOUD PARKですっかり暴れグセが
身に染み付いてしまった
なぁ・・・こんなんで来週のSOUND HORIZON、
一体どんなノリをするというのであろうか!?まぁ勿論モッシュなんて絶対
起きない
だろうが下方向に腕を振る変なヘドバンしちまうんだろうなぁ(笑)。
とにかく今は風邪を治さんとアカンな!話は逸れたがとりあえず今回良かったのは
初日がTHERION、STILL REMAINS、AS I LAY DYING、TRIVIUM
2日目がALL THAT REMAINS、AMORPHIS、ANTHEM、SAXON、
ARCH ENEMY
だな!まぁメタルコア勢はバンドの演奏云々よりモッシュが楽しかった
わけだが(笑)。何はともあれ、この2日間楽しかったぜLOUD PARK!
来年も期待してるぞーーーーーーーーーーーーー!!!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system