2018 7/15 Zher the ZOO代々木  BEEAST Festival Vol.2




2018 7/15 Zher the ZOO代々木  BEEAST Festival Vol.2



西日本豪雨は言うまでも無いが、最早夏である事自体が災害であるかのように
扱われる、クソ暑くて仕方無いこの時期もライヴである!本日はWebロックマガジン
BEEAST
主催のフェス的なイベントで、BLINDMANをトリにIRON ATTACK!、
Silex、The ExThunders feat. Kelly SIMONZ
と言った日本の影の実力派(?)
揃った通好みのライヴである!

1組目は前座として登場のビースト楽団で、どうやら本日主催のBEEASTの 記者による
趣味的バンド
らしく、音楽雑誌に携わる記者はバンド、楽器経験あって 当然
印象があるものの、あくまでも余興的な立ち位置だろうか!?ギターとドラムが
サポート
らしく、ギターは一応プロとの事でまぁまぁ悪くないプレイを披露していたが、
二人いるVoは余興程度のスキルだったが仕方無い。オリジナル曲カヴァーを半々やり、
前者はギターがHM/HRなJ-ROCKな感じで、後者はMCで「みんな知ってる有名曲」との
事らしいが、俺はまったく知らない曲だった(爆)。 歌詞は日本語だったんで日本のバンドだろうが・・・!

2組目からが本番、ケリー・サイモン氏が参加しているThe ExThundersで、去年に台湾
お目にかかっていたが、その時と違い楽曲はBLIND FAITHの曲もプレイしつつ全体的に
様式美に接近
しており俺の好みに近づいてくれた感じだな(笑)。先日電車内で ライヴをするという
例の無い試みを成功させており、車掌スタイルで何と 1曲目のみではあるが、手袋をしたまま
ギターをプレイし
その不必要なまでの 器用さに驚かされたわい!

その後電車のアナウンス、SEを再現するお遊びも交え、 笑いを誘いラストは台湾でも観られた
LOUDNESSの“Crazy Doctor”で 締めである!ケリー氏のVoが意外と原曲の二井原的な
ニュアンス
を感じさせてくれたな。 演奏はやはりメンバー全員揃ってプロ中のプロで
極めてタイト
じゃったわい!

3組目はSilexで、カナダ出身のシンガー、Pete Klassen氏をフロントに据え、
今は亡きLIGHT BRINGERを始め様々な国産クサメタルシーンで技巧を見せ付けて来た
テクニカルべーシストhibiki氏、ドラマーは先のThe ExThundersでもプレイしていた
Yosuke氏と、名うてのメンバーが集まったバンドでキーボードも交えた大所帯で
北欧風味漂うメロディックパワーメタルをプレイ!勝手に正統派かと 思っていたが、
思わぬクサメタル振りクサメタラーとして楽しめたわい!

シンセの音色がまさしく北欧的なキラキラ系なのも嬉しく、疾走曲以外もノリの良い
アップテンポ
で随所からクサさを感じさせてくれたな。Pete氏のVoは意外とそこまで
パワフルでは無く、
途中からかなり細さを感じさせるようになったものの、
声質や英語の発音は流石に海外感、本場感があり好印象である!MCも本場の英語に
流暢な日本語
を披露、その他キーボーディストがやけにハイテンションなステージングで、
その場でピョンピョン飛び跳ねたりショルキーを持ち出したり
DRAGONFORCEを思わせる感じだっただろうか!?

4組目がお目当てでありお馴染みの大物IRON ATTACK!だ!普段は海外ライヴかワンマンが
主流
だが、本日は珍しく対バン、フェス形式のライヴで数少ない国内ライヴ、それ故に
YAMA-B氏は不在だが勇舞氏、まいなすいょん女史の2人のシンガーがフロントに立ち
勢いあるメロディックパワーメタルを披露!本日唯一のツインギターを擁するバンド故の
厚みを感じさせてくれたが、何よりも坂下氏のベースが凄まじい轟音で唸りまくっており
サウンドの凶暴さでは本日髄一だっただろうか!?

前回のワンマンはファンからの募集により比較的コアでマニアックな楽曲が多かったが、
今回は対バン形式故に初見のリスナーを意識した、代表的なキラーチューンが中心で
“STAR DUST”、“長坂を駆ける”、“Interceptor”等古い曲もあるが、ここ数年・・・
最近の曲が多く現在進行形のキラー曲を集めたような印象があるな。ただ今回勇舞氏が
結構精彩を欠いた感じで、いつものような鬼気迫る切れ味、パワーが見られず
そこが惜しい所だっただろうか!?鍛え抜かれた肉体美は相変わらず見事だったが・・・!
まいなすいょん女史が最初に登場した際マイクトラブルワンフレーズのみだが
Voが聴こえなかった
が、そこはライヴでよくある機材トラブルだな。

そしてトリを飾るのがベテランの重鎮BLINDMANである!俺はバンド名を冠したアルバム
“BLINDMAN”1枚のみ持っており、その音楽性はよく「日本のWHITESNAKE」等と
評されているようだが、どちらかと言ったらDEEP PURPLE、RAINBOW直系の、昔ながらの
イングヴェイ以前の様式美な要素を感じさせる感じで、キーボーディストもおり
そのサウンドは昔ながらのムーグ、ハモンド系で全体的に「ヘヴィメタル」では無く
「ハードロック」だったな。

キャリアあるベテラン故に演奏は圧倒的にタイトで、Voも説得力満点の巧さがあり
ギターも基本的にペンタトニック系のハードロック的スタイルだが、シュレッドも
一流のスキル
がありミスを全然しない安定したプレイを披露、音も良くエモーショナルな
泣き
も見せており圧倒されたわい!

楽曲的には結構80年代的なキャッチーさのあるオーソドックスなハードロックだが、
そんな中でハモンドが光る疾走チューンがやはり俺好みだったな。ネオクラシカルでは
無いんだが、CONCERTO MOONに近い様式美っぽさがあるのも嬉しかったわい!
そしてトリなんでアンコールで1曲プレイ、そのままバンド抽選会でなかなかに
グダグダな空気を漂わせつつファンサービスを感じさせるのがWebマガジンらしい所か!?


全5組の長丁場で、なかなかに・・・と言うか大分押しており、スタートも遅れたが
ステージチェンジ等でも時間がかかり、結局1時間も押したようで観ている側も
大分疲労したものの、それぞれが濃いパフォーマンスを披露しており楽しめたわい!
各バンドで触れなかったが、音響は総じてかなり良く各楽器がクリアに聴けたのも
実に好印象である!やけに斜めな作りの上に柱もあり、決して観やすいハコでは
無いんだが、ライヴにおいて最も重視されるのはバンドのパフォーマンス、そして
音響の良さだからな・・・!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system