2007 10/17 新木場studio coast マキシマムザホルモン




2007 10/17 新木場studio coast 
マキシマムザホルモン



八王子出身のミクスチャーバンドとして世に姿を現し独特の面白可笑しさ
その裏に秘めた誠実なロック魂でのし上がり今じゃ日本の有名アニメージョン
“アカギ”“デスノート”等に楽曲を提供し押しも押されぬ大物バンドへと
出世したマキシマムザホルモン。知名度が爆発的に上がった事により新参のファンが
多くライヴになだれ込み
その結果チケットがまったく取れずその入手困難さは
一般発売して1秒でソールドアウトするほど!ライヴが見たくとも見れない!
古参のファンは嘆き悲しみ新参のファンをディスるという芳しくない悪循環に
陥ってしまい、さらにホルモン人気にあやかったダフ屋共がチケットを
買占め法外な値段で売りつけるという実にマザーファッキンな
現象
まで起こってしまう!それに業を煮やしたホルモンスタッフ“ミミカジル”
一計を案じることになった・・・!それはホルモンへの熱いメッセージ
メールでファンに送らせその中から真の腹ペコ(ホルモンファンをこう呼ぶ)か
そうでないかを見極め、真の腹ペコにのみチケット購入の手段を与え
5月より始まったツアーの最終日のすぐ後に特別に追加公演を行うという事!!
それが今回俺が記す“ぶっ生き返すツアー 追加甦生公演”なのである!!
そう、俺も彼らに熱いメッセージを送り真の腹ペコと認められての参加だ!
既に大物になったにもかかわらず学園祭ライヴを未だに行う彼らならではの
ファンを想った粋な計らいであるといえよう!!

そんな甦生公演の会場はお馴染み新木場studio coast。海に面した工業地帯の
一角に存在する実に広いハコで楽屋側にはジャグジーやプールがあり
さらにラブホ的ベッドもあるという事でミュージシャン達には評判の良いハコらしい。
見る側としても非常に広く1階の後ろの方は階段があり後方でもステージが
見渡せる親切設計!?
となっており、トイレが物凄くサイバーな近未来感
演出しておりMCでも言っていたが男専用ゴム(コンドーム)の自販機まであるという
凄まじいハコだ!(爆)さらに外にもステージがありフェス形式のライヴもこなせる
スグレモノ
である!俺はいつものようにお台場観光から始めいつもの観覧車
あるほうへ行き所謂遊べる本屋パンクガイドブックhip hopスラング本
そして個人的愛読書“殺人王”シリーズを立ち読み。この殺人王シリーズは世界に名だたる
シリアルキラーブラックユーモアたっぷりなイラスト
ともにどこかコミカルに紹介するワルのウンチク本で面白いからオススメだ(爆)。
そしてアクアシティに行きHMVを見るが特に欲しいものも無くいろいろ服も見るが
やはり欲しいものも無かった。だが赤のエクステ290円と安かったので購入。
家に帰ってつけてみたが意外とガッチリ固定できてライヴでも取れなさそうだな。
そしていつものようにマックでバーガー食しペットボトルをとりあえず2本用意して会場に向かう。

6時開場だったはずなので6時ピッタリに到着したのだがもうずっと前から
入場始まっていた
らしくこの時点で既に300番台が呼ばれていた!
なんてこったい!俺の整理番号は若いも若く、最前取れるレベルの番号だったのだが
これでは残念ながら最前はムリじゃ!だがそれでも俺が入った時点では
人はまばらで結局前から4列目の位置をキープできた・・・!しかしこの手のバンドは
モッシュが多発するため最前じゃなかったらどの番号も大して変わらず
せっかくの最前チャンスをみすみす棒に振ってしまったなぁ・・・!
残念だ!だが最前ではモッシュはできん!すぐに気分を切り替え暴れる心構え
SEのSLAYERを聴きながら始まりの時を待つ事に。

始まる直前お決まりのダイヴ、モッシュはするなのナレーションが入るが
ちょいと様子が変だぞ!?本来無愛想なハズの女声のナレーションが喋る
一風変わった注意事項、それは「空気を読めないダイヴはするな。
おもにヘドバン中」
だとか「サークルモッシュは左回り」だの「迷惑
かけるな、痴漢はするな、ムラムラしたら家に帰ってソロ活動」
など
笑いを取るナレーションが続き開場は大ウケ!というかこのナレーションホルモンの
ドラマー件女性Vo、ナヲじゃねぇか!!
ここでも客を盛り上げるホルモンは
やはり只者じゃあないな・・・!そして最初は対バンの“FUCK YOU HEROES”
紹介されついにライヴは開始される!

会場が暗転しステージから眩い光が放たれメンバーが登場しFUCK YOU HEROESの
パフォーマンス開始!しかしこの時点で俺は周りの客に押されまくりまったく
身動きがとれなくなってしまった!なんてこったいなぜこんなにギュウギュウなんだ!?
バンドのパフォーマンスはスタジオ盤で聴ける通りの荒々しく疾走しまくる
ハードコアパンク
で1曲1曲が短い分MCでも言っていたがホルモンより
曲数は多い!
押されながらも左の方を見やるとそっちはスペースに余裕があり
この手のバンド特有・・・というわけではないがサークルピット登場!
みんな左回りに回っとるわい!去年のLOUD PARKで何度と無く目にしてきた
光景
に俺も興奮し3曲目終わった辺りで隙を見てフロアにある柵を越え左に移り
サークルモッシュに参加!しかしすぐに吹っ飛ばされそれでも果敢に
左回り
する!しかしこの左回りモッシュ・・・思った以上に疲れるな(笑)。
全力疾走ではないが暴れながら走るため疲労が激しいのだ!1曲丸まる
回れるヤツは体力ある方だろう。まぁ俺が年寄りなだけかもしれんが(笑)。
メタラーが気になるであろうプロダクション、演奏についてだが
studio coastは広いハコで音響も良くどの楽器もバランスよく聞き取れたと思う。
演奏はまぁこの手のバンドなんでどうこういうのはお門違いだし実際
アルバムどおりの音は出せてたぞ。まぁパンクなのでメタラーにとっては
下手なんだろうがアルバムできっちり上手い演奏してライヴがダメな
メロスピバンド
と違い嘘偽りの無いスタジオ盤を出しているんで
ライヴだと印象が良くなるのは必然だろう。ロックは技巧ではないのだ!

ところでこのFUCK YOU HEROES・・・ただのハードコアソングのみならず
ブルージーな素養もあり見事に70年代ブルーズロックな雰囲気をもった
曲、パートも存在するのだが・・・このスローなブルースパートで
ガンガンにスラムダンスをしまくるファンの光景は70年代ハードロックを
体験してきた俺としてはちょいと異様に思えたのだが、俺もそんな70年代ロックの
ブルースパートのノリなんざまったく判らんので一緒にスラムダンスしてきた(笑)。
しかし実に荒々しいライヴである!これがパンクのライヴか!実に楽しいぞ!
モッシュの波に飲まれながら「もしこの空間にライヴで手拍子しか出来ない
SOUND HORIZONファンをポツンと置いたらどうなるんだろう」
とか
思っちまったわい(爆)。そして後半ではベーシストが客席にダイヴ!MCも「音楽に
出会って救われた」
的な事を言っておりそのロックに対するシリアスな姿勢
伝わって来て好印象だったな。彼らは来週もここstudio coastで大掛かりなフェス的ライヴ
行うようで彼らとあのクサクサメロコアバンドHAWAIIAN 6が共にヘッドライナー
なるのか!?詳しい事はよう判らんがとにかくそんなパンクフェスが来週行われるようだ。

対バン・・・といえば聞こえはいいが実際は前座とも呼べる彼らのライヴ、まだホルモン前なのに
サークルモッシュしまくり暴れまくりポゴりまくり(ジャンプする事)
気付けばダイヴの発射台になったりと実にハードコアな40分を過ごしてしまい
お目当てのホルモンがまだ始まってもいないのにすでに激しく疲労してしまった(爆)。
ついついテンション上がっちまったんだよサークルモッシュ見たら!
だがセットチェンジに時間がかかるのでその間水を飲み体力回復を図る事に。
変態マイクパットンのプロジェクトFANTOMASの楽曲が流れおもわず失笑。
そして着々と舞台は整いバックドロップにはホルモンのロゴとメタルポーズをとる手が!
メタルポーズとは・・・まぁつまりメロイックサインの事だがそれをXジャンプする時みたいに
腕をクロスさせるポーズで、初期の楽曲“恋のスウィート糞メリケン”
世に広められたらしい(笑)。そして会場は暗転しいつものライヴ前に流れる
お馴染みのSE・・・SPACE COMBINEの“MARCHIN' MINT FLAVORS”
(オフィシャルのホルモンQ&A参照)が流れメンバーが続々登場!ファン・・・腹ペコ達の
テンションものっけから最高潮に達し1曲目はへヴィな楽曲“What's up, people?!”だ!
へヴィなリフに合わせて激烈ヘドバン開始!ホルモンにはメタルリスペクトの精神が
あり
こういうメタルなノリも持っているのだ!だが曲が展開すると押しくら饅頭モッシュに!
KORPIKLAANIの時もこういうモッシュだったな。サークルモッシュは無くやはり
ノリかたの差を感じさせてくれる。俺も疲労した身体に鞭打ってモッシュしまくる!
最前は最前でまた良きものだろうがやはりこういうライヴはこういうノリかた
しないとな!
次はAdult Treasure EXPOで1曲目だった
“アナル・ウィスキー・ポンセ”だ!ダイスケはんのデスヴォイスが唸りまくる!
こういうデスメタル要素濃い楽曲が多いのも魅力である!それでいてポップさ、
キャッチーさもしっかりある
のが優れたバンドの証拠だ!後半のブレイクダウンする
パート
ではモッシュ、スラムダンスが起こらずみんなヘドバンだったのも以外だな。
そしてMCが始まりそのお笑い芸人顔負けの話術で会場を盛り上げる!けっこうMC長く
SOUND HORIZONくらい続くのだがホルモンの楽曲は全てが暴れ系、
バラード等皆無
(いやあった、“恋のきなこ私にください”が)なのでこれくらい
MCあるほうが休めて良いな。ナヲの体重増加話等が聞け、さらに今回
カメラが入り撮影されているという!DVD化はあるのだろうか!?ちなみに
中心人物であるはずのギターヴォーカル、マキシマムザ亮君MALICE MIZER、
Moi dix MoisのMana
同様ライヴでは一言も喋らないのだ!ヴォーカルはとるが(笑)。
そして新譜“ぶっ生き返す”からの楽曲が立て続けにプレイされる!
“糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー”デス声、高音シャウト
パート
では日頃のカラオケを思い出しともに咆哮するが2度目は疲れてて声が
出なかった(笑)。
っていうかこのレベルのノリのライヴだとモッシュで疲れて共に歌うとか
ムリだ!
せいぜいコーラスとかしか出来ん!俺もすっかりパンクなライヴ者
なっちまったなぁ(爆)。正統派の、メタルのヘドバンなんかやり方忘れちまってて
どうしてもスラムダンス混じりのヘドバンになっちまうしどうしちまったんだ
俺!(笑)
とりあえず今後のLOUD PARK、SOUND HORIZONで
思い出そう。
80'sディスコソングとカオティックコアを融合させたかのような
“ビキニ・スポーツ・ポンチン”ではフロア上空に巨大ミラーボールが登場し
一気にディスコノリに!“クラブ”ではなくあくまで“ディスコ”なのだ!(笑)
俺も他の腹ペコも超楽しそうにモッシュ!モッシュ!!ダイヴしまくる者もいたが
途中で墜落したり足バタつかせていたりとけっこうデンジャーだったな・・・!
足の裏は天井に向けて身体をくの字気味にして仰向けにするのが
正しいダイヴである!まぁ俺は腰にペットボトル入れつけててさらにブーツでしかもタッパが
あるぶんウエイトもある
ので自粛したが。そして新曲群の中に過去の名曲
“生理痛は神無月を凍らす気温。”が登場だ!!珍しくムックを思わせる
歌謡サビメロ
が聴けるへヴィチューンに激しく盛り上がり俺も暴れまくる!
ダイスケはんのデスヴォイスは今回調子いいのか多くの曲でフェイク気味に
咆哮し
曲にさらなるアグレッションを与えている!亮君のギター、上ちゃんのベース、
そしてナヲのドラムもパンク的だったFUCK YOU HEROESとは違い実にメタル的・・・
へヴィでタイトなプレイ
であった!やはりこっちの音のほうが俺は好みなのだ!

その後再びMCに入り翌日ここでマリリンマンソンのライヴがあると言う。
LOUD PARKを目前に控えた単独公演なのだが、翌日マンソンがここ来た時
なんだここは!?と思わせるようなシミを残そうぜ的な事を言い
新譜の中でも特にへヴィな“シミ”開始!これもスローパートは
ヘドバンで疾走したらモッシュだ!さらにMCでざわざわ言いアカギ、
ルイジアナ・ボブ
と続き初期の楽曲“アバラ・ボブ”が演奏される!
メロコア的なノリとへヴィさが同居した曲だがこれ終わった後MCで“裸一貫”
という単語に結びつく喋りをし再びアバラ・ボブ連発!これは今年の前半にも
行われたどうやら恒例行事と化している毎回違う条件をクリアした者のみ
見ることを許されるスタジオライヴ“地獄絵図”の再現か!?ちなみに今年は
痩せている人間を対象とした“ガリガリ君 VS ホルモン”と30歳以上を対象にした
“ジジババ VS ホルモン”が行われそこではガリガリ君の時に何と
アバラ・ボブを4連発している!今回も4回やるか!?と思ったが3回目の
イントロで中止に(笑)。その後は軽快な“ROLLING1000tOON”だ!
そして最後はみんなで踊ろう的なMCで“恋のメガラバ”がプレイされ本編は終了!

そしてアンコール前は普通みんなオイオイ言うのだが今回事前のMCで
ナヲがFUCK YOU HEROESのメンバーの子供?にアンパンマンと呼ばれたという事を
喋ったためアンパンマンコールが発生!!これには爆笑だったな!
実に素晴らしき、愛すべき腹ペコ達よ!そしてメンバーが再び登場、
ナヲが熱く語る!今回これが初めてのライヴだという者もいる、
ノリかたが判ってないかもしれないが初めてなんだから
仕方ないじゃないか!ライヴ慣れしたヤツにだって始めては
あるだろ!?
みたいな事を熱弁!これは最初に書いたおもにチケットが取れない事が
原因で古くからのホルモンファンが新たなファンをディスりちょっとしたビーフ(揉め事)に
なっているという事を指摘しているのだろう。熱き女よ・・・ナヲ・・・!
これはライヴにおいて辺り構わず手拍子しかしないSOUND HORIZONファン
対しても同じ事が言えるだろうな・・・!彼らも今は手拍子が関の山だが
いずれヘドバン、エアギターを覚えやがてはモッシュ、ダイヴを習得
最終的にはウォールオブデス、そしてレッキンを会得するであろう!!(爆)
そう、俺にも最初はあった!忘れもしないShibuya-AXで観たMoi dix Mois!
あの時はまだヘドバンとエアギターしか知らず共に歌う事もせず
あまり汗もかかずシャツの替えが不要だったあの時!それが今じゃモッシュ、
左回り
しまくりで逆にメタルの正統的ヘドバンを忘れる始末!(笑)なんて情けない!

あまりにも熱きMCに続いて演奏されるはこれまた過去の楽曲・・・
それも実にマニアックな、現在のメンバーに固定して最初のアルバム“鳳”
収録された“W.H.U”ではないか!このころはまだダイスケはんが自分の
ヴォーカルスタイルを確立する前
でエモ的・・・というかTHE MARS VOLTA
みたいなハイトーン
をひり出していた頃の楽曲!最近のアルバムで彼等を知った
ファンは知らない率が高いだろうが俺はここまで遡って聴き込んでいたため
キッチリ知っている!大喜びでモッシュしまくりサビを共になんとか歌う!

アンコールのMCでも裸一貫アバラ・ボブネタを引きずり次はガールズパンクを
イメージした“チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン
ボロン ヌルル レロレロ”
だ!勢いとキャッチーさが同居した疾走チューンで
これまた大盛り上がり!そして恒例の儀式“恋のおまじない”をいつもどおり行い
ラストはこれまた恒例となっている“握れっっ!!”だ!メロコア的な
キャッチーさを持った「駄目チンポ握れ!GET UP BOYS!」のフレーズが
童貞を勇気付けるかのようで非常に熱い!!(笑)

そしてライヴは終了だが大盛り上がりは収まらずSEで流れる“ロッキンポ殺し”
合わせてみんな本編と変わらぬノリを見せ客電がついているのにも関わらず
ともに歌いまくりモッシュしまくり果てはダイヴまでする者も!(爆)
そんな盛り上がりの後再びメンバーがステージに姿を現す!演奏はないが
何とここで記念撮影をする事になりその写真は最終公演のソレと違って
オフィシャルに乗せる事はせずそのかわり今回の甦生公演はシステム的に
参加者全員のメールアドレスが把握されているのでそこに後日この写真が
送られてくる
というなんとも粋な計らいが!実にファン想いなバンドである!
メジャー行って成功しライヴチケットが速攻でソールドアウトするほど
(ちなみに今回のツアーも勿論全公演ソールドアウトである)のし上がったにも
かかわらず学園祭ライヴを行うなどセルアウトとは無縁のバンドなのだ!
ちなみにGALNERYUSのヴォーカルYAMA-Bもメジャーで成功しつつある
存在であるにもかかわらず自身のソロプロジェクトをインディーズ(自主制作?)で
リリースし続けアマチュア音楽即売会M3等で直接ファンにCDを手渡すなど
セルアウトとは無縁のミュージシャンである。実に素晴らしいではないか・・・!
そして前に詰め寄り皆思い思いのロッキンアグリーモーション(同名曲の歌詞の
コンセプトで、醜い顔になりながらロックする姿が最もカッコいいという
亮君の持論を描き、この曲の発表以降ライヴに来る腹ペコは皆ことのほか
醜い表情をみせるようになった
)をカマしメタルポーズもとりシャッターは切られ、
こうしてホルモンのライヴは大盛況のまま幕を閉じた・・・!


まさしく甦生公演!ぶっ生き返されるとはまさにこの事!ここまで熱く激しく
そしておバカになれるライヴはそうは無いだろう!最高だ!!
Adult Treasure EXPOの興奮、感動が今再び蘇る!!蘇るのだが
個人的にちょいと注意点も学ぶ事となった・・・!対バン(前座)つきの
ライヴの場合、不必要に前座で盛り上がりすぎない事!!(爆)
今回つい調子コキすぎてサークルモッシュしまくり激しく体力を
奪われ疲労した状態でホルモンを迎え撃つ事となってしまったのでな・・・!
やはり何ら疲れていない状態で始まるのと疲労した状態で始まるのとでは
テンションそのものが違ってくるわい!もし前座がPOLYSICS、
BEAT CRUSADERS、花団
だったら間違いなく腕組みで観て体力は余裕で
残っていただろう!FUCK YOU HEROESはなんというか・・・やっぱ熱くなるわい!(笑)
まぁそんなこんなで今回体験したマキシマムザホルモンの真髄的ライヴ・・・!
今後もチケットの入手は困難を極めるだろうが可能ならば再び・・・、いや、
気の済むまで何度でも参加したいもんである!俺は腹ペコ!確かに今回のライヴ、
十分すぎるほど食った・・・!だが美味いメシは何度でも、
何度でも食いたいのだ!!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system