2018 3/11 東京キネマ倶楽部 DRACULEA / Kelly SIMONZ's BLIND FAITH




2018 3/11 東京キネマ倶楽部 DRACULEA / Kelly SIMONZ's BLIND FAITH



個人的にライヴの予定が多い3月、かつて日本を壊滅寸前に追い込んだ大震災と
奇しくも同日にライヴである!
他にも各地で様々なライヴがある中、俺が足を運んだのは
日本が誇るネオクラシカル様式美メタルの大物、Kelly SIMONZ's BLIND FAITH
怪しさ満点の世界観で勝負するシアトリカル系様式美バンドDRACULEAの2マンである!
ハコは東京キネマ倶楽部、7年程前にDragon Guardianを観た懐かしのハコで、
メタルのハコとは思えない、豪華な内装ネオクラ様式美に実にマッチしておるわい!
あと梅酒が旨かった(笑)。

一組目がKelly SIMONZ's BLIND FAITH、意外ではあるが本日はサポートアクトという
立ち位置故の トップバッターだが、早くも貫禄満点の鍛え抜かれたタイトでパワフルな
パフォーマンスを 披露しており、ケリー氏の流麗かつエモーショナルなシュレッド、
YAMA-B氏の安定感、 深みに満ち溢れた歌唱洗練された一流の
ネオクラシカル様式美メタル
を演出、ベースのKaz氏、ドラムのYosuke氏もタイトな
プレイ
でバンドを支え、近年のアルバムから疾走曲を連発しておりセットリストも素晴らしい!
ネオクラシカル様式美の権化とされつつ、実は明るいポップなメロハー、歌謡曲然とした
メロディーラインのバラード
も目立つBLIND FAITHだが、やはりその本質はドラマティックに
疾走するネオクラシカルメタルである!
ファストチューンが素晴らしいのは言わずもがなだが、
様式美HM/HRのある意味真髄、シャッフルリズムの“Regeneration”がまたカッコいいな・・・!
途中でインストソロに加え、途中3・11という事で黙祷も挟み、 ケリー氏のVoも 正統派寄りの
“I Am Your Judgement Day”1曲のみだが披露、流石に超一流のYAMA-B氏と比較しては
いけないんだが、 彼も十分巧いと思うんだがどうだろうか!?

音響面もなかなかに聴き易い印象があり、そしてラストは本日の主宰バンドDRACULEA
中心人物である女性シンガー、"H.E.L"KAISER.Dracul女史とYAMA-B氏のツインVoで“Now Your Turn”をプレイ、
彼女のパフォーマンスについては後で記すとして、サポートアクト扱いでありながら
極めて完成度の高い、プロフェッショナルなライヴを堪能出来たわい!

そして本日の主宰バンドであるDRACULEAの登場である!どうやらバンドでは無く
中心人物の シンガー"H.E.L"KAISER.Dracul女史によるプロジェクトらしく、他のメンバーは
全員サポートとなっており、 ドラムは先のBLIND FAITHから続投のYosuke氏である。
ディズニーランドのアトラクションと言うか 宝塚なアピアランス
強烈な女性Voで、アーティスト写真は中性的と言うかヴィジュアル系のような出で立ちで、
いざ生で見るまでは普通に男Voだと思っておったわい(爆)。

その世界観はかなり濃厚で、ある意味胡散臭いシアトリカルさがプンプン漂っており、
MCは世界観作り込み系で最早何を言っているのかイマイチ判らんレベルである(笑)。
サポートメンバーがまたやけに多く、ツインギターにシンセ奏者、さらにバックVo
2人いる8人体制で、音楽的にはダークでシリアスなシンフォニックメタル
自称しては いるものの、実際には聖飢魔IIと言うか吉祥寺系と言うか、ジャパメタ臭漂う中に
ある意味J・A・シーザー的なアングラ舞台臭も感じられ、ギターはネオクラシカル系で
雰囲気自体は悪く無い
かも知れんが、このVoが相当に癖が強く、その上ピッチが
全然合っておらず
バックVoとズレまくりで実に気持ちが悪く、灰汁の濃さも相まって
個人的にHELICONのウヴェ・ヒーペン魔女化させたような印象を覚えたな(笑)。

途中ギター、ドラムのソロに加え唐突にイングヴェイの“Black Star”を披露、
カヴァーが一番盛り上がるようだとダメなんだが、幸い疾走チューンはそれなりに
メロスピ、クサメタルとして魅力があり
楽しめたのは良かったな。とは言え基本的には
スロー、 ミドル曲がメインなんで、Vo以外にそこで難色を示すリスナーも多いだろう・・・!


圧倒的な完成度のプロフェッショナル、BLIND FAITHと、ツッコミ所満点のDRACULEA、
共に様式美HM/HRスタイル俺好みのスタイルではあるんだが、言うまでも無く
ハイクオリティーなBLIND FAITHと比べて DRACULEAは・・・これもまた
愛すべきB級と言うか何と言うか、まぁ、無難にクオリティーの高いバンドが今は多いが、
ツッコミ所、問題点は多々あれどインパクト抜群の出オチバンドがあっても
良いんじゃ無いだろうか!?










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system