2017 7/26 TSUTAYA O-WEST PHANTOM EXCALIVER / THE冠




2017 7/26 TSUTAYA O-WEST PHANTOM EXCALIVER / THE冠



今月に入って長らく続いた個人的ライヴ月間も本日を持って一段落、夏場にあって有り難い事に
涼しい本日
にまた熱いライヴである!先輩バンドのTHE冠を対バンに迎え、PHANTOM EXCALIVER
待望の2ndアルバム“幻の聖剣”リリースに伴う発売同日ライヴを渋谷はTSUTAYA O-WESTにて慣行!
実はライナーノーツを担当したんだが、そういう関係者ヅラは捨てて客観的に
ライヴ感想を記そうでは無いか!


まずはTHE冠で、長いキャリアを持つ実力あるコミックバンドと聞いてはいたが、音源は未聴で
ライヴを観るのも今回が初であったが、噂にたがわぬ本格的な正統派HM/HRっぷりを存分に
放っており、同系統のバンドで言えばやはりSEX MACHINEGUNSが思い浮かぶんだが、あっちが
メロパワ要素もあるのに対し、こっちはあくまでもJUDAS PRIEST直系の正統派に徹しておる!

だがそれでも流石にコミックバンドだけはあり、お笑い要素はそこかしこから漂ってくる感じで
フロントマンにして中心人物の冠 徹弥氏は噂に聞いたTバックが眩しく、頭も眩しくMCもユーモラス、
曲中にまでMCが入り笑いを取る
辺りもまさしくコミックバンドなんだが、その実力は凄まじく
シンガー不在が嘆かれる国産メタルシーン
にあって異例の歌唱力を見せ付けておったわい!

さらに途中ゲストでPHANTOM EXCALIVERのKacchang氏が登場しツインVoを披露、Kacchang氏も
かつてはグロウル一本だったが、今や普通に歌っておりメタリックなハイトーンシャウト
見事にこなしており驚かされたわい! とは言えこのTHE冠、何だかんだでシンガー主体の
ソロプロジェクト感
がライヴからも漂っており、ギターソロが少ないのも相まって
バックバンドが些か空気だったのは否めないなぁ・・・!

そしてメインのPHANTOM EXCALIVERである!待望の2ndアルバムリリースと同日の
ライヴという事で、セットリストは2ndの楽曲が主体となっており、より青春メタルとしての
純度を増した、エクストリームメタル要素がありつつも明るくポジティヴで青臭い、
PHANTOM EXCALIVERでしか有り得ない圧倒的な個性
を強烈な演奏で叩き付けていく!
俺は上記したよう、ライナーノーツ担当としてアルバムの楽曲全てを既に聴き込み済み
頭の中に入っているが、結構ライヴのSEで流しているのもあってオーディエンスは
既にノリが良く、
早速のモッシュも散見されたわい!アメリカンロックテイスト漂う
“PURE METAL MAGIC”、タイトル通りサザンロック風“テキサス幻想”が彼らとしては
異色な曲調だが、HAWAIIAN6臭漂う青臭くもクサいメロディーが堪能出来る疾走チューン
“闘魂”、“青春爆走物語”、“ARMAGEDDON”こそが彼等らしい楽曲だな。

いつものアピアランスに加え、ジャケ通りに羽を生やしたフロントマン、Kacchang氏は
本日もパワフルかつ聴き易いグロウル、スクリームを披露、演奏も勢い重視な部分は
変わらずより引き締まった感じで、前までは後半でバテが見えた部分もあったが
今日は最後まで安定していただろうか!?やけにチャラいヘアスタイルとなった
Matsu氏のギターソロはやはり流麗だし、Voもハイトーンのキレが増しており
だいごろう氏のベース、トーマス氏のドラムもかなりデカく主張を感じられたな。

アンコールラスト、“THE REBELLION”では先のTHE冠からシンガー冠 徹弥氏が客演、
Kacchang氏はステージダイヴからなかなか復帰出来ず、最後の最後にまたひと笑い
誘っていたが、MCで熱い事を言っては涙ぐむのが定番となった感がある辺り
人柄が出ているだろうか!?だが今回意外だったのがついにセットリストから
“MOTHER EARTH”が外された事だろうか・・・!
この曲は彼等にとっての
HELLOWEENの“Eagle Fly Free”、ANGRAの“Carry On”、
RHAPSODY OF FIREの“Emerald Sword”のような立ち位置
だと思っていたが・・・!
・・・等と書き綴ってアレだが、何となくアンコール辺りで“MOTHER EARTH”やってたような気も
するんだよなぁ・・・!(爆)
イマイチ思い出せんが、俺も年だな(笑)。


何度もお目にかかっているPHANTOM EXCALIVERの安定感、成長振りは言わずもがなだが、
ファーストコンタクトのTHE冠のインパクトも強く、クオリティーの高いコミックバンド
心行くまで堪能出来たわい!青春メタル奇をてらった印象もあるPHANTOM EXCALIVER、
実は2ndの楽曲を初めて聴いた時はやや青臭くなり過ぎでHM/HRのストロングさ、
アグレッションが減退した
ようにも感じられたんだが、こうやって生で観てみると
何だかんだでしかとヘヴィメタルしており
楽しめたわい!果たしてこのままの勢いで
東京ドーム公演出来るのか!?
それは今後次第だな。










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system