2017 7/17 渋谷サイクロン MinstreliX / UNDHIFEAT




2017 7/17 渋谷サイクロン MinstreliX / UNDHIFEAT



先週に続いて今週もライヴである!先日はクサくもエクストリームなバンドの対バンだったが、
本日はメロスピ、クサメタルの対バンだ!言わずと知れた国内最強のクサメロバンド、
MinstreliX
UNDHIFEATをサポートに迎えてのシングルリリースに伴うレコ発、
ぶっちゃけシングルは個人的にピンと来なかったんだが、ライヴではクサさ満点の
過去曲を存分に堪能出来る
であろう!

10分程押してライヴがスタート、まずはオープニングアクトのUNDHIFEATで、過去にも
何度か観ておりお馴染みになりつつある感があるが、本日も勢いのある王道路線の
ジャパニーズメタル
をプレイ、ギターやベースもバックVoのみならず所々でリードVoもとり、
コーラスに定評のあるメロディックメタル
っぷりを存分に発揮していたが、ドラムが
なかなかに不安定
でハシったりモタったりしており、結構なバタバタ感が見られたな・・・!
まぁライヴならではの勢い、生々しさと捉えられなくも無いか!?音響はそれなりに
バランスが良かったな。前座なんで30分程度の演奏だったが、MinstreliXファンにも
十分にアピール出来た
だろう。

そしてメインのMinstreliXである!新シングル“Eternal Zero”リリースに伴うレコ発という事で
シングルからの曲を披露、個人的にポップ、キャッチー路線のメロディーラインにピンと来ず、
Leo Figaro氏の歌い回しも省エネ歌唱だったが、演奏は先のUNDHIFEATと比べて明らかに
安定感があり、
ハイトーンVoも美声だしTakao氏のギタープレイもやはり流麗でテクニカルだったが、
シンセとギターが全体的にやや小さい印象もあったかもな・・・!

過去曲もプレイされたが、一発目が“Chronostrings”から最も微妙な“陽炎”だったんで
ダラけてしまうも、その後はクサさ、劇的さに満ち溢れた、極めてMinstreliXらしい
珠玉のキラーチューン連発
で興奮したわい!パガニーニフレーズがお約束通りのクサさを放つ
“叡智の華”はやはり素晴らしく、“Tales Of Historia”からギターメインのインスト
“Venus And Adonis”
を挟み、本編ラストで披露されたバンド最強曲“Thirst For…”の
輝きは今も失われる事は無い!


アンコールでは残りのシングル曲に加え、“Awaken”ではアニメタルのようにメンバー全員が
それぞれ煽るパート
を設け、さらに余興的にオーディエンスからやって欲しい
有名メロスピチューン
を募り即興で披露する展開に!その流れで次のアルバムリリース、
さらに次のライヴでANGRAの“Carry On”を披露するという確約が結ばれる事になったんで、
次の東京公演を楽しみにして頂きたい!?そしてラストは定番の“Sky Flame”で終演、
この曲もポップ、キャッチー路線と言えばそうなんだが、メロディーがクサいので良いな(笑)。


今回も2組のみのライヴなんで大して疲れずに終わって何よりである(笑)。MinstreliXの
ニューシングルがあまりピンと来なかった事もあり、事前まで行くかどうか迷ったんだが、
行けば何だかんだで楽しめたわい!フルアルバムリリースも来年3月に決まった(?)ので、
次はMinstreliXならではの圧倒的にして芳醇な様式美クサメロの数々を期待したい所である!
ポップ&キャッチーなんざいらない!
俺達が欲しているのは哀愁&ドラマティックだ!











ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system