2016 11/20 目黒鹿鳴館 VOLCANO




2016 11/20 目黒鹿鳴館 VOLCANO



何気にLOUD PARK以来の久々なライヴ、本日はようやく観れるVOLCANOの
ワンマンだ!
今年リリースの新譜“Juggernaut”が前作“Melt”に続いて
圧倒的に素晴らしかったものの、レコ発ライヴには惜しくも行けず
涙を飲んだ・・・!だが時を経て今回ようやく足を運べる事になったわい!
ハコは去年にも行ったジャパメタの聖地、目黒鹿鳴館だ!

少し時間を押してのスタートで、若い頃のようないでたちの屍忌蛇氏の
姿が今観ると逆に斬新だが、それ以上にインパクトを放つ弾丸のような
勢い、突進力
を放つアグレッシヴなサウンドが炸裂!過去に何度も
彼等のライヴを拝んでいるが、本日も実に凄まじく凶暴ながら凄まじく劇的で、
ギターがはやはり素晴らしく良い音色でエモーショナルに慟哭しまくっておる!
NOV氏のヴォーカルもやはり異常なまでの鋭い切れ味を見せつけており、
MCも同じ声、声量、調子で捲し立てるためやかましい事この上無い!(爆)
AKIRA氏のベースもまたゴリゴリに唸る凶悪な重低音でバンドを支えているが、
バックアップグロウルはマイクのボリュームがやや小さく主張が弱かったのが惜しいな・・・!
前回観た時はメインの3人が凄まじ過ぎたのもあって劣りを感じさせたドラムだが、
今回はそこまで気にならずリズムに身を委ねられたわい!ややバスドラが
デカかったが、概ねバランスは良く聴きたい音をしかと聴け楽しめたな。

今年リリースされた新譜“Juggernaut”のツアーの一環と言えなくも無い
ライヴなんでセットリストは新譜主体だったが、長丁場のワンマン故に
過去曲も交え、
さらに屍忌蛇氏のギター、そしてドラムのソロタイムがあり、
やはり屍忌蛇氏のギターは泣きまくり慟哭しまくりで最高だったんだが、
途中タンゴ的な何かの曲を弾こうとするもフレーズを忘れたようで、
4回程やり直すが結局最後まで弾けず茶を濁したのはご愛嬌か!?

さらに途中でゲストキーボーディストを迎え、シンセ、ピアノ入りの
ナンバーを続けて5曲プレイ、
キーボーディストは何やら嬢メタルだか
アイドルメタルだか
のメンバーらしく、正直「VOLCANOの硬派なメタルに
女なんざいらねぇ、どうせ大した事ねぇだろ」
とハナっからナメて
かかったんだが、いざ実際聴いてみたら・・・確かにシンセはいらねぇな(爆)。
アドリブ入れる
にしてもチープな音色で曲を全然生かせておらず、
リードギターとユニゾンする部分なんかただ邪魔なだけじゃったわい!
音源通りのピアノは悪くなかったが、これも別に同期でいいしなぁ・・・!

アンコールでは定番のキラーチューン“Kill All Of Me”、“Volcano”をプレイ、
前者はリズムが大分ハシリまくりでソロ終わりのツインリードが崩壊しかかって
いたのもご愛嬌だが、
個人的に今回特に痺れたのが新譜ラストのバラード
“Coming Hill”
である!この慟哭、泣き、エモーションこそがヘヴィメタルの
バラードだ!
NOV氏の憂いある歌い回しも素晴らしく、適当にそれっぽい
いい加減なバラード
書いてアルバムに放り込んでるそこいらのバンドとは
圧倒的な格の違いを感じられたわい!


ワンマンながらそこまで長々と続いたわけでは無く、1時間40分程度だったが、
とにかく密度の濃い充実のライヴを存分に堪能出来たわい!パワフルで
アグレッシヴ、凶暴で凶悪、
それでいて叙情、慟哭、泣きを決して
失わないドラマティックなサウンド・・・これぞヘヴィメタルだ!
上っ面だけのなんちゃって3流ポーザー連中には
69万年かかっても出来ない上質のライヴに大満足である!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system