2007 7/28 秋葉原PAGODA 秋葉鋼鉄化計画 Mission.5




2007 7/28 秋葉原PAGODA 秋葉鋼鉄化計画
Mission.5



本来は予定外だったがたまたま休みが取れたので足を運ぶ事にしたライヴである!
国産正統派メタルバンドLIGHTNINGLONGINUSが参戦、
場所が地元なのと値段が安かったから、そしてLIGHTNING、LONGINUSの
メンバーの姿を以前M3で見かけたことがあるという動機で今回のライヴ参加に
踏み切ったわけである!他にもまだその名を聞かぬバンドも2組参加ということで
新人発掘もかねたライヴ参戦と相成った!

これまではライヴ前にいろいろ観光(!?)とかするのだが今回は
超が付くほど地元なので特にどこも観て廻る事も無く両国の
ブックオフで“スーパードクターK”を立ち読みし程よい頃合に到着。
ハコはなかなかに狭くアマバンが多くブッキングされそうな
雰囲気だったがとりあえず後ろの席について始まるまでまったりと待つ。
どうせ最初は無名のアマバンだろうしな・・・。

トップバッターはARATAというバンドで音楽的にはバラード多めの
メロハー
といった所だろう。一曲目からミドルテンポのハードロック
なかなかに挑戦的だと思ったらそれ以降はほぼバラード系だった(爆)。
哀愁を感じさせるパワーバラードはまぁ悪くは無かったがポップな雰囲気の、
ヴィジュアル系やJ-POPの流れを汲むライトな曲もあり
硬派メタラーにはウケが悪そうである・・・!ヴォーカルはハイトーン系
メロスピにはよく合うだろうがこういう音楽性なら中音域中心の
ハスキーなタイプ
の方がマッチするんじゃなかろうか!?
演奏テクもそれなり。ギターは頑張っていたがドラムが単調
ヴォーカルもハズし気味だった・・・。まぁこれからのバンドであろう。

2組目はFAKE DEATHというバンドで名前はどっかで聞いた事が
あるような気がしなくも無いが、音楽的には初期DARK TRANQUILLITYあたりを
思わせるブラスト多用の北欧慟哭型メロデスでなかなかに好みのタイプ
だったわい!シンセ奏者(女性)もおり北欧系の寒々しい雰囲気の演出に貢献していたな。
ヴォーカルは高音絶叫タイプで低音は弱いがシャウトはなかなか。
クリーンVoで歌うスロー曲もありそこでの歌唱はもろV系だった。
ただギターがイマイチ弱く音をハズし気味だったのが気になったな・・・!
楽曲は悪くなく十分楽しめたがMCが長くイタイタしいのでそこら辺を
改善してもらいたいのう・・・!そしてなぜか彼らのルックスは季節に
合わせたのか元々のコンセプトなのかは知らんが浴衣姿だった(爆)。
なぜ北欧メロデスなのに浴衣なんだ!?着流しで咆哮しまくる
ヴォーカルが恐ろしくミスマッチ異様な存在感を放っていたのは
いうまでもない(笑)。

そして3組目は待ってましたのLIGHTNINGだ!今回ヴォーカルが
都合で来れなかったらしく代打で国産シンフォニックメタルバンド、
MASTERPIECEのシンガーAgene氏
が参加!LIGHTNINGのヴォーカルは漢らしい
がなリ気味の声質
でパワーメタルにマッチしたタイプなのだが
MASTERPIECEは高音ハイトーン系だ。タイプの違うシンガーが
どう歌いこなすのか興味深かったがやはりヴォーカル、演奏ともに
これまでのバンドとはワンランク上のモノを見せ付けてくれ
ヴォーカルも安定、ギターも上手い!1曲目“Brave Heart”では
サビをデス声でがなるという新たな試みを見せリリースが待たれる
MASTERPIECEの次なるアルバムでのパフォーマンスに期待がかかるわい!
途中GAMMA RAYのカヴァーもプレイしメタル魂をアピール!
ただ他のバンドもそうだったのだがやはり狭いハコの限界
音響がよろしくなく特にギターの音が小さく聴き取り辛かったのが
残念だな・・・!中心人物IRON氏の超絶慟哭ギターをもっといい
プロダクションで聴きたかったわい!まぁそれでも演奏は上手かったがな!
要所要所でキメのポーズを繰り出す様もまたメタル!!
正統派漢メタルの熱き心意気をしかと感じ取ったぞ!

最後は正統派メタルバンドLONGINUSだ!彼らのプレイもまた上手く
特にギターがアルバムで聴けた通りタイトかつコンテンポラリーな
プレイ
を器用にこなす!唸るベースも良かったな。
新曲も披露し今後リリースされるオムニバス盤に収録されるとの事だ!
疾走する正統派メタルでいい出来だったぞ!ただ個人的に一番好きな
彼らの名を冠したキラーチューン“LONGINUS”のサビでお決まりの
フリ
みたいなのがあったのが解せぬ・・・!
っていうか個人的にフリ全部が好きじゃないのでな・・・!
お決まりのノリ方とかではなく基本的には好き勝手にノリたいというのが
俺の考え方なのだ。まぁこれは完全に個人的な意見なので聞き流してくれい!


そんなこんなで様々な意見、感想を述べたが一番気になったのは何より
客のノリの悪さではなかろうか!?メジャーから出してる大物(!?)バンド以外の、
こういった狭いハコでやるインディーズのライヴを知らない者が観たら驚きそうだが
だいたい盛り上がっているのは最前列のみであとは棒立ちなのだ!
めっちゃ盛り上がっているファンもいるのだが数は少ない・・・!studio coastやO-EASTあたりの
ワンマンで観られる盛り上がりは皆無!俺は基本的にライヴは暴れたい人間なのだが
周りが静まり返っているとビビってあまり盛り上がれないタイプの小心者なのだ(爆)。
よく言えば周りの空気が読めるが悪く言えば群集心理に弱い人間といった所か・・・!
逆にパンク系だとこれくらいのインディーズライヴの盛り上がりはハンパなく
ダイヴ、モッシュ当たり前、
その上客がみんなステージに上がり
マイクの奪い合いが発生、
シンガーがワンフレーズしか歌えないなんて事が
ザラである・・・!どうしたメタラー!音楽的にはパンクよりもずっと重く激しいはずだろう!
ライヴのノリで負けてどうする!知らない曲でも
ヘドバンしたほうが楽しいんだぞ!(爆)



そしてライヴは終了しFAKE DEATHの無料配布音源をもらって帰ることに。
500円前後なら金出してもいいと最初思ったが無料なので
有難く頂いた(笑)。このあと聴こうと思う!ホントはIRON氏に挨拶がしたかったが
結局姿が見当たらず断念しその場を立ち去る。
そしてライヴ前に食わなかった定番のハンバーガーをピクルス取って
食し岐路に着く。さて翌日のAdult Treasure EXPO 2007・・・
マキシマムザホルモンのライヴ
に備えなくてはな!ホルモンを観れる
数少ない機会・・・いや、最初で最後の生ホルモンかもしれんので
悔いを残さんよう楽しみたいものである!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system