2016 7/8 渋谷クラブクアトロ 聖剣伝説 Episode V 〜鋼鉄の果実〜




2016 7/8 渋谷クラブクアトロ 聖剣伝説 Episode V 〜鋼鉄の果実〜



奇しくも前回のBLACK EARTHと同じハコ、渋谷クラブクアトロでの新たなライヴは
去年くらいから告知されていたPHANTOM EXCALIVER主催のライヴである!去年の暮れに
ワンマンを成功させたが本日は競演バンドが3組おり、VOLCANOAILIPH DOEPA
良いがもう一組がベッド・インなる相当にキワモノ臭いネタバンドで、
最初てっきり音楽家では無くただのパフォーマンス集団かと思った程だ(爆)。
試聴してみた所まるでそそられず、タイムテーブルが発表されている事もあり
今回はAILIPH DOEPAを諦めVOLCANOから観始める事にさせてもらった(爆)。
AILIPH DOEPAは観たかったが、まぁそのうちお目にかかる機会もあるじゃろうて・・・!

そんなわけでVOLCANOから鑑賞、タイムスケジュールが発表されていたが、
やや押してのスタートで去年リリースのアルバム“Melt”からの楽曲をメインに
硬派なアグレッション漂うタイトなパフォーマンスを披露、本日出演バンド中
唯一のシリアスな(真面目な)バンドで、ベテランのプロフェッショナルが集まった
超実力派バンドでありつつ日によって結構ムラもあったりするんだが、
本日はニューアルバムのレコ発が控えているからか実にタイトで凄まじいライヴであった!
屍忌蛇氏によるトレードマークの慟哭ギターツインリードでより効力を発揮し、
NOV氏の超アグレッシヴかつ正確極まりないヴォーカルワークも相変わらず
凄過ぎるわい!まぁラスト曲“KILL ALL OF ME”でやや省エネ歌唱にはなっていたが、
それでもやはり凄まじい!ベースもゴリゴリに唸っていたが、ドラムはどうも
精細を欠く感じでバスドラ等のモタつきも見られそこが惜しい部分だったな・・・!
音響はかなり良く、各楽器、Voが鮮明に聴こえて来たのが嬉しい所である!
新譜リリース前ながらレコ発が控えているため、あえて新曲はプレイされず
そこも惜しかったか!?


そして本日メインがPHANTOM EXCALIVERである!熟練のVOLCANOとは間逆の、
若いバンドならではの勢いに任せたパフォーマンスだったが、だからと言って
雑なわけでは無くむしろMatsu氏のギターは流麗さも見られ、トーマス氏のドラムは
VOLCANOよりもタイトでだいごろう氏のベースもかなりデカい音で目立ちまくっていたな・・・!
ただヴォーカルは結構埋もれており、特にMatsu氏のハイトーンが引っ込んでいたのが
惜しい部分か!?Kacchang氏はハイピッチのスクリームに切れを見せていたが、
逆にグロウルの比率が減った感じで所謂デスメタルの典型的デスVoから
さらに遠ざかっており、そこが逆に聴き易さに繋がっているのかも知れんな・・・!

まだフルアルバムを1枚しか出していない若手バンドだけに、一通りの代表曲を
ガッツリプレイし、
さらに次作に収録されるであろう、今現在動画公開のみの楽曲である
“ARRMAGEDDN”、“Destiny〜人生に捧げたHeavy Metal〜”も披露され
彼等らしいポジティヴさ満点のクサメロを纏い爆走!青春メタルとすら称される
このサウンドは斜に構えたリスナーからは青臭いと鼻で笑われるだろうし、
俺も暗黒の10代(笑)を送って来た身としてはこういうポジティヴ過ぎる
メッセージ
はとても口に出来んが、不安を煽りカネ儲けを企む
サイコパスがトップに立ってる
この国が腐敗の頂点
極めて久しい昨今、こういうポジティヴ過ぎる正義バカバンドがいてもいいじゃないか!
ましてや今の同人音楽シーン、リスナーを平気で騙す詐欺サークルが
横行しているような腐った現状ならな!!!(爆)


完全未発表の新曲も2曲披露され、1曲はスラッシュメタル的な勢いある
ファストチューンで、出だし等どこかLIGHTNINGっぽい印象があり、明るさが
売りの彼等にしてはシリアス寄りだったな。もう1曲はかなり異色な感じで、
アメリカンロック的な明るいシャッフル曲に仕上がっており、
なかなかに賛否分かれそうな楽曲だったがこういう引き出しもバンドマンには必要か!?


金曜とは言えバリバリのド平日だけに集客面は前回のBLACK EARTHに及ばぬ
レベル
だったが、7〜8割は埋まっており個人的にはこれくらいの集客数のほうが
観易くて良いな(笑)。全バンドを見た訳では無いが、ベテランの風格
存分に漂わせたVOLCANOに若さ全開で勢いを見せ付けたPHANTOM EXCALIVERと、
異なるタイプながら共にアグレッシヴでメロディアス、共にある意味非常に
HM/HRらしいサウンド
を聴かせてくれるバンドを存分に楽しめたわい!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system