2016 5/7 吉祥寺クレッシェンド Veiled in Scarlet




2016 5/7 吉祥寺クレッシェンド Veiled in Scarlet



先日に続いて本日もまたライヴである!昨日は(個人的にはそうでも無いが)長丁場の
イベント的ライヴ
だったのに対し、本日はワンマンで、国産メロディックデスの
トップに君臨する激クサバンド、Veiled in Scarletのレコ初である!最新アルバム
“Reborn”の評価が極めて高いため注目されていた本日だが、シンガーのMiKu氏が
喉のトラブルで参加出来ず、
サポートで今回はDeGRACEのKiske氏がフロントに立つ他、
スペシャルゲストでかつて伝説の前身バンド、SERPENTのシンガーだったKen氏
参加するとあってはSERPENTナンバーを期待してしまうわい!果たして何曲やってくれるのだろうか!?

予定を10分程押してようやく幕が開きライヴがスタート、Kiske氏のパフォーマンスは
初めてお目にかかるが、メロディックデスのVeiled in Scarletにマッチした獣性ある
グロウルでアグレッションを放出、
やはり俺はこういうパワー、勢いがあるほうが
好みなんだが、Veiled in Scarletの真価は慟哭しまくり劇的に絡み合うツインギターである!
相当に泣きまくりでエモーショナルなパフォーマンスを見せており、複雑で緻密なプレイ
鮮明に聴き取れ、また今回ここのハコには珍しくギターが埋もれるような事も無く、
全体的にバランスが良くドラマティック極まりないキラーチューンの数々を存分に堪能!
演奏も良く相当に水準の高いサウンドを楽しめたわい・・・!

長丁場のワンマンだが、よくあるドラムソロの類いは無い代わりに1stのアウトロ曲
“Dividing line”をオケにツインギターが泣きまくるソロタイムがあり、
これがまた実に素晴らしい泣きっぷりであった!Veiled in Scarlet最大の魅力は
こういう構築されたソロなのだ!

そしてライヴ後半でSERPENTのシンガーKen氏が登場、プレイされたのは我らが期待する
SERPENTナンバーである!
音楽的にはVeiled in Scarletとそう大差は無いが、SERPENTは
まさしく俺らにとって青春のバンドだからな・・・!テンションが無駄に上がるのも
当然じゃろう!2ndの曲主体だったが1stからも“Bloody Gates”がプレイされ、
Veiled in Scarlet同様の徹底的に構築されたドラマティック極まりないギターには
興奮を禁じ得んわい!最高だ!Ken氏のグロウルはKiske氏と近いタイプだが、
よりデスメタル色濃い感じで、ルックスもステージングも獰猛な印象があったな・・・!
そしてアンコールラストはツインVoで盛り上がりまくりのまま幕である!

ワンマンと言う事もありとにかく充実しまくりのライヴじゃったわい!これだ!これこそ
俺達が本当に聴きたいHM/HRなんじゃい!イマドキのチャラいポストハードコア、
脱メロデスしちまって久しいメタルコアでは無い、本物の叙情、慟哭、激情を見せ付ける
メロディックデスメタル!これぞHM/HRの醍醐味よ!くだらない流行なんざクソ食らえじゃ!
ヘヴィメタルとは本来チャラチャラしたミーハーの小僧っ子どもが聴くような安い音楽じゃない!
高度な演奏、パフォーマンス、そして楽曲が一体化した真の芸術なのだ!Veiled in Scarletは
それを高いレベルで体現してくれるバンドの一つと言っても過言では無いな・・・!


ただ今回意外とそこまでガッツリとプレイされたわけでは無く、アンコール入れて1時間半と、
思っていた程長くやった訳では無かったな・・・!本来ならフロントに立つハズだったMiKu氏
もしトラブル無くステージングを見せていたら果たしてどんなパフォーマンスになっただろうか!?
まぁそれは次のお楽しみという事で、今回は逆にレア度の高いライヴだったな・・・!
この期待値、クオリティーでもソールドしなかったというのもかなり意外だが、
それでも客入りは上々で、昨日もクラブチッタでは無くこの規模だったら
大入りの成功ライヴ
となったじゃろうに・・・!しかし良きパフォーマンスであったわい!
音も演奏も良く、楽曲も最高で今年ベストライヴの一つと言えるだろうな・・・!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system