2015 12/4 目黒鹿鳴館 VOLCANO / GYZE / ゼ[Ze]




2015 12/4 目黒鹿鳴館 VOLCANO / GYZE / ゼ[Ze]



2015年も残り1ヶ月を切った中のライヴである!本日はVOLCANO、GYZEと言う
あまりにも美味し過ぎるラインナップでさらに前座でゼ[Ze]なるバンドも登場、
ハコは個人的に超久々の目黒鹿鳴館である!2007年のHIZAKI grace project以来だから
およそ8年振りだろうか・・・!あの時はフロア中央に無駄に陣取る座席クッソ邪魔で
悪印象しか無かったが、
不評だったのか今は撤去されており快適に観れたわい!

まずは前座のゼ[Ze]で、知らないバンドだったがそのサウンドはまさしく80年代から
抜け出してきたかのような正統派
で、フロントマンは外国人っぽいんだが英語、日本語両方で
流暢にMC
しており、最後まで人種が分からんかったがバンドのパフォーマンス自体も
外タレ感漂う感じの正統派HM/HRで、ツインリードに外国人感漂うハイトーンVoとなかなかに
説得力があり
良かったが、日本語曲は何故かネタ歌詞SEX MACHINEGUNS感が
漂っていた
のが意外だな。ラストはHELLOWEENの“I Want Out”のカヴァーで盛り上がり幕となった・・・!

続いてがGYZEで、何気に観るのは久々だが以前と変わらぬ3ピース叙情クサメロデスをプレイ、
よりクサさに特化した2ndの楽曲が比較的多めで、ギタープレイ等勢いが見られ良かったんだが
やはり3ピースの限界か音の密度は薄く、さらに曲もメロディー重視なのは良いんだが
リードギターばかりでリフが無くエクストリームメタルとしては実に物足りんわい!
今回全体的にギターが小さくドラムがやけにバカデカいのも影響が大きかったな・・・!
だがそれでも曲はクサくオーディエンスも盛り上がっており、サークルピットに続き
ウォールオブデス
まで起きていたわい!

そしてトリがVOLCANOだ!今年7月に続いてのライブで、やはり新譜“Melt”からの曲が多く、
そのパフォーマンスは今回もまた半端では無く先の2組とは比べものにならない程にタイトで
強靭極まり無いアンサンブル
を披露しており凄みを存分に見せ付けまくっておる!
やはりギターが小さくそこが気になったが、途中から改善され聴き易くなったのも良かったな。 
屍忌蛇氏の慟哭ギターも最高だが、NOV氏のパワフル極まり無いVoも相変わらず凄まじく、
一体どんな喉してるのか胃カメラで覗きたくなる程じゃわい!そしてアンコールの最後で
GYZEのRyoji氏
を呼び、トリプルギター“KILL ALL OF ME”をプレイして終了、
サークルピットも発生していたが、あまりにも小規模エモい心境になったわい(笑)。


ゼ[Ze]が意外にも俺が結構好きなタイプの80年代正統派HM/HRをプレイし好印象で、
GYZE課題を残しつつ熱いパフォーマンスを見せてくれたが、やはりVOLCANOが
圧倒的な凄みで全部持っていった感がある一日
じゃったわい!これぞベテランの
プロフェッショナルの実力である!
まぁリハ不足の時は結構荒かったりもするが、
本日は文句無しのライヴであった!若手バンド達も研鑽を積み場数を踏んでここまでの
領域に到達して頂きたいモンじゃて・・・!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system