2015 10/10 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK15 一日目




2015 10/10 さいたまスーパーアリーナ LOUD PARK15 一日目



年に一度のメタルの祭典、LOUD PARKの季節が今年もやって来た!今回は10周年記念と言うことでここ最近
トリがドタキャン等失態続きのクリマンも気合いを入れてきたのか、何時に無く豪華なラインナップでトリもNOキャンセル、
かなりいい感じなんだが3ステージ制と言う事でものの見事に観たいバンドが被りまくっており、メタラーの気持ちが
全然判って無い感がやっぱクリマンらしいんだが(爆)、何だかんだで行けば確実に楽しめるのがLOUD PARKよ!
今回も存分にメタルシャワーを顔射されまくってくるぜ!

初日の一発目はまずGALNERYUSからスタートだ!彼らのライヴを拝むのも久々な感じだが、やはり相当にテクニカルな
アンサンブル
を繰り広げておりSyuのギターもワウ半開きが基本でテクニカルなシュレッドから泣きまで柔軟にこなしており、
小野正利もやっぱ上手いのう・・・!メインステージから離れたサブステージだが何気に音も良く聴き易さがあり好印象だが、
やはり朝からだと明るくてメタルのステージには合わんなぁ・・・!今年12月にリリースされる新譜から1曲新曲がプレイされ、
これもなかなかにクサく疾走するメロパワチューンで良かったが、同時に何故俺がヴォーカルチェンジ後のGALNERYUSに
あんま興味が沸かなくなった
のかも判ったな。何かポジティヴな明るさが目立っているからだろうなぁ・・・!ラストで披露された
3rdのキラーチューン“Braving Flag”はやはり最高だったからな・・・!

その後はOUTRAGEのタフで無骨なステージをボンヤリ眺めたりしつつ時間を潰し、METAL ALLEGIANCEのパフォーマンスを観る事に。
メタルシーンのビッグネーム揃いのスーパーバンドで、アルバムだとかなりエクストリームメタルな印象があったんだが、
ライヴでは意外と正統派、スラッシュメタルな感じで、しかもカヴァー曲が多くBLACK SABBATHの“Heaven and Hell”
IRON MAIDENの“Run to the Hills”、METALLICAの“Seek and Destroy”等をプレイ、ある意味コピバンな感じだったが
DEATH ANGELのマーク・オゼグエダによるVoがなかなかに上手くロニー感を結構出せており、マイク・ポートノイのドラムもインパクトあるなぁ・・・!

続いて観たのはALL THAT REMAINSで、ポストハードコアでは無い、昔ながらのメロデス系メタルコアを今に受け継ぐ
バンドだがここ最近は結構ユルい方向性になりつつあり危機感もあるが、ライヴではちゃんとメタルコアしており
ツインリードがいい感じ
だったな・・・!結構ヴォーカルが微妙な感もあったが、まぁ何だかんだで上手い
バンド
なんで楽しめたな。とは言え途中で抜け出してチラッと観たANTHEMのほうが演奏、ヴォーカル共に段違いで
遥かに上手かった
のだが・・・!(爆)森川のシャウトは実に凄まじいわい!ALL THAT REMAINSに戻った丁度のタイミングで
キラーチューン“This Calling”が観れて良かったな(笑)。

そして暫し合間を開けてのHAMMERFALLである!北欧産の奇をてらわない正統派HM/HR心地良いサウンドではあるが、
やはりよく言われている通りヴォーカルが頼り無く、演奏もそれなりでキャリアはあれど良くも悪くもB級感が
強いバンド
だろうか!?そんなわけで途中からTESTAMENTを観たが、こっちはドラムがかなり手数多く目立っており
ヴォーカルがやけにボリュームがデカい感じ
だったなぁ・・・!どっちのバンドも正直そんなに思い入れは無いが、
ライヴ向きなのは明らかにTESTAMENTだな。

続いてはANTHRAXで、本日何気にスラッシュメタル勢が多く彼らはこの手のバンドの中でもビッグ4なだけあって
超大物もいい所である!だが普通に上手く歌えるヴォーカルの影響か正統派HM/HRな印象も強く、
さらに“Madhouse”、“Caught in a Mosh”初期の代表曲を前半で連発、心置き無く途中で抜けて
ROYAL HUNTを観に行けたな(爆)。


そんなわけでROYAL HUNT、D.C.クーパー復帰後一気に質を上げてきたが、本日もタイトなパフォーマンス
やはりD.C.クーパーは滅茶苦茶上手いのう・・・!ステージアクションこそ微妙なれど、レンジの広さや伸びは
かなりのもので楽曲もD.C.クーパー在籍時の良かった頃の曲を多々披露しており楽しめたわい!

だが途中でCHILDREN OF BODOMを観るため後ろ髪を引かれつつ離脱、ライヴは荒さ、勢い重視なスタイルで長く
やっているが、この日は前に観た時よりもさらに荒くなっており、リズムも結構雑でタイトとはとても
言えない
んだがアレキシのVoは大分アグレッションが増しており良かったな。そして何よりセットリストが
かなり嬉しい事になっており、初期曲も多々披露されユル〜い日本語MCの後に“Hate Me!”、そしてまさかの
1stから“Lake Bodom”がプレイされ、かなりテンションが上がったんだがやはり演奏は荒かったなぁ・・・!

CHILDREN OF BODOMが良セットリストでGAMMA RAYが15分位しか観れず、“Heaven Can Wait”をとりあえず
楽しんだがカイは今回も省エネ歌唱気味だっただろうか!?そしてARCH ENEMYを鑑賞、LOUD PARKでしょっちゅう
観ている
印象があるが、今回は何とゲストでヨハン・リーヴァ、クリストファー・アモットが参加するとあっては
見逃す手は無いだろう!比較的速い段階で登場し初期曲を披露、アリッサVoだと今風エクストリームメタル
感じだが、ヨハンVoだと途端にデスメタルな空気が漂うな・・・!結構幅広いセットで“Ravenous”、“Nemesis”
キラーチューンを連発、トリ前優遇かパイロが上がり、ステージ後にはモニターがありリリックビデオが流され
視覚効果も良好、演奏もタイトでラストはアリッサ、ヨハンのツインVoにクリストファーを交えてのトリプルギター
“Field Of Desolation”がプレイされラストの畳みかける激泣きギターソロに満足じゃわい!
間違い無く本日のベストアクトだ!

そして初日のトリがSLAYERである!これで4回程LOUD PARKで彼らを拝んでいるが、その間メンバーチェンジもあり
今は亡きジェフ・ハンネマンに代わってゲイリー・ホルトが、そしてドラムもデイヴ・ロンバードでは無く
ポール・ボズタフである!先のARCH ENEMYと異なりトリでありながらもステージは簡素と言える位シンプルで、
アンサンブルはどこかハシり気味な印象があり、あまりカッチリした感じでは無くそこの所でデイヴを惜しむ
メタラーも多かろうて・・・!
ギターに関しては違和感は無く、トム・アラヤもヘドバンとハイトーンが
出来なくなった
だけで普通に声は出ており、何だかんだでやはり貫禄を感じさせるステージングじゃったのう!
やっぱここでSLAYERを観るとを感じさせるわい!LOUD PARKとSLAYERの季語は秋じゃ!俳句で使えるぞ!(笑)


こうして初日は終了、年に一度の祭典だがやはり疲れが溜まるのも事実よ・・・!俺もよく昔は丸一日
モッシュ
しとったもんじゃて・・・!今回特に良バンドが集まっていたからか客の入りはかなりのもので、最終的には
アリーナ自体に入場規制がかかる程だったからな・・・!とりあえすは翌日に備えて英気を養おうでは無いか・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system