2015 9/5 原宿アストロホール 六弦アリス




2015 9/5 原宿アストロホール 六弦アリス



中途半端に暑く涼しく、秋になりそうでまだまだならないこの季節だが、一足早くエモい秋を
感じたい
俺らにはそういうライヴがうってつけである!先日メジャーデビューを果たした
ばかりのベテラン、六弦アリス
による久々のワンマンで、ハコは原宿アストロホール
2年前にワンマンをやったのと同じハコである!前回は途中で映像を流す時間が長々と続き
「ライヴ」としてあまり楽しめず賛否両論真っ二つだったんで不安も残るが、
果たして今回はどんなパフォーマンスを披露してくれるのであろうか!?

そんなわけで2〜3分程押してのスタートで、ステージには映像を映すための幕がかかっており
その奥でバンドはパフォーマンスすると言う、前回の流れを汲んだステージングとなるも
賛否分かれた(否ばっかだった?)、ライヴ途中で映像を3〜40分流すという展開は無く、
最初から最後までキッチリとバンドのパフォーマンスのみで展開しており、そこが最大の
改善点
だったのう・・・!やはり俺等ライヴ観たいメタラーにとってああいう演出は
演る側にとっては重要
なのかも知れんが、正直求められていないからなぁ・・・!

だが正直言ってバンドとしてはまだまだで、ライヴ慣れしていない感が凄まじく曲間、MC、煽り等
未熟さが目立っていたんだが、最大の問題点は櫻井アンナ嬢の歌唱スキルだろう・・・!
アルバムでは高い歌唱力に定評があり、エモーショナルで見事なパフォーマンスを魅せて
くれているのだがライヴでは全然声が出ておらず、ピッチも相当に危うくアマチュア臭さが
まったく隠せておらずかなり厳しい感じじゃったわい・・・!後から聞いた所PAに問題があり
自分の声が全然聴こえない状態
だったらしいが、それでもこのパフォーマンスは擁護出来ん
レベル
だなぁ・・・!だが演奏自体はタイト音響バランスも良く、序盤こそ硬さが見られるも
次第に良くなっていき、特にギターのYOUKI氏がかなりテクニカルで流麗なシュレッド
バシバシ決めておりメタラーはそこに満足感を覚えた事じゃろう!

ライヴ前半はメジャー1st“Secret Twilight Theater”の楽曲をアルバム順にプレイ、
途中ダンサー二人をステージに配し視覚面に重きを置いた演出をしていたが、やはり映像を
写す為の幕が邪魔にもなっておりバンドの姿が見えにくいというのは諸刃の剣じゃな・・・!
ダンサーのパフォーマンスも見え辛くなっていたし、俺等メタラーはバンドのパフォーマンス
見たいし、“エミリー・ザ・ストレンジ”“アドベンチャー・タイム”のマーセリンが
好きなタイプのゴサー
メンバーのルックスを楽しみたいじゃろうて・・・!

そしてアルバムの曲が全て終わると幕が無くなりようやくライヴらしい雰囲気が出てきたが、
ドラムソロ等がやけに長く
そこで流れが途切れた感があるだろうか!?その後は過去曲をプレイ、
初期の曲はやはり今聴いてもかなりのクサさでたまらんが、それだけにヴォーカルがもっと
ちゃんと歌えていたらなぁ・・・!
いざ映像に頼らなくなるとステージが急に味気無くなり、
この辺もライヴ慣れしていない感がモロに露呈しちまっていた部分だな。本編ラストでは
アコースティック的なセットも披露され、アンコールは二回あったが櫻井アンナ嬢が
出てくるまでの間がクソ長く、そこで思い切り微妙な空気が流れてしまったのも
不慣れ感プンプンだったなぁ・・・!


二時間半の長丁場でワンマンらしさを見せ、お腹一杯のボリューム感があったんだが、
やはり経験の浅さがモロに路程しており現段階ではかなり厳しい意見にならざるを得ないな・・・!
ステージ運び、間の取り方、ヴォーカル等課題は多く、全体的に見て「メタルバンドのライヴ」では無く
「ゴシックプロジェクトのコンサート」な感じが強かったが、まぁ実際ガチのメタルバンドという訳では
無いんでこんなモンだろうか!?ただオーディエンスもガチのメタラー揃いでは無いためかあんま
ライヴ慣れしていない
感じで、トータルで観て演る側も観る側も不慣れだったと言うのが結論か!?
俺も原宿行くのはあんま慣れてないしで、誰もが不慣れな一日じゃったわい!(爆)今回見られた欠点を
克服するには何より場数を踏む事だけなんで、ワンマンもいいが他のバンドと積極的に対バン等して
経験を積んでいくのが一番
じゃろうて・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system