2015 7/5 渋谷サイクロン PHANTOM EXCALIVER / Imperial Circus Dead Decadence




2015 7/5 渋谷サイクロン PHANTOM EXCALIVER / Imperial Circus Dead Decadence



ファッキン梅雨で雨ばっかなこの週末に夏を先取りし過ぎて女に飢えた童貞野郎
「先っちょだけだからいいだろ〜」とか言い出すようなレベルで熱過ぎるライヴが
今ここにおっ始まる!
今最も勢いのある若手バンド、PHANTOM EXCALIVERのレコ発
ワンマン
という体制ながらサポートを務めるのが、ライヴ3年振りにして本ライヴを
ソールドアウトに追い込んだと言える、同人エクストリームメタル界の頂点
Imperial Circus Dead Decadence
である!クサメタラー、エクストリームメタラー、
そしてゴス系のギークをもファンに抱える超実力派だがPHANTOM EXCALIVERも
当然ながら負けてはいない!
これぞジャパニーズメタル界のアベンジャーズ VS X-MEN!
エイジ・オブ・ウルトロン!マッドマックス 怒りのデスロード!

まずは10分押してImperial Circus Dead Decadenceの出番である!サポートアクトとの
立場ながらフルセットのライヴでエクストリーム系クサメタラーが激しく期待しまくる中
メンバーが登場、ツインギターに加えヴォーカルが3人と、狭いステージの上で大所帯な中
シアトリカルさ満点のパフォーマンスを披露!ドラムがやや大きくギター、ヴォーカルが
ちょい引っ込み気味な印象があるも、それ程気になるレベルでは無くアグレッシヴかつダークな
世界観
を演出、V系的でありつつゾンビメイクでゴツさを放っており、ライヴの本数の少なさを
感じさせないオーラを漂わせ説得力がしかとあったのう・・・!ベースがあまり目立っていなかったが
ツインギターはテクニカルで、中心メンバーのリブユウキ氏のステージングは何度かお目に
かかっているが
今回もグロウル、ピッグスクィールが特に良かったな。女性Voが入ってくる所が
エクストリームメタルでありながらサンホラ風で、そこが俺らメタラーのみならずナード、
ギーク側の人間にもアピールする部分
だろうか!?途中思い切りDIRの京に影響受けたような
変態的な喚きシャウトソロタイムがあるも、音楽的によくあるただのフォロワー勢と大きく
異なっている部分
も強みじゃろうて・・・!ソールドアウトで混雑しまくりな中サークルモッシュに
ウォール・オブ・デス
まで起こり彼らが本格派のエクストリームメタルバンドであるという事を
伺わせてくれるのう!サポートながら60分の濃厚なパフォーマンスでお腹一杯になれたが、
次にフルアルバムをリリースした際には是非とも彼らにもワンマンをやって頂きたいモンじゃて・・・!

そして本日メインとなるPHANTOM EXCALIVERの登場である!5月に観た時は腕相撲やって腕を
骨折
しており、ギプス装着でステージに立っていたシンガーのKacchang氏だが、流石に今回は
NOギプスで熱きステージングを慣行!彼以外のメンバーはそれ程ルックスに派手さは無いんだが、
ICDDよりも場数を多く踏んでいるだけあってオーディエンスを掌握するのはこっちのほうが上手で、
相変わらずMCが滅茶苦茶面白くマキシマム ザ ホルモンのそれに匹敵するんじゃ無いかと思える
レベルである!勿論それだけは無く演奏もタイト、いや今回改めて観て驚いたのがコミックバンドに
見せかけて演奏がかなりハイレベル
であるという事だ!流石にワンマンの長丁場だけあって
Kacchang氏やギターヴォーカルのMatsu氏のVoは後半バテ気味な所があったが、バンドとしては
かなりタイト
でMatsu氏のギタープレイもかなり流麗だったな・・・!ベースもこっちはかなり
前に出ており
これもまた好印象である!リリース目前のフルアルバムからの楽曲が多く、
オーディエンスにとっては未知の曲ながらガッツリ盛り上がっていたが、先のICDDと違って
曲自体にデスメタル要素は薄いからかモッシュ等は起こらず、正統派HM/HR的なノリだったのが
印象的だったな・・・!何気に彼らの定番である“ペガサスファンタジー”のカヴァーもプレイされ、
最新PVがまた面白い“鋼鉄の誓い”、さらにアンコールで代表曲“MOTHER EARTH”が披露され
およそ80分に及ぶライヴは終了と相成った!


同人メタル界のカリスマと近代ジャパメタシーンで今最も盛り上がりを見せている若手バンドの
真っ向からのぶつかり合いが実に熱い1日であったわ!ダークで退廃したシアトリカルな世界観を
演出するImperial Circus Dead Decadence
もクールだが、面白可笑しくも愚直な熱さ
叩き付けるPHANTOM EXCALIVERもまた実に熱い!タイプはまったく異なる両者だが、俺等メタラーは
「クオリティーの高いHM/HR」であれば多少のジャンルの差は気にせんのじゃ!
同ジャンルで固めるのがセオリーなんだが、これくらい振り切ってもバチは当たらんじゃろうて・・・!
同日にTHOUSAND EYESHONE YOUR SENSE、SERENITY IN MURDER等が一堂に会する、
これまた超熱いライヴが同じ渋谷であったんだが、本日こっちをチョイスしたメタラーは何の後悔も
無かった事だろう!
俺もその一人さ。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system