2015 6/8 渋谷duo MUSIC EXCHANGE FLESHGOD APOCALYPSE / NE OBLIVISCARIS / PSYCROPTIC / EYE OF THE ENEMY




2015 6/8 渋谷duo MUSIC EXCHANGE FLESHGOD APOCALYPSE /
NE OBLIVISCARIS / PSYCROPTIC / EYE OF THE ENEMY



梅雨の季節のド平日にエクストリームメタルの激熱ライヴである!前回の来日ではチケットが
ソールド
で観れんかったFLESHGOD APOCALYPSEの再来日じゃ!他にも熱いエクストリームメタルバンドが
文字通りの梅雨払いをしてくれるが、やはり俺の目当てはFLESHGOD APOCALYPSEよ!ハコは
渋谷duo MUSIC EXCHANGE、何気に久々に足を運ぶが相変わらず柱がジャマでならんわ!

そんなわけで平日ながらに十分な混雑振り余計に柱がウザい本日のライヴ、
まず前座でDARK ECHOなる日本の(?)バンドがプレイしており、知らんバンドだったが音楽的には
ハードコア寄りのメタルコアな感じで、非デスVoのダミ声Voにツインギター
チャラさの無い硬派な感じで攻めており、リードギター達者さを見せ
流麗なシュレッドや泣きのソロを披露しており、曲はまぁ普通な感じだったが好印象だったな・・・!

そして本チャン一発目がEYE OF THE ENEMYである!これまたツインギターで、ヴォーカルがルックス的に
相当にイカツく、動きも迫力満点
でやはりこういう部分では国産バンドよりもマッチョな
外タレに軍配が上がる
のう・・・!曲はアルバム通りの比較的ストレートなメタルコアだが、
やけにドラムと言うかバスドラがデカく、ギターやヴォーカル等他の音が埋もれ気味だったのが
気になったなぁ・・・!アルバム通りギターソロが無いのもメタラー的に残念な部分だし、
ギターという観点から見ると先のDARK ECHOのほうが充実しとったなぁ・・・!

2組目が早くも登場のNE OBLIVISCARISである!ツインVoでそれぞれデスとクリーンを分け合い、
しかもクリーンVoのほうはヴァイオリンも兼任する実力派のプログレッシヴメタルで、
OPETHに通じる幽玄な雰囲気を放ちつつブラックメタル的な禍々しさも見せており、
そこまでメロディー自体にフックがある訳では無く、長い曲も多いんでこの空気に浸れないと
ダレてしまう印象もあるんだが、やはり生のヴァイオリンは実に美しく存分に楽しめたわい!
演奏はかなりタイトでクリーンギターのアルペジオ等美麗さを感じさせ、音響もなかなかに
マトモになって来ていたか!?


そして3組目がPSYCROPTICで、本日唯一のシングルギターなんだがそのテクニカルさたるや
間違い無く本日最高レベルじゃろう・・・!ハイテンションかつ緻密なテクデス
アルバム通りの一糸乱れぬタイトさで見事に披露!ギターも細かいフレーズ、刻み
実にキレが良く、エクストリームメタルにあって極端にチューニングを下げる事も無く、
オーソドックスな聴き易さのあるキレイな音
を出しておったわい!ヴォーカルがやや
一本調子のグロウル
だったが、それも大して気になるレベルでは無いか!?音響が
さらに向上しており、ヴォーカルもギターもドラムに負けじとデカくなっていたのが良かったな。

そしてトリを努めるのが俺にとってもメインであるFLESHGOD APOCALYPSEだ!前回の来日公演はチケットが
ソールドアウトしており
観れずに涙を飲んだからな・・・!ツインギターにシンセ(ピアノ)、
さらに女性ソプラノVoまで帯同しての大所帯で、最初こそまた音響バランスが悪く
感じられたが、
同期音源による荘厳極まりないオーケストレーションを伴って繰り広げられる
シンフォニックデスメタルはまさしく圧巻!ハイトーンのクリーンVoやソプラノがリヴァーブ強すぎな
感じ
もあるが、何よりこの劇的極まりないサウンドに酔い知れる事が出来ればそれでええんじゃ!
メンバーのルックスもまたタキシードに白塗りと非常にカッコ良く、世界観をキッチリ演出しており
曲毎にSEを挟み
普通なら間延びした印象になりそうだが、彼らの場合はそれも世界観の
演出
としてすんなり観れるのう・・・!サウンドは激烈でドラムのバスドラが凄まじく速く
まるでミシンのようだが、ギターソロはかなりエモーショナルな泣きなのもまた良いな!


全4組、いや前座を入れて5組で、いずれも良きパフォーマンスだったがそれでもやはり
FLESHGOD APOCALYPSEは頭一つも二つも抜きん出ており、俺のようなエクストリームメタルも好きで
さらにシンフォニックメタルクサメタルも好きなニッチ野郎の願望を纏めて
叶えてくれるバンド
である!ここ最近は彼らのフォロワーみたいなバンド
チラホラ出て来ておりなかなかに良質なシンフォニックデスコアを聴かせてくれるが、
やはりオペラ、クラシック発祥の地であるイタリアから出て来たFLESHGOD APOCALYPSEは下地の
部分から違う
のじゃ!流石は民族の誇りを示すためオフィシャルサイトで
パスタ売るバンド
だな(笑)。2月に観たウリ・ジョン・ロートと並んで
2015年最高のライヴは今の所これで決まりか!?









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system