2015 4/25 初台DOORS ETHEREAL SIN / EGO FALL




2015 4/25 初台DOORS ETHEREAL SIN / EGO FALL



翌日にM3を控えての本ライヴ、本来であればEQUILIBRIUMのライヴだったハズだが、まさかまさかの
来日キャンセル!去年のLOUD PARKの悲劇を思い出させ、俺もその憤りを前に日記で吐き出し、
いっその事払い戻されたチケット代同日公開の実写版シンデレラ
(それと同時上映のアナ雪短編)
でも観に行こうかとガチで考えたが、サポートバンドである
EGO FALLETHEREAL SIN気を利かせての2マンとして急遽公演強行!さらにチケット代
払い戻しの投げ銭価格
となっては流石にシンデレラを次の機会にせんとアカンのう!
ハコは去年の暮れにも一度足を運んだ初台DOORSである!

まず最初は内モンゴル自治区から登場したEGO FALLである!まずはスクリーンモニターにバンドの映像を流し、
続いて尺八のような笛のソロが披露され、そしてメンバーが登場しようやくメタルのライヴらしくなるぞ!(爆)
イケメンは居ないが、
見るからに屈強そうな男達がステージで自らのアイデンティティー発散しまくりの
無骨なパフォーマンス
を披露!マニュピレーターがおりSEや馬頭琴、琴や女性Vo、シンセ等を
同期音源で流しており、
持ち味のホーミー同期音源で流す箇所もあったが、勿論生でも披露され
ベーシストが見事なホーミーを聴かせてくれた
他、最初の尺八途中で披露された
生の馬頭琴
ベーシストによるものである!

演奏自体は決してテクニカルと言う訳では無く、ギターが引っ込み気味という欠点もあったが
パフォーマンスは熱く、こうして生で聴いてもそこまでヘヴィと言う訳では無く、どちらかと言ったら
スクリーモ上がりな印象がありフロントマンのスクリームもそんな感じの地声残しシャウトである。
それでいて民族要素丸出しな音作りが実に個性的で、アジアのバンドが海外にうって出るには
外人の真似ではなく自分達の国民性を押し出さないとアカンのだと言う事を改めて思い知らされたのう・・・!

続いてETHEREAL SINの登場である!元は普通にヨーロピアンなシンフォニックブラックをプレイしていたんだが、
上記の通り海外進出を視野に入れたのか、いつの間にか陰陽座ライクな和風アピアランスと化した他、
メンバーチェンジがあったと聞いた・・・!どうやらソプラノ件女性キーボード出戻りの元メンバーらしいが、
ドラマーがチェンジしているようだ。和風なルックスにチェンジして最も危惧されたのが音楽性の変化だが、
このスタイルになってからはまだアルバムリリースはしておらず、ヨーロピアンスタイルのシンフォニックで
大仰なドラマティックさ
を誇るブラックメタルをプレイ、エピックな要素が強いからか意外にも和な装いでも
違和感が無く、
むしろヴィジュアル面でかなりの個性が感じられたのも面白いな。こりゃ確実に
外人ウケするじゃろうて・・・!


ヴォーカルが引っ込み気味な音響バランスが惜しいもの、勢いあるパフォーマンスで禍々しいムードを発散しており、
メロディアスさもありつつ何気にテクニカルさも見られるツインリードが良く、定番(?)のファニーな、ルックスや音楽性に
反して人柄の良さが出た腰の低い日本語MCも後半で飛び出し、さらにアンコールも1曲披露され終幕である!


2バンド共に健闘しており、さらに両者共にフルセットのパフォーマンスでその実力、魅力を存分に
見せつけてくれたのう・・・!勿論本来であればこれに加えメインであるEQUILIBRIUMさらなる激熱ライヴを繰り広げて
いただけあって不完全燃焼な感じも強いが、その分チケット代は払い戻されたし2バンドは共に良かったしで
とりあえず不備は帳消しだろうか!?まぁそれでも今回は本格ライヴと言うよりも公演中止寸前のオマケの
ようなものである
という事実は覆せぬのじゃ!故に本日、知り合いは殆どおらんかったしな(笑)。
EQUILIBRIUMには近い内に来日のリベンジを果たして頂きたい所存である!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system