2015 4/11 吉祥寺クレッシェンド LOUD&PROUD vol.338




2015 4/11 吉祥寺クレッシェンド LOUD&PROUD vol.338



春になったにも関わらず冬の寒さをキープしているこの季節にライヴである!本日もまた長丁場のライヴで、
KNIGHTS OF ROUNDを筆頭にAlbion、ちびらり、AREDREDS、Baskerville、Elements of Verseと、
未聴のバンドも多いがジャンル的にはメロスピ2組、正統派2組、嬢メタル2組とある意味
バランスの取れた面子が揃っておる!ハコは近代ジャパメタの聖地
化して久しい吉祥寺クレッシェンドだ!

1組目はElements of Verseで、知らないバンドだったがツインギターでオーソドックスな
正統派のHM/HR
をプレイしており、いかにもジャパメタな空気を醸し出しておったのう・・・!
演奏自体は上手いわけではなく、ヴォーカルもそれなりだったが今日は音響が良く、各楽器がバランス良く
聴き取れたのが好印象だったな。とは言え流石に近代メタラーの耳からするとシンプル過ぎて
物足りない
だろうし、メロディーにももっとキャッチーさが欲しい所じゃて・・・!

2組目はBaskervilleで、クサメタラー的にはKNIGHTS OF ROUNDと並んで本日のメインと言えそうなバンドである!
10年くらい前に一部で話題を呼んでいたバンドだったが、何年前かにリリースされた7年振りの2作目
微妙な曲が多く疾走感も減退しあんまピンと来なかったのも事実である。メロスピで、あまりライヴをやっている
印象が無いため去年観たBALFLAREみたいに下手糞かと危惧していたが、実際に観てみたらそこまで酷くは
なかったもののやはり上手いとは言えず、
ギターもイマイチ弾き切れていなければヴォーカルも弱く、
高音が全然出ていないのはメロスピとして問題じゃろうて・・・!
曲も何故か新曲ばっかで、1stの曲をもっと聴きたかったわい!

3組目はAREDREDSで、未聴だったがどうやら元ANOTHER STREAMのシンガー、REINO氏の新たなバンドらしく、
通りで今日観て来たバンドの中で頭一つ抜けてヴォーカルが上手いわけである!他にもTSUI氏等AXBITESのメンバーもおり、
ある意味ジャパメタ界の影のスーパーバンドだろうか!?音楽的には日本語で歌う正統派HM/HRで、声質的に
さかもとえいぞうタイプと言えそうな伸びのある歌唱を披露しており、音楽的にもアンセムっぽさがありメロディーも
アニソンに通じるキャッチーさを見せていたが、曲によってはメイデン的な印象もあっただろうか!?ただギターが
二人ともサポートだったらしく、演奏的にイマイチでそこが惜しい部分だったな・・・!

4組目はちびらりで、女性シンガーをフロントに据えた嬢メタルふざけた名前から大して期待も
していなかった
んだが、音楽的には正統派、メロパワを主軸としつもヴォーカルメロディーがかなり歌謡曲的で、
流石にここまで歌謡曲臭さが強いと個人的にはクドさを感じてしまうんだが、キャリアが長いようで演奏は
タイトに纏まっている感があったな。女性シンガーもなかなかにパンチの効いた声質で良く、曲によってはアニソン的な
明るさ、ポップさ
が見られ個人的に好みから遠ざかってしまうんだが、MC等も含めてライヴ巧者な印象があったな・・・!

5組目はKNIGHTS OF ROUNDで、トリの登場かと思っていたがまさかのこのタイミングである!ファンタジックな装い
身を包んだメンバーが登場しポジティヴなクサさを撒き散らし疾走!シンガーのCAZ:NIE氏は今回も剣を片手に歌い、そして彼らの
ライヴの定番である、東急ハンズ製の剣がオーディエンスに配られRPG(アメリカン・スナイパーで敵側のガキが撃とうとしていた兵器では無い)な
ムードが放たれ、そのままライヴはクサく展開!今回疾走チューンで固めて来ており彼らの曲の中でも特にキラーと言える
楽曲
が並んでおりたまらんのう!ヴォーカルも含め実にタイトに纏まっており、この手のバンドらしからぬ安定感があるのが実に良い!
新曲も1曲プレイされ、YAZIN氏曰く「クサクサで速い曲」との事だが、個人的にはリフのカッコいい疾走曲と感じられたのう・・・!

そしてトリの6組目がAlbionである!個人的に音源は未聴だが嬢メタルながらにシングルの頃はクオリティーの高いメロスピ、
クサメタル
だったらしいが、その後メンバーチェンジしてのフルアルバムガッカリな駄作だったとの話を聞いておる!(爆)
どうやら解散が決まっているようで本日がラストライヴらしく、音楽性以外で評価されてしまう嬢メタルの悲しさ
感じさせたりもするが(爆)、どうやらメンバーがいなくて解散(?)らしく、ギターとドラムがサポートメンバー
何とドラマーは唯一の男・・・LONGINUSの宮坂氏で、ややバタつき気味なれど手数の多いプレイで勢いを見せており
好印象だったが、ギターのほうは正直かなり下手でソロ等ろくに弾けておらずアマチュア感丸出しだったのが
厳しいのう・・・!ヴォーカルは一見声量がありそうだったが、細かい所でピッチが危うい感じだったな。
音楽的にはシンセがキラキラしまくりのメロスピだったが、評判通りシングル曲とアルバム曲の
クオリティーが段違い
で、音源を聴いていない俺でもどの曲がシングルなのか一発で判るレベルである・・・!


こうして正統派、メロスピ揃いの長丁場ライヴは終了、今回全体的に音響バランスが良く各楽器がかなり聴き易く
ツインギターもしかと聴こえていたのが良かったわい!嬢メタルは個人的に嫌いだが(爆)、それでも正統派HM/HR、
メロパワ
で固められておりそういう点では統一感のある一日だったな。エクストリームメタルも大好きだが、
正統派、メロパワ、メロスピもやはり良いモンじゃて・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system