2015 3/21 新宿RUIDO K4 Blast Reflection




2015 3/21 新宿RUIDO K4 Blast Reflection



いよいよ冬も終わり季節はすっかり春、キチガイアーカムアサイラムから出所し、インペリテリのシュレッド並の
速度
己のハナクソをほじる、食う、ほじる、食うを繰り返したり、椅子の上に体育座りして身体を激しく前後に
揺らしながらアウアウアーと喚いたりする中にあってのライヴである!本日はKissing the Mirror主催の、
とりあえず形の上では東方と言う事になっているが、実際は荒くれたサグなハードコア界隈のヴァイオレンスな
タフガイ
が一同にアセンブルする、ダイヴ、モッシュしまくりのナード、ギーク臭皆無のド硬派ライヴである!
そんなデンジャラスなライヴに合わせてかハコはアジア一の危険な街、歌舞伎町に位置する新宿RUIDO K4だ!
キチガイよりヤクザに注意せねばアカンわい!(爆)

1組目はDiscovering the Placeで、音楽的にはまさしく一切の奇をてらわない王道路線のメロデス系メタルコア
なっており、リフもメタルコア界隈では今じゃすっかり見かけなくなったタイプで、ギターソロも多くはないものの
そういったメロディー重視の泣きのフレーズを披露していたが、やはりと言うか何と言うか個性が無く、
ヴォーカルも弱めの一本調子なグロウル
だったな・・・!一部で見られたクリーンVoもまだまだ未熟で、
パフォーマンスはそれなり
だったがこれからのバンドだろうな。

2組目は早くも登場のLA KIAで、音的には同期音源によるシンフォニックなシンセオーケストレーション
導入し、バンドサウンドはメロデス通り越してブラックメタル的なアグレッションがあるもシンガーは
クリーン女性Voとなっており、バンドサウンド自体は良かったがヴォーカルがどうにも埋もれてしまい
殆ど聴こえなかった
のが惜しいなぁ・・・!MCも不慣れ感が強くグダグダだったし、声を張るとピッチが
不安定になる
のも気になったがウーミン氏によるギターソロメロディアスで、ドラムがブラスト等
かなりのスキルを見せていた
のは良かったな。

3組目はDHSで、何だかんだでエクストリームメタルのライヴにあって唯一のハードコア界隈の
バンド
ニュースクールハードコア、激情ポストハードコアの要素が強く、そこに今風のシンセ
導入しておりそこそこはチャラめの印象もあっただろうか?ここに来てヴォーカルがようやく埋もれず
前に出てくるようになり、
非デスVoなハードコア上がりのスクリームを披露していたが少々一本調子な
部分もあった
だろうか!?グルーヴ的にもやはりメタルのタテノリでは無くハードコアなヨコノリ感があったな。

4組目はSick Of Nailで、ハードコア色濃いバンドの次はうって変わってのオーソドックスなメタルサウンドを披露!
メンバー全員白塗りながらとりあえずはメロデスなんだが、どちらかと言ったらデスラッシュ未満と言うか、
昔ながらのジャパニーズスラッシュな印象がありタテノリの硬派なタイトさを披露!デスVo未満な
吐き捨てヴォーカル
もそんな感じだったな。リードギターは叙情的ハモリ等はメロデスだろうか?

そして5組目は5150で、普段はメロスピなんだが今回はかねてよりの宣伝通り1曲のみメロスピで
ハイトーンVo
を披露していたがその後は全曲ブラックメタルオンリーである!先のSick Of Nail同様
メンバー全員白塗りのコープスペイント暴虐かつ劇的なメロブラ、シンフォブラをプレイ、
龍氏もデスVoで叫んでおり低音グロウルは埋もれ気味だったものの、高音スクリームには
ハイトーン成分が強く混じっており
他とは違う独自性が見られただろうか!?

6組目は去年暮れにもお目にかかったCLOCKWORKS TRACERで、メタルコア要素の強いエクストリームな
メタルサウンド
朗々とした女性Voが乗りナード的ながらも同時にハードコアという特異なムードを発散、
去年よりも女性Voは安定しておりソプラノ的なファルセット等普通に美声で良かったな・・・!
途中でこの後Kissing the Mirrorでも出てくるSawacy氏がゲスト参加しキレのあるスクリームを披露、
やはりノリはメタルと言うよりもメタルコア、ハードコアな印象が強かったな・・・!

そして本日の長丁場ライヴのトリを飾るのは主催バンドであるKissing the Mirrorである!ツインギターに
ツインVoでTHE BLACK DAHLIA MURDER直系のメロディックデスを存分に披露!ノリはハードコアだが
曲はメロデスで、この日のために用意したという新曲に加え過去曲・・・まだTHE BLACK DAHLIA MURDERでは無く
CHILDREN OF BODOMに影響を受けていた頃のキラキラシンセ入りメロデス同期音源を使用しプレイ、
バンドサウンドもヴォーカルもパワフルさ、勢いを感じさせ演奏が完璧という訳では無いがこの突進力が
メタルのライヴには重要
なのだ!ツインVoの片割れであるSawacy氏が今日は特にキレの良さを見せており、
ハードコアなノリもあってか実にイカつい空気を発散しておったわい!


こうして全7組という長丁場極まりないライヴは終了、流石にバンドが多いだけあってその分
一組一組の持ち時間は少なく、アンコールのあるトリを除いて1バンド5曲だったんだが、
まぁこの出演バンド数ならこれ位で丁度良かろう!メタルコア、ポストハードコアにメロデス、
ブラックメタル
と、ジャンルは異なれど全バンドエクストリームメタルで統一感があったのが
良かったのう・・・!やはりジャンルのバラけたライヴよりもこっちのほうが良いな(笑)。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system