2015 2/28 下北沢GARDEN 星虹砕/祭【風】




2015 2/28 下北沢GARDEN 星虹砕/祭【風】



今年に入って毎週のように続いたライヴ週間も本日でいよいよひとまずのブレイクである!今日はオシャレタウン
下北沢
で雑多ジャンルが東方の名に集う、ある意味フェス的なライヴとなっており個人的目当ては言うまでも無く5150
そしてIRON ATTACK!である!今回は時間に余裕があるんで全バンド観てやろうの精神で挑む事にしようでは無いか・・・!

1組目は早速の登場となる5150で、事前に本日のセットリストはゲンソウオー主体だと言われていたが
1曲目はいきなりのシンフォニック東方からの選曲である!音響はやけにベースがデカく、ドラム等他の楽器が
軽めな印象もありヴォーカルも低音部分が引っ込み気味だったんだが、ギターソロはやけに鮮明で余計な
エフェクトも無くかなり聴き易い印象
があったな・・・!その後は勇舞氏、みーや嬢を招き龍氏と共にトリプルVo
ゲンソウオーナンバーで熱く攻め立てる!出演バンドが多く長丁場だけに曲が少なく物足り無さが残り、
最後までベースがデカいままだったが次はブラックメタルメインのライヴが待っているんでそっちを期待したい所である!

2曲目はGET IN THE RINGで、知らないバンドだったが音楽的には女性ヴォーカルのポップロックで、バンドサウンドで
構成されてはいるもののバンド編成では無く、女性シンガーとシンセ奏者のみでそこが惜しい所じゃのう・・・!
だが女性ヴォーカルは媚びの無い張りのある声でなかなかに良く、途中からゲストギタリストが登場し
そこで披露された曲はなかなかにハードでブルージーな渋みのあるロックチューンで一番良かったな・・・!
ヴォーカルも曲に合わせたハードな歌い回しで俺好みだったわい!この方向性で攻めてくれればいいのに(爆)。

続く3組目は魂音泉で、去年観たイベントにも出ていたが流石にヒップホップ系なんで俺の好みとは程遠く
楽しめない感じ
じゃのう・・・!一応メロディーを歌う女性シンガーもおりゲストで豚乙女の女性シンガー、
ランコ嬢が1曲参加していた
ものの、シンセ主体和の要素を見せつつロック要素皆無
デジタルリズムのラップ入りポップスって感じなのも個人的には難しい所だな。

そして4曲目がIRON ATTACK!である!全体的に非メタルなイベントだけに、愛すべき熱き漢達がステージに集った
その時点で俺も自分の居場所に帰ってきた感があるわい!最近の曲がメインで勇舞氏のヴォーカルが
やはり相変わらずパワフルじゃのう・・・!音響はやはりベース、低音がデカいながらギター等乾いた音作りで
分離が良く聴き取り易い
のが良かったな・・・!ギターリフも実に切れが良い!まぁミスが目立つ音響と
言えなくも無い
のだが・・・!(爆)他バンドがゲストを呼ぶ中あくまでも自分達のみでストイックに
攻める様
がまた無骨なパワーメタルらしいのう!

5組目はA-Oneで、これも知らないバンドだったがツインギター、シンセ男女ツインVoとかなりの大所帯で
デジタル風味強めのJ-ROCKをプレイ、ツインVoもそんな感じでメタル要素は無く、今風ながらメタルコア、
ピコリーモ要素
も見られないがギターソロはあり、ラストの曲ではツインリードも披露されたのう・・・!途中でゲストとして
魂音泉のメンバーが登場しラップを披露、狭いステージが余計に狭くなっておったな・・・!

そしてトリを飾るのが豚乙女で、前に一度だけライヴを拝んでおり非メタルながらライヴポテンシャルの高さを
見せつけており好印象だった
のを覚えておる!音楽的にはメタルどころかハードロックですら無いが、
和風歌謡オルタナ系でそこいらの下手糞ロキノン連中とは一線を画しており、ヴォーカルも音楽性に
マッチしたやさぐれ風味ある歌唱を披露、シンガー以外は全員動物の被り物をしており
MAN WITH A MISSIONを思わせるな。
中心人物であるベーシストもミクスチャー然としたスラップ
バッキバキにこなしておりテクニックは高いが、前回同様それなりにギターが目立っているのに関わらず
ギターとドラムがおらず同期音源だったのが(メタラー的には)気になるのう・・・!とは言えパフォーマンス要員の
ウサギの着ぐるみメンバー
も含めてライヴ慣れ、ステージ慣れしている印象が強くそこは良かったな。
トリなのでアンコールがあり、これまでの出演バンドのメンバーがステージに集ったがジャムセッションのような
類は見られず、ただ単にステージで盛り上がっていただけである。


こうして長丁場のライヴは終了、ガチのメタルバンドが半数に満たず、メタラー的にはメンツ的に不満も
残る
だろうが、非メタルのバンドも健闘しており「HM/HRのファン」はともかく、「東方のファン」であれば
満足行くであろう一日だったと言えるだろうな・・・!トリを除いて各バンド30分程度の持ち時間なんで
目当てのバンドには物足り無さが残るも、それ以外のバンドならダレずにサクッと終わる印象があり、
そこもまた冗長になり過ぎず良かったわい!年始から毎週続いたライヴ漬けもこれで少し間が開き、
次なるライヴに備えてしばしのオフと行こうでは無いか・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system