2015 2/11 渋谷サイクロン THOUSAND EYES / COCOBAT / END ALL




2015 2/11 渋谷サイクロン THOUSAND EYES / COCOBAT / END ALL



人生のボーナスステージ、祝日にこれまた硬派なライヴである!今年に入ってからの個人的ライヴ率が
すこぶる高く、
疲労と共に充実感も覚えているが、その実ハマり切れなかったライヴもありただ無闇に
行けばいいというモノでも無い
んだが(爆)、本日は確実にハマれるライヴである!国産メロディック
デスラッシュの最高峰THOUSAND EYES
を筆頭にCOCOBAT、END ALLが脇を固める強力ラインナップだ!
ハコは先週同様毎度お馴染みの渋谷サイクロンである!

1組目はEND ALLで、本日唯一知らないバンドだったが音楽的には奇をてらわない、王道中の王道を行く
スラッシュメタル
以外の何者でも無く、半端なミドル曲の無い、ファストチューン連発で畳みかける硬派な
3ピースバンド
である!モダンな要素も無ければメタルコア的な面も無い、正統派メタルからの派生系
ヴォーカルもそんな感じのスタイルで味があり、歌い回しにジェイムズ・ヘッドフィールドっぽい部分
感じられただろうか!?さらに途中ゲストこの後出てくるTHOUSAND EYESの道元氏が登場しヴォーカルを披露、
意外にもいつものスクリーム、グロウルでは無くスラッシュメタルに合わせたダミ声歌唱で
普段見られない一面
を見せてくれたのう・・・!

2組目はCOCOBATで、メタルバンドが集う本日にあって厳密にはメタルでは無く、ミクスチャー/ハードコア畑のバンドだが
そのタイトなパフォーマンスはメタルバンドに決して引けを取るものでは無い!俺も実は彼らの1stは手元にあり
知っているんだが、やはりTAKE-SHIT氏のベースが半端では無くバッキバキのスラップで畳み掛けまくっており、
ギターよりもベースのほうが目立っている程である!そんなギターもテクはありタッピング等も披露、途中披露された
インスト曲はやはりメタルと言うよりもハードコア、マスロック的な印象があったな・・・!ヴォーカルもハードコアスタイルで
いい声をしており普通に歌う所もあり、
そして後半では何故か一昔前にネットで有名になった、
曲名判らんけど「ウルトラマン、ウルトラマン、セブン!」とか言う曲のカヴァーを披露!
よく判らんが意外と彼らの定番なのだろうか!?

そしてトリを飾るのがTHOUSAND EYESで、何気にライヴは久々なんだがそのパフォーマンスはブランクを感じさせない
圧倒的な凄み
があり、本日はどのバンドも音響が良く彼らも御多分に漏れず、より凄まじいサウンド
これでもかと言う程に見せつけておる!スクリームのカリスマ、道元氏が相変わらず凄すぎるのは
もはや言うまでも無いが、バンドも全てがタイト極まり無くツインギターのハモリも見事なものである!
リヴァーブの強いギターがまた泣きまくりで強烈過ぎるエモーションを発散しており、
KOUTA氏の非凡なスキルを改めて思い知らされた次第である!さらに新曲も2曲披露されたんだが、
これがまたギター等相当にクサく泣いており次のアルバムも大いに期待出来るのう・・・!


先週が全体的に結構ショボくあまりハマれなかった憂さを晴らして余りある超絶ライヴに大満足である!
これよ!やはりメタルのライヴはこうでなくてはならんのじゃ!音が悪くとも、演奏がショボかろうが
曲が良ければ許されるのはアマチュア及びB級クサメタルだけじゃ!今日のライヴは実力派、一流揃いで
プロフェッショナルのパフォーマンス
というものをお腹一杯になるまで見せつけてくれ実に満足じゃわい!
正直THOUSAND EYESにかなうバンドが思い付かんレベルである!
2ndが出たら一体どうなってしまうんだ・・・!(爆)









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system