2015 1/31 吉祥寺クレッシェンド ANCIENT MYTH / Amiliyah / Veiled in Scarlet / Scrambled Soul Circus




2015 1/31 吉祥寺クレッシェンド ANCIENT MYTH / Amiliyah / Veiled in Scarlet / Scrambled Soul Circus



何気に今年に入ってからほぼ毎週のようにライヴが入っており新年早々熱い週が続いているが、本日もまた
例によって例の如くの熱過ぎるライヴである!クサメロデス神Veiled in Scarletニューシングルリリースと
同時にお届けする4マンライヴ!
他のバンドはANCIENT MYTH、Amiliyah、Scrambled Soul Circusの3組で、
意外にもデス系がVeiled in Scarletしかおらずあとは全て女性Voのバンドである!謎な布陣ではあるが
とにかく熱きメタルを楽しもう!

1組目はANCIENT MYTHで、過去に何度かお目にかかっておりアルバムも一通り手元にあるバンドだが、今回メンバーチェンジが
あってのライヴ
である!ゴシックメタル的な妖しさを内包した様式美系のシンフォニックメタルで、女性ヴォーカルだが
よくある見てくれだけの嬢メタル連中とは異なる、腐れブーム発生以前より活動を続けているベテランでもあり、
ライヴ運びも良く決してテクニカルというわけでは無いがそつないパフォーマンスを披露、女性Voも決して上手いと
言う訳では無く、
むしろ声量とか弱いほうなんだが低いキーに味がありこのヴォーカルじゃないとアカンと思わせる
求心力があるな・・・!アルバムこそ音質はスカスカシンセもチープなんだが、曲は十分にクサく個性もあり
もっと評価されてもいいバンド
だと思うんだがいかがだろうか!?

2組目はAmiliyahで、知らないバンドだったがどうやらシアトリカル系の演出を旨とするバンドのようで、バックには
スクリーンが配され、昔の白黒ホラー映画風の怪しい映像が映し出され口上を述べた後にメンバーが登場、
ゴス系の女性シンガー以外は全員被り物をしておりまるでLORDIが如き様相を見せつけているが、音楽的には
インダストリアル風味漂う同期音源を使用しての一昔前にちょくちょく見られた女性Voモノのラウドロックと言った感じで、
一部で疾走したりアップテンポになったりもするが基本的にはスロー、ミドル曲ヘヴィグルーヴを醸し出すスタイルを
見せておる!この手のジャンルらしくギターソロは殆ど無くヴォーカルもラスト曲で少しシャウトするも、それ以外は
クリーンオンリーとなっておりキャッチーさ、フックも見られずあくまでも雰囲気重視の姿勢だったな・・・!
そんなわけでMCも無かったが途中でSEに乗せて語りを披露、こういう演出で喜ぶのは同人系のリスナーであって
正直メタラーには響かん手法である。この雰囲気に浸れるかどうかが分かれ目だろうか!?

そして3組目が意外にもここで登場のVeiled in Scarletである!これよこれ!俺達の今日の目的は彼らを観る事じゃ!
残念ながらギターが小さく折角の叙情慟哭ソロが聴き取り辛かったものの、だからと言ってバランスが
極端に悪いという訳では無くバッキング等普通に聴こえ
楽曲を存分に楽しめるわい!道元氏のシャウトは
相変わらず強烈
声そのものにカッコ良さを感じさせてくれたものの、今回マイクが悪いのか高音絶叫が
やけに小さくなっており
そこも惜しい所じゃて・・・!途中新曲が披露され、そこではサポートとして今回リリースされた
シングルで歌っている新行内氏
が登場!ハードコアスタイルのタフな道元氏とは異なる、昔ながらのデスメタル的な
潰れた慟哭系の声質
で個人的にはやはり道元氏のほうが好みなんだが、Veiled in Scarletのような泣きのギターメインの
慟哭メロデス
にはこういうタイプのほうがマッチしておるのう・・・!さらにラストではSERPENTの楽曲をあろう事か
3曲も披露!これには客として来ていたGYZEのRyoji氏も盛り上がりまくったようで、マイクを向けられ達者な
グロウルを披露
した上にステージにまで上がりさらにステージダイヴ!事情を知らん人にとっては
「調子乗ってる客がおるなぁ」程度の認識だろうが、彼もハイレベルなミュージシャンである。
そしてラストは俺がSERPENTで最も好きな“Siren Night”が披露され、心の中でグロウルしステージダイヴした(爆)。

これで個人的メインは終了だが、トリは別におりScrambled Soul Circusがそのポジションを勤める事に。現時点では
音源が無く無名
のようだが、どうやら元LIGHT BRINGERのギターヴォーカルKAZU氏の新たなバンドで、他にも
Art Of Gradationというバンドもやっておりそっちのアルバムはうちでもレビューしておる!音楽的にはそっちと
ほぼ大差無い感じで、テクニックはあるが基本的には女性VoのアニソンJ-ROCKといった所でギターサウンド等
全然メタルじゃなく、
曲調もポップ過ぎて個人的な好みからは遠いんだがメロディーセンスはあり
フックあるキャッチーさ
を見せてくれていたのう・・・!


トリが意外な感じでどう考えてもVeiled in Scarletのほうが良く、Scrambled Soul Circusも悪くは無いが
正直言って今日の面子でトリを張れるタマかどうかと言ったら微妙な所じゃのう・・・!これもまた所謂
事務所のゴリ押し
というヤツかも知れんが、もしそうなら全てのリスナーが不愉快に感じているので
即刻やめて頂きたい!
我々はヘヴィメタルにはとにかく硬派さを求めておるんじゃい!まぁそれはともかく
やはりVeiled in Scarletは素晴らしい!回を追う毎にSERPENT曲が増えており、将来的にはSERPENT縛りの
ライヴも十分アリじゃろう!
とは言えベーシストは決まったがまだ専任シンガーがいない状況が続いているんで、
まずはこの辺の課題をクリアする所からだろうな・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system