2015 1/9 秋葉原GOODMAN IRON ATTACK!ワンマンライブ 『一撃』




2015 1/9 秋葉原GOODMAN IRON ATTACK!ワンマンライブ 『一撃』



2015年、新年一発目の年明けライヴである!過去に何度も足を運んでおりその熱き
パフォーマンス
を堪能させてもらってきたIRON ATTACK!が何と国内初のワンマンライヴを開催!
オープニングアクトTHOUSAND EXCALIVERが務め、そっちも楽しみだが一つのバンドを
心行くまで堪能出来る、不純物の混じらないワンマン
こそある意味ライヴの真骨頂!
実力と人気を兼ね備えたバンドにしか出来ない試み
である事は言うまでも無い!ハコは
秋葉原GOODMAN、
個人的にはチャリで行ける便利な立地条件である(爆)。

そんなわけでオープニングに登場するTHOUSAND EXCALIVER、ツインギターにシンセ奏者もおり
6人編成の大所帯となっておりアグレッシヴなパフォーマンスを披露!別バンド・・・と言うか
本隊であるPHANTOM EXCALIVERともどもメロディックスピード/デスメタルを名乗っているが、
こっちのほうがリフ等メロデスに近いためよりエクストリームな印象があるな。フロントを務める
AILIPH DOEPA超実力派変態シンガー、Eyegargoyle氏のシャウト、デスVoも相当なキレがあり
高音、低音で捲し立て、
演奏も初ライヴとしてはかなりタイトな印象がありツインギターの
ハモリもキッチリこなしていた
他音響もかなり良く、各楽器がバランス良く聴こえており
聴き易かったのう・・・!
ただアルバムでも感じたんだが、ギター/クリーンVoのMatsu氏による
ハイトーンのサビ
はやはりまだ弱く、PHANTOM EXCALIVER以上にメロデス的な印象のある
THOUSAND EXCALIVERにおいてはクリーンVoは不要な印象があったのは否めないだろうか!?
ただラストではEyegargoyle氏がクリーンVoも披露、オペラティックと言える朗々とした
歌唱
実力の高さを見せてくれたのう・・・!

そして続くは本日のメインであるIRON ATTACK!である!国内初ワンマンと言う事で数多くの
ゲストミュージシャン
を招き、またこれまでには無かった試みも盛り込みボリューム満点の
激熱パフォーマンス
を展開!冬の新譜の楽曲メインでは無く、過去曲からもキラーチューン
さらにはライヴで披露される機会の無かったマニアックな楽曲をチョイスしておりコアな
オーディエンスも納得の選曲っぷり
である!THOUSAND EXCALIVER同様音響も良く、ちょいと
バスドラがデカめな印象
もあったが気になる程では無くバランスの良さを見せており、
IRON氏とKIRA氏のツインリードも円熟味を帯びており安心してその泣き、音色を堪能出来るわい!

そして本日の見所であるゲストも良き仕事をしており、久々に登場のロバート氏に加えドラムに
LIGHTNINGでお馴染みギガスラッシャー氏
を迎えキラーチューン“Poltergeist”を披露!
勇舞氏のハスキーでパワフルなヴォーカルも良いがロバート氏の声もまた良いのう・・・!
ドラムがパワフル
よりバスドラの音が大きくなっていたのも印象的だな。さらには何と後に
ヴォーカルを披露するYAMA-B氏
アコギを手にまいなすいょん嬢と弾き語り形式の
パフォーマンス
を見せており、これは相当にレアな光景だったな・・・!YAMA-B氏のバックコーラスの
何と美しい事よ!
さらにはKIRA氏に代わってYAMA-B氏がIRON氏とツインギターも1曲披露、
これも相当にレアなパフォーマンスでファンなら感激モノであろう!

さらにKissing The Mirrorのウーミン氏普段弾かないシンセをプレイしたり、かつてメンバーとして
参加していた5150の龍氏もベースでゲスト参加、龍氏はバックコーラスも披露していたが1曲くらいは
彼にも歌ってもらいたかった
が仕方無い部分か!?また最後のゲストである、ドイツ出身という設定
The Stahl
に代わってIRON氏自ら久々にリードヴォーカルも披露、これまた今や滅多に見られない
貴重なパフォーマンス
だったな・・・!アンコールでは満を持してYAMA-B氏がリードヴォーカルで
“HEAVEN'S SWORD”
に加え艦コレナンバーを歌い、その伸びのある朗々とした美声を存分に堪能!
やはり彼も滅茶苦茶いい声をしており歌唱力の高さも半端では無いのう・・・!


こうしてライヴは終了、年末に見たエクストリームメタル祭り“Dead or Dying -Ex Party-”熱く
良きライヴ
で、俺もデス好きではあるがクリーンVoにおいて物足り無さがあったんだが
その溜飲を下げて余りあるパフォーマンスを披露、何だかんだでTHOUSAND EXCALIVERも含めて
全てがハイレベル
で、極めてプロフェッショナルなライヴに仕上がっており大満足である!
ボリュームも半端では無かったがそのため開演は時間通りだったのに相当に押しまくっていたのは
ご愛嬌だな(笑)。そうワンマンやる機会は無いだろうし、あんま頻繁にやり過ぎても新鮮味が
無くなってしまう
だろうが、今後も定期的に観たい所である!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system