2014 11/22 原宿アストロホール MinstreliX 10th Anniversary Lost Renaissance 先行発売 Live〜The Road Of Evangelist〜




2014 11/22 原宿アストロホール MinstreliX 10th Anniversary
Lost Renaissance 先行発売 Live〜The Road Of Evangelist〜



年内も残す所一月ちょいとなった、秋から冬にかけての最もエモーショナルな季節エモーショナルなライヴである!
日本が誇る最強クサ神、MinstreliXの待望のワンマンである!まぁ最も彼等は以前にも何回かワンマンやってるんだが、
今回は今や廃盤でプレミア付きまくりの最初期にリリースされたシングル、“Lost Renaissance”のリメイク盤
リリースすると同時にバンド結成10周年を記念して行われるワンマンである!俺も彼等を知ったのは10年前で、
言わずと知れた超絶キラー“Thirst For...”を聴いて腰を抜かし、正式な音源のリリースを今か今かと待ち望んで
おったのう・・・!
勿論Lost Renaissanceも速攻でゲットしアホみたいに聴き込んだ過去がある!そんな訳で
本日のライヴを逃す手は無い!この日を求め日本各地からクサメタルアベンジャーズ・アッセンブル!
ちなみに本日は撮影が入っており、この日のライヴがどうやらDVD化するとの事でこれも楽しみじゃのう・・・!

Lost Renaissanceリメイク盤リリースライヴという事で真っ先にプレイされたのは“Sky Flame”だが、いきなりの
機材トラブルでギターの音が聴こえず、全体的にもバスドラ大きめな印象があるも次第に改善されタイトな
パフォーマンス
を披露、Leo Figaro氏のヴォーカルは結構省エネ歌唱な部分があり、ハイトーンは後半で細さが
見られる
ようになりつつも伸びがありクサいメロディーを歌い上げる!今回ワンマンの長丁場という事で普段は
あまりやらない曲
も披露され、久々に“Bloody Rose”が聴けたのは良かったんだがTakao氏のグロウルが完全に
引っ込んでおり全然聴こえなかったなぁ・・・!
だが彼のギタープレイは相変わらず相当に達者で、難易度の高い
ソロを流麗に弾きこなしておりエモーショナルな面も見せてくれたぞ!他にも“Eternal Death Rave”
“Awaken”等もプレイされ、さらにドラムソロに始まりベースやシンセも続きMinstreliXの音楽性では
見られないサイケデリックな空気
を醸し出していたな。

Lost Renaissanceリメイクに伴うライヴなんでシングルに収録されていた楽曲は一通りプレイされ、
他にも己の本分をしかと弁えているかのようにクサい疾走キラーチューンを各アルバムから
満遍無くプレイ、“CATERINA”“叡智の華”は近年の楽曲でも頭一つ抜きん出た最強レベルの
キラー
だが、2度に渡るアンコールのラストは勿論バンドを代表する“Thirst For...”だ!


とにかく徹底してクサさに満ち溢れた激臭ライヴで、音響も一部で機材トラブルこそ
あれどトータルで見たらここ最近観てきたライヴの中では良かったほうだろうか!?しかし改めて
思わされたのだがキラーチューンを幾つも持ってるバンドは強いのう!ここ最近のメタルバンドは
どの曲も押し並べて悪くは無いんだがこれと言ったキラーが無い、バンドを代表する名曲、
シーンに残る名曲が無いと言うケースが多い
んだが、彼等は初期のDARK MOOR同様並のバンドであれば
確実に代表曲となるであろうキラーチューン
を幾つも持っている!例えるなら繰り出す技の半数以上
ヒョードルのロシアンフック並の威力があるようなモンじゃ!実に心強い話では無いか・・・!
今後も彼等にはブレる事無くクサ過ぎるキラーチューンを大量に生み出して頂きたいモンじゃて・・・!


それとどうでもいい話だが、アンコールではドラマーのOchoco氏が釣竿にファインディング・ニモ
ぶら下げて出てきたんだが、遠めに見るとTENGAに見えなくも無いと思ったのは俺だけでは無いと思いたい(爆)。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system