2014 9/6 渋谷GARRET LIGHTNING / GUNBRIDGE / UNDHIFEAT / FOURTH DIMENSION




2014 9/6 渋谷GARRET LIGHTNING / GUNBRIDGE / UNDHIFEAT / FOURTH DIMENSION



ここしばらく涼しくなったかと思えばまた暑くなったりで中途半端な季節だが、ライヴは年がら年中
1年通して常に激熱である!
本日は2年前にも行われたLIGHTNINGとGUNBRIDGEの2マンで、さらに脇を
固めるのはUNDHIFEATFOURTH DIMENSION、いずれもバリバリのメロディックパワーメタルとなっており
本日は全てのバンドが同一の方向性を向いた、軸のブレない硬派一徹のライヴパフォーマンスが楽しめよう・・・!

1組目はFOURTH DIMENSIONで、IRON ATTACK!でベースをプレイするSakathanこと坂下昌宏氏がサポートで
参加しており、
視聴だけはした事があってプログレメタルかと思っていたんだが実際はそういう要素を
見せつつもバリバリのメロパワ、メロスピ系
で、ヴォーカルの声質等まだ細さはあるがかなりYAMA-B氏に
近い感じ
で、曲的にもクサさを撒き散らしつつ疾走、部分的にテクニカルな面を見せる等実に
GALNERYUSタイプフォロワー的な空気を放っておったなぁ・・・!音響的にギターが小さく
バスドラがやけにデカい
感じで良好とは言い難く、MCなんかもまだ不慣れな感じだったが
楽曲自体は良くクサいメロディーも随所で顔を出し今後が楽しみのバンドだと言えよう!

2組目はUNDHIFEATで、知らないバンドだったんだがこっちも疾走感を放つメロパワ、メロスピ系の
サウンド
を展開、より場慣れした印象がありタイトさも見られシングルギターでシンセ入りなれど
メロスピでは無くメロパワと呼びたい所である!ヴォーカルはちょいとJ-ROCK寄りなれど
ハイトーンでキッチリと歌えており、シンセはピアノやチェンバロ等の音色クサさを放つ
俺好みのスタイル
である(笑)。MCも面白さを出しており彼らも今後の活動に期待出来るバンドだな・・・!

そして3組目がGUNBRIDGEで、以前見た時はYAMA-B氏がヴォーカルのみならずベースやシンセも
担当する3ピース
だったんだが、いつの間にやらメンバーが増えておりツインギターの5ピース
化しており、各メンバーが動き回り見た目にも華やかなパフォーマンスを披露しておる!
懐かしの初期曲を交え疾走チューンで畳みかけるような展開を見せており実に熱いのう・・・!
YAMA-B氏のヴォーカルは最初こそ若干引っ込み気味だったんだがやはりいい声をしており説得力ある
歌い回し
を披露、ツインギターだからかここに来てギターがバッキングもそれなりに
聴こえるようになりソロも流麗さを見せていたな・・・!
ちなみに今月はドラマーの
Hideki氏の誕生日がある月
なんでバースデーソングにケーキが登場、よくある
ケーキ投げの類は無かった(笑)。

そしてラストを飾るのがLIGHTNINGで、4thアルバム“RAISE THE SUN”からのお馴染みである
ニンジャコスチュームに身を包んだメンバーが登場、
流石にトリだけあってオーディエンスは
かなり盛り上がっており
相当にタイトなプレイでそれに応えておる!ツインギターは流麗さ抜群で
泣き
も見せており、ギガスラッシャー氏のドラムも何かさらに手数が増えよりタイトさを増した
印象があるな・・・!今回セットリストを詰め込みまくっているようで、初期曲から去年の
新譜の曲まで幅広く組み込みつつ
GUNBRIDGE同様ファストチューンで固めており、正しいパワーメタルの
男気溢れる硬派なムード
を強烈に発散、“Brave Heart”で幕を開け究極の激クサツインリードが
堪能出来るレア曲“Mywings are burning”
までプレイされ、さらにアンコールではYAMA-B氏を呼んで
4th収録のアニソンカヴァー“永遠のイクサー1”
に加え、ラストはまさかのRIOTの“Thundersteel”を
勇舞氏とYAMA-B氏のツインVo
でプレイし幕となった・・・!


こうしてライヴは終了、出演バンドが多いライヴだと大体何組か方向性の異なるバンドがいたりする
モンだが、本日は蓋を開けたら全組が同等の方向性を志向するメロディックパワーメタル系で、
タルいハードロックも無ければデス系も無くクサメタラーにとっては全組楽しめる良ライヴだったのでは
無かろうか!?
稚拙なバンドも無く全バンド良質の音楽性、パフォーマンスを披露しており
余計な添加物の無い、これぞピュアメタルと言いたくなるライヴであった!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system