2014 7/5 aube shibuya Romancing Waltz Roman so Words / Eine Kleine / Iruma Rioka (Hollow Mellow)




2014 7/5 aube shibuya Romancing Waltz Roman so Words / Eine Kleine / Iruma Rioka (Hollow Mellow)



暑い季節の合間、ちょいとばかし涼しさを感じさせる嬉しい時期レアなライヴのお時間である!
本日は元MINSTRELIXのキーボーディスト、Yui氏による激クサ女性Voプロジェクト、Roman so Words
初にしてラストになるかも知れないライヴである!さらに脇を固めるのがHollow Mellow、Eine Kleineと、
飽和状態の同人クサゴシック界で着実に知名度を上げてきている期待のプロジェクト2組で、
しかもこの手のプロジェクトはどうにもメンバー不在な印象がありがちなんだが、ライヴと言うだけあって
サポートメンバー
を迎えフルバンド形式しかとしたHM/HRのライヴの体制を整えておる!
実はこの日はあろう事かMINSTRELIXのライヴと丸被りなんだが、今後も観れるMINSTRELIXよりも
今後があるかどうか判らんレア度の高いほうをチョイスするのは自然の摂理よ!

1組目はEine Kleineで、ちょいと会場入りが遅れ途中からの観戦となったがパフォーマンス面は
正直まだまだ甘さがあり、
女性Voは未熟さが残っており演奏もゴチャッとした感じMC等も含め
ライヴ慣れしていない印象
が強く、さらに音響もデッドベースがやけにデカくギターが引っ込んでおり
総じて惜しい感じだったかのう・・・!1曲終わる毎に不慣れ感丸出しのユル〜いMCが長々と続くのも
流れを削いでおり、まぁ良くも悪くもアマチュアのライヴと言った感じだったが場数を踏めば
克服出来る部分だろう・・・!


2組目はHollow Mellowで、今度はベーシストが不在ながらもその代わりにヴァイオリンが生という
なかなか観られない組み合わせのメンバー編成で、同期音源を多様し過ぎな印象がありつつも
そのパフォーマンスはEine Kleineと比べ遙かにこなれている感があり、女性シンガーのIruma Rioka嬢は
歌唱力、ステージング共に場慣れしておりキチンと魅せる事が出来るミュージシャンとの印象を
抱かせてくれたわい!女性ヴァイオリン奏者がただ弾くだけではなくヘドバン等を繰り広げながら
プレイしていた
のも好印象で、プログレッシヴなパートもなかなかに再現されていたんだが音響はやはり
アンバランス
で、ベースが居ないのにベースがやけにデカくギターが小さいのがまた惜しかったなぁ・・・!
どうやら今後はバンド編成となるようだが、ドラムはサポートでベースは不在のままなので
ここは是非ともメンバーを揃え、ちゃんとしたバンドとしてライヴを見せて頂きたい所である!

そしてトリを飾るのが個人的にもメインのアクトであるRoman so Wordsである!彼らを観るためだけに
同日開催のMINSTRELIXを蹴ったのと同じよ!ツインギターにTEARS OF TRAGEDY、
THOUSAND EYESのTORU氏、VALTHUS、ANCIENT MYTHのIzo氏
にベースがAREDREDS、
AXBITESのTsui氏
と、近代国産メタルの精鋭を揃えその出音も明らかに前の2組とは異なるワンランク上の
サウンド
を提示、ギターの音一つを取ってもホンマモンのメタルな音色で嬉しくなるわい!ただ音響面は今回もまた宜しくは無く、
ベース
に加えドラムもバカデカくヴォーカルが殆ど聴こえて来ない!これは勿体無い!微かに聴こえる
歌い回しからは決して稚拙ではないしかとしたスキルが見え隠れし、音源で聴くよりオペラティックな
印象もあったが
ここまで聴こえんとは音響バランスのせいのみならず声量自体が乏しいのだろう・・・!
キーボーディストのバンドでありながらシンセも小さく、ギターも籠もり気味でこれまた惜しい
ライヴじゃったのう・・・!
ついでに言うなら俺が最も聴きたかった“雪奈”と“lo-ve-st”も
プレイされず不完全燃焼な面
もあったんだが、だからこそこれで終わらず次に繋げて頂きたい所である!


全3組とも音響が微妙だったのが一番の課題点で、他にも惜しい面は多々ありライヴの難しさを
改めて感じた
わけだが、今回最もパフォーマンス面で優れていたのはHollow Mellowだろうな・・・!
彼らはちょくちょくライヴやってるようで場慣れしている感があり、ゴシカルでクサいメルヘン世界の
演出を上手い事こなしていた
のが印象的だったな・・・!逆に個々のスキルは高くてもこのメンバーで
ライヴやる機会の無かったRoman so Words
は総じて惜しい部分が目立っており、上でも書いたが
こいつは是非ともリベンジして貰いたい所じゃ!次はMINSTRELIXとの2マンを期待したいぞ!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system