2014 3/9 秋葉原club GOODMAN -星虹砕/祭-【妖】 IRON ATTACK! / 5150 / IOSYS




2014 3/9 秋葉原club GOODMAN -星虹砕/祭-【妖】
IRON ATTACK! / 5150 / IOSYS



季節は3月、まだまだ春の兆しが見えん寒さが続く中ライヴの日がやって来た!
本日は他にも数多くの実力派、有名所が各地でライヴを行っており、DIR EN GREYなんかも
武道館で2日間やっていたりするんだが、俺が足を運んだのはナードタウン秋葉原である!
アキバ唯一のハコとなったGOODMANでのライヴ!IRON ATTACK!を筆頭に5150、IOSYS
まぁかの地らしい、東方コンセプトの3マンで4月には大規模フェスを控えてのライヴ!
個人的にアキバはチャリで行けるのが便利で良いな(笑)。

1組目は一ヶ月ほど前、ファッキン大雪の時にもお目にかかった5150だ!出演バンドの多かった
前回と異なり今回は3組のみなんで前より必然的にセットリストも豊富となり、東方関係の
イベント
にあって名コンセプトアルバムである“四季楽典”収録のオリジナル曲もプレイ、
前回披露された“白色矮星”のみならずポップ寄り“ファイナルセイバー”まで披露され、
スタジオ版では勇舞氏が熱い歌唱を見せていたが今回は龍氏によるヴォーカルで、2曲目にして
サビ等相当に苦しそうだったがやはりクソ難しいのだろう・・・!そしてラスト2曲は定番の
ブラックメタルセクション
でなかなかにアグレッシヴなノリを披露、今回ヴォーカルはそこまで
調子良さそうな感じでは無かったが、ギタープレイタイトで粒の揃ったシュレッド等を披露、
ただ音響面で後のIRON ATTACK!もそうだったんだが、バスドラとベースがやけにバカデカく
ヴォーカルはちゃんと聴こえていたが
ギターやバスドラ以外のドラムがかなり引っ込んでおり
ギターなんかソロにならないとろくに聴こえない感じじゃったのう・・・!

2組目はIOSYSだったが、正直音楽的にまったく興味無かったので(爆)とりあえず外に出て
他のメタルヘッズ達熱いトークをブチかまし、そして3組目のトリを務めるIRON ATTACK!に!
今回何とわざわざ音源にも参加したあのYAMA-B氏をスペシャルゲストに迎えたレア度満点のライヴである!
看板シンガーである勇舞氏、まいなすいょん嬢に続き満を持してYAMA-B氏が登場
“DIVINE WIND”、“HEAVEN'S SWORD”2曲でパフォーマンスを披露、勇舞氏のパワフルさは相変わらず
凄まじく、
まいなすいょん嬢も伸びのある歌唱を披露していたがYAMA-B氏のヴォーカルも実に
強烈
である!あの朗々としたオペラティックな独特の声がまた良いなぁ・・・!ただやはり
5150同様ベースとバスドラがやけにデカく、ギターはソロでこそよく聴こえるものの
リフ、バッキングは殆どベースに埋もれていたがまぁ仕方無いな。べースキッズには嬉しい
プロダクションだったのかも知れんか!?(爆)
シンセが重要な“Fairy Tale”では同期音源が
トラブルでカット
されており印象の異なるアレンジになっていたし、ラストのアンコールでは
何故かノイズが目立っていたりと音響面では不利な部分も多かったが、ライヴとはこういうものよ!
熱いパフォーマンスでトラブルを吹き飛ばせば結果オーライなのがメタル・・・ロックのいい所である!


こうしてライヴは終了、場所がアキバなんでチャリでサクッと行けるのがありがたいな(笑)。
終電と言う概念が存在しないのも実にクールである!冒頭でも書いたが、この日は他にも
多くのバンドいろんなハコでライヴしており、客の取り合いが懸念されるも蓋を開けてみたら
満員御礼とはいかないまでも何だかんだで8割位は埋まっており、混み過ぎず空き過ぎず
程よい感じ
だったのでは無いだろうか!?









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system