2014 2/15 新宿LOFT Barrage Am Ring Live 2014




2014 2/15 新宿LOFT Barrage Am Ring Live 2014



危険な日危険な町危険なライヴを観に行ったぞ!(爆)マザーファッキン大雪ヤクザタウン
歌舞伎町
エクストリームメタルアベンジャーズ・アッセンブル!
それこそかつてヤクザが歌舞伎町を我が物顔で席巻していたかのようにシーンを牛耳っていた感のある、
東方関係のビッグネームであるエクストリームメタル勢が一堂に会した、ある意味フェス的なイベントである!
次代の大物に次第に食われていき廃れ始めている東方だが(爆)、それでも歌舞伎町がまだまだ
実話ナックルズ臭プンプンなアウトロータウンであるように、死に体ながらもゾンビが如き
しぶとさ
を見せておる!ウォーム・ボディーズは面白かったな(関係無い)。

そんなわけで激熱ライヴなのだが、本日クソッタレ大雪のせいでVaguedge dies for dies iraeの
バンドメンバーが福岡から来れず、
結局彼らの出番がカットされてしまうと言う憂き自体に
陥ってしまった!まぁ去年のLOUD PARKKING DIAMONDのようなワガママ理由では無く、
事故による不可抗力
なので仕方無い話である。サノバビッチ大雪が全てファックなんじゃい!

1組目が主催であるPizuya'cellで、俺は遅れてきて途中から観始めたが音作りはそれなりには
エクストリームメタルで、ブラックメタル的な要素も見られたがヴォーカルはデスVoでは無く
完全アニソンスタイルの女性シンガー
のため、何だかんだでアニソンメタルな色合いが強く
そこまでガチのエクストリーム系では無かったなぁ・・・!演奏はそれなりで、ヴォーカルが
どうにも弱く
後半では声も枯れて全然出ていなかったのが厳しい所だろうか・・・!

2組目はCLOCKWORKS TRACERで、女性シンガーギター件デスVoを擁した
バンドで音楽的にはメタルコアと言うよりはニュースクール系の印象があり、ヘヴィさは
薄くアンサンブルも結構バタついておりタイトとは言い難い
のだが、女性シンガーは
なかなかに特徴的な声質をしており、上手いわけでは無いのだがソプラノ風のファルセットも
多用しており味があったのう・・・!
後半で巨漢ゲストシンガー、さわけん氏が登場し
スクリーモ、メタルコア系のシャウトを披露、曲調もなかなかにメタルコアに接近し
個人的な好みに近づいた
感があるな(笑)。

3組目はRegister6で、音楽的にはこれまたポストハードコア、スクリーモ的な印象があり
先程ゲストでシャウトしたさわけん氏女性シンガー、さらにギターがバックアップで
シャウトを披露するスタイル
だが・・・女性ヴォーカルがこれまた声量皆無な上に音程も
相当に不安定で厳しい部分があったのう・・・!
さわけん氏は今度はクリーンVoで歌い
まぁ上手くは無いがそれなりには歌えていたな。
そして途中からコラボした経歴のある
別バンド、DHS
が登場しステージ上でもコラボする!正直こっちのほうがパフォーマンスの
レベルが高く、
シンガーはクリーン、デス両方で歌っていたがデスVoのほうが遥かに上手く、
本格的なメタルコア系グロウル
を披露、音楽的にもデジタル音入りメタルコアと化すぞ!

4組目は待ってましたのメロディックデスメタル、Kissing the Mirrorだ!これまで
何気にポストハードコア、スクリーモ系が続いていたがここに来てようやくのメロデスである!
メタルコアでは無い純然たるメロディックデスだけあって演奏はタイトさがあったが
ギターがどうにも薄く引っ込み気味だったな・・・!
シンガーがゲストを含め相当に多く、
spetsnaz氏
さわけん氏、さらにRib:y(uhki)氏アルベルト・オブ・ジョイトイ氏と言った
実力派のビッグネーム狭いステージに上がり大所帯感をさらに増す!Rib:y(uhki)氏の
ヴォーカルが引っ込み気味
だったのが惜しくも、アルベルト・オブ・ジョイトイ氏が
MC等意外と爽やか
なのが驚きだったがヴォーカルパフォーマンスはアグレッシヴだったな・・・!

5組目はエクストリームメタル勢オンリーの本イベントにして唯一のメロスピ、クサメタル系である
龍5150だ!本日初のハイトーンVoで幕を開けクサクサでシンフォニックなメロスピが炸裂!
途中ギタートラブルがありシングルギターなんで厳しい状況に陥っていたが、ソロ前に何とか
持ち直して良かったわい(笑)。
上記したようVaguedge dies for dies iraeが来れない状況なので
ちょいと時間に余裕があり、プレイする予定の無かった楽曲が急遽挟まれ、東方オンリーである
本ライヴ
にあって唯一のオリジナルであるキラーチューン“白色矮星”がプレイされる!
何だかんだでみんなオリジナルのほうが好きなようで盛り上がりまくっていたな・・・!(笑)
そして後半はブラックメタルセクションとなり、本日参加のデスシンガー達と比べてもなかなかに
遜色の無いグロウル
を披露してくれたのう・・・!

そして6組目がまさかのライヴと相成ったVermillion-D Alice Syndromeだ!上記したように
Vaguedge dies for dies iraeが来れなかったためトリとなったわけだが、恐らくは彼らの
パフォーマンス後に間髪入れずVermillion-D Alice Syndromeに続く流れだったのかどうかは
判らんが、何とたった2曲しか用意されておらずマジで2曲で終わってしまった(爆)。それでも
パフォーマンスは良く、Rib:y(uhki)氏のヴォーカルもクリーンが引っ込み気味ではあったが
先月ANOTHER STREAMで観た時よりも調子良さそうだったな・・・!そして2曲終了後に
アンコール
が行われ、spetsnaz氏とさわけん氏もステージに上がり予定に無かった曲をプレイ、
何とまさかまさかのSlipknotの“People=Shit”!我が人生の1曲!LOUD PARK08でお目にかかった
あの日の興奮が今再び蘇る!
ここ数年間モッシュをせず汗をかかずにライヴを楽しんだ俺だが
これには自分を抑えられず超久々にガチのモッシュ敢行!(爆)最後の最後に強引に盛り上がったわい!


こうしてライヴは終了、本来のメインであった筈のVaguedge dies for dies iraeが結局来れなかったが
それでも予定外の曲も聴け、何だかんだで満足度は高いライヴだったのでは無いだろうか!?
不完全燃焼ではあるし不満が無い訳では無いが、それが気にならん位には楽しめたのう・・・!
一番クソだったのは大雪だな(笑)。そのせいもあるしハコのデカさもあって客入りはイマイチ
フロアが広く、ハードコアキッズがガンガンにモッシュしまくっていたがまさか俺も最後に
それに参加する
とはなぁ・・・!(爆)異常気象によるまさかの大雪、地球滅亡も目前かも知れんが
それに備え今後も悔いの無いメタルライフを送ろうでは無いか・・・!来週こそは晴れてくれい!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system