2014 2/5 渋谷サイクロン GONOREAS / LIGHTNING / Phantom Excaliver / 兀突骨 / Contraption / Mad Cow Disease




2014 2/5 渋谷サイクロン GONOREAS / LIGHTNING / Phantom Excaliver / 兀突骨 / Contraption / Mad Cow Disease



ゴリゴリの平日ながらもメタルライヴである!本日は国産慟哭トゥルーメタルの雄LIGHTNING
スイスの盟友GONOREASを招き、さらにサポートで兀突骨、Phantom Excaliver、Contraption、
Mad Cow Disease
の4組が脇を固める形で行われるライヴだ!縁あって呼ばれたわけだが、
流石にバリバリの平日なんで頭から観る事は出来ず、会場入りしたのはスタートしてから
1時間半くらい経った後で、Phantom Excaliver、Contraption、Mad Cow Diseaseの3組は
残念ながら観逃してしまったのが悔やまれるのう・・・!特にPhantom Excaliver
クサメロスピ風メロデスで面白かったらしいんでな・・・!まぁいずれ将来的に
お目にかかる機会もある
じゃろうて・・・!

そんなわけで本日最初に観たのは国産ブルータルデスメタルバンド兀突骨で、以前にも
ライヴを観た
経験があるが、やはりこのベースサイコビリー顔負けのスラップを
連発しまくる様
は凄まじいものがありそのテクニカルさに驚かされるな・・・!
そのせいかブルデスでありながらも残虐さは無く、シャッフルメインのリズム
相まってむしろ跳ねるような軽快さがあり、語弊があるかも知れんが明るい
デスメタル
と言いたくなるわい!MCも相変わらず面白く、曲調もファンキーさの中に
日本人らしい情緒
も感じさせ祭りライクな空気を漂わせているのも印象的である。
没個性になりがちなこの手のジャンルにあって確かな個性を持った実力派じゃわい!

そして続いてが本日のメインアクトである、スイスからはるばるやってきたGONOREASだ!
何気に本日多かれ少なかれデス系の要素を持ったバンドが集まった中にあって
徹頭徹尾潔さを感じさせるストレートな正統派メタルなのだが、ギターがとにかく
シュレッド連発しまくりで相当に上手く、
かなりの速度でソロやオブリを弾きまくり
実にレガート
ミスらしいミスも無く相当にタイトなプレイを披露しておったわい!
ヴォーカルは意外と線の細さを感じさせたものの、正統派メタルにマッチした
メタリックな声質
で実にいい声しとるわい・・・!全体的に安定感があり安心して観れる
パフォーマンス
を展開し、楽曲も基本は王道中の王道を行く正統派メタルだが曲によっては
メロパワ的な疾走感も見せており奇をてらわずにカッコいい楽曲を演っている印象があったな・・・!
トリ前ながらも演奏時間は最も長くガッツリプレイされた印象があり、今の所まだ日本盤が
リリースされていない
にも関わらずの来日公演だが国内デビューも近いだろうか!?

そして本日トリを飾るのは本ライヴ主催バンドであるLIGHTNINGだ!何とフロントマンの
勇舞氏
が思い切りヘアスタイルを変えてのライヴだが、そのタイトなパフォーマンスは
不変
ニンジャコスチュームに身を包んだメンバーがパワフルでアグレッシヴかつ
メロディアスでドラマティックな楽曲
をプレイする!ただ今回バンド数が多かったからか
トリであるにも関わらず演奏時間はアンコールを入れても短く、正味30分位しか
やらなかった
のが物足りんのう・・・!是非とも去年ワンマンでやった位の長さで
観たい
んだが、まぁそれは今後に期待だな。


こうしてバリバリ平日のライヴは終了、最後にスイスの大手メタルWEBマガジンMETAL FACTORYの方
GONOREASのメンバーを紹介され何とか会話したが、やはり英語は俺は出来んわい!(爆)
まぁ彼らもメインはドイツ語で、英語は多少出来る位なのだがそれでも我々日本人よりは
遥かに堪能である。
俺なんか言わずもがなだが洋画やアメコミとかが大好きな人間なんで、
もし英語が出来れば原語、原書で楽しめて最高なんだが流石にこればっかりは難しいな。
ザ・シンプソンズ
とかリアルタイムで観れるのになぁ・・・!アラン・ムーア関係の
アメコミ
邦訳されてないのとか全部読めるんだがなぁ・・・!ガッデム!
ドラえも〜ん!翻訳コンニャク出して〜!(笑)

話がそれたが、平日ながら無理して足を運んだ甲斐のあった良きライヴであった!
GONOREASには日本でもサクセスしてもらいたいもんじゃて・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system