2014 1/12 吉祥寺クレッシェンド GYZE / ANOTHER STREAM / Vorchaos




2014 1/12 吉祥寺クレッシェンド GYZE / ANOTHER STREAM / Vorchaos



2014に入って一発目のライヴは新年早々火傷しそうな程に熱いメンツである!
去年最も多くの回数ライヴを拝んだGYZEをトリに、ANOTHER STREAMVorchaosと言う
エクストリーム系の若手が一同に会した豪華なイベントとなっており、個人的には以前から何気に縁が
ありつつ
ライヴはまだお目にかかっていないANOTHER STREAMが目当てである!
ハコはお馴染み中のお馴染み吉祥寺クレッシェンドで、例によって例の如く
本日も見事にソールドアウトしておったわい・・・!

新年一発目、一組目のバンドはVorchaosで、過去に一度お目にかかった記憶があるが、
音楽的にはメタルコアと言うよりもハードコア畑のノリを感じさせ、そこまでヘヴィでは無く
ニュースクール的なムード
を醸し出しつつちょいと正統派メタルな側面も見られたが、
ヴォーカルがどうにも微妙シャウトも非力ならクリーンもイマイチピッチが合っておらず
メロディーラインらしいメロディーラインも無い
感じで、キャッチーさ、フックが見られないのが
厳しい感じだったな・・・!ギターソロも少なく、またプレイ面も微妙さが目立っており
やはりこれからのバンドだろうなぁ・・・!ファストなハードコアチューンのみならず
クリーンギターが目立ったスローチューンもあり、この辺は激情ポストハードコアの
出自を感じさせたのう・・・!


そして2組目は個人的メインのANOTHER STREAMである!ヴォーカルがRIB氏に変わってからも
精力的にライヴを行っており、俺が彼らを拝んだのはこれが初だがパフォーマンス自体はかつて
Imperial Circus Dead Decadenceのライヴでお目にかかっておる!やはりしかとしたテクニックを持ったバンドで
見所満載のライヴを披露、ただ今日はどのバンドもそうだったんだがギターが
奥に引っ込んでおりベース、ドラムがバカデカい
感じで流麗なソロプレイが
聴き取り辛かった
のが惜しいなぁ・・・!RIB氏のヴォーカルシャウト関係が
強烈
だったがクリーンは若干弱さがあり、前任者時代の曲はキーを一つ
下げており高音部が苦しそう
だったがまぁこれは仕方の無い部分である。
アンディ・デリスよりは遙かにマシだ(爆)。
何気に下手ギターのTOME氏による
バックアップグロウル
が良く、これによりヴォーカルパフォーマンスが引き締まって
見えた
のが好印象だが、それ以上に驚かされたのは2曲程披露された新曲で、何とこれまでの
スタイリッシュでシリアスな、洗練されたANOTHER STREAMのイメージを良い意味で思い切り覆す
相当にクッサクサ
日本人らしさ丸出しのクサメタルに仕上がっておるではないか!(爆)
最初に披露された方はクラシカル要素を感じさせるギターに始まりアグレッシヴに
疾走するが、
サビが何と歌謡曲要素満点の強烈なクサメロを披露!まぁ正直
目を瞑って聴けばまんまヴィジュアル系なんだがそれもまた良し!(爆)
ラストのギターも泣きまくりのエモーショナルなプレイとなっており、もう一つの新曲に至っては
ポップな明るさ漂う、まるでアニソンのようなメロスピ風では無いか!
まさか彼らからこんな曲が飛び出すとは思っても見なかっただけに
相当にインパクトが強かったわい!

そしてトリはまさかのANOTHER STREAMによる激クサな新曲勝るとも劣らないクサさ
全編において発揮する新進気鋭のメロデスバンドGYZEだ!去年最も多い回数ライヴを
観たバンド
で、去年の暮れ・・・と言うか2週間前にもライヴを観ており
正直書く事が無いんだが(爆)、
それでも彼らの放つ激情の慟哭クサメロはたまらんなぁ・・・!
相変わらず今回もギターは一本で、ハモリは同期音源なんだが今回は全バンドで
ギターが引っ込み気味
だったんでそんなには気にならなかったな(笑)。
長丁場なので前身バンドSUICIDE HEAVENの曲もプレイ、インストクサさ満点のギターが
縦横無尽に舞いまくる爆走メロスピ系
で、どこかイトケンを彷彿とさせ良かったのう・・・!
後半はデスVoがバテ気味だったが彼らはギターがメインのバンドなんで
大した問題では無い!そのギタープレイは今回も実に流麗だったな・・・!


今回まさかの全バンドアンコールありの長丁場で、全てのバンドが1時間を越える
パフォーマンス
を披露しており演る方は勿論、観る方もまた疲労しまくりなんだが
それでも良きパフォーマンス疲れなんざ簡単に吹き飛ばしてくれるわい!
安定のGYZEも良かったが、今回はANOTHER STREAMの新曲が全て持っていったライヴであった!
彼らには是非ともこの方向性でアルバムを作って頂きたいモンじゃて・・・!
聞いた話だと引き出しはまだまだあるそうなんで、クサメタラー諸氏は期待して待とうではないか・・・!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system