LOW IQ 01







"MASTER LOW FOR・・・"




日本のミクスチャーミュージシャンのアルバム。


パンクからメタル、プログレ、ハードコア、ダブ、レゲエ
様々なスタイルを取り入れた国産ミクスチャーなのだが
実はバンドではなく現在活動休止中のパンクバンドSUPER STUPID
ベーシスト市川昌之によるソロプロジェクトである!
ライヴでは後方にゲストプレイヤーを配するもののスタジオでは
殆どの楽器をプレイしているのかどうかは判らんが様々な楽器を操る
マルチプレイヤー
として知られているようだ・・・!

ミクスチャーといってもマキシマムザホルモン10-FEET、
地獄車
などとはまた違う独自の個性を持っておりヴォーカルの
声質はどこかエモっぽいクリーンさがありギターのリフは
プログレッシヴな変拍子を取り入れつつもメタリックという
わけではないがゴリゴリしたへヴィさを持っており攻撃性もしっかりあるぞ!
ちなみに歌詞は基本は英語だが部分的に日本語もある。本作以前は
全て英語でやってきたようだ・・・。またデス声は一切無い。

1曲目はのっけから変拍子交じりのへヴィリフに始まり
怪しい語り、そしてパーカッションとミクスチャー系のリズムが聴け
なかなかにメタリックかつエモ風である!途中疾走しその後
DEEP PURPLEの“BLACK NIGHT”っぽいリフが出てくるぞ!
2曲目はパンクに近づいたノリの良い曲だな。3曲目は
コミカルな和の雰囲気を持ったリードギターで始まり爆走!
サビは中東風面白おかしくもメロディアスなフレーズだ!
4曲目はアコギとスカっぽいリズムが聴けるライトなノリの曲。
だがシンセがプログレ的な質感を出しているな。5曲目は
軽めの歪みによるギターが60年代っぽさを出しつつも曲調は
キャッチーなメロコアだ。6曲目はネオアコ、ラウンジ、
ボサノヴァ
系のアレンジが施された曲。1曲目のへヴィロックと
比べてこの差の激しさが魅力なのだろうか!?7曲目は思い切り
70年代プログレなリフで始まりジャジーな雰囲気を持った
フルートが舞う完全プログレッシヴ・ロックである!70年代の
ユーロシンフォロックを思わせつつもジャズロックでもあるこのアレンジ!
実に凄まじいミュージシャンである!だが意外と短い曲でそのまま
繋がる8曲目はパンキッシュな疾走メロコアチューンだ!ギターリフは
なかなかにラウドトレモロリフも飛び出したりする!
9曲目はドラムに始まり70年代的な穏やかさの中にプログレ要素
いくぶん入り混じったアレンジが特徴の曲。基本は明るくキャッチーだ。
10曲目は実に怪しい中東風のイントロに始まりへヴィかつ変拍子入り
リフ、低音ヴォーカルが聴けるミドルテンポのラウドロックだ!
目まぐるしいプログレッシヴな変態的展開を見せるもやはり短めだな。
こういう曲は10分ぐらいの長さで聴きたいぞ(笑)。そして11曲目は
スカのリズムを持った妙にほのぼのとした穏やかなインスト。


ありとあらゆるロックの手段を身につけ自在に操るこの才覚!
ロック・マエストロ
などと称されていたりするらしいが
それも聴けば納得だ!散漫さは好き嫌い分かれるだろうが
これだけの事を一人でやってのけるこの男もまたロックの天才だろう・・・!
本格的にプログレッシヴなへヴィロックをやってもらいたいとか
思ってしまうがいかがだろうか!?TOOLやメタル・クリムゾンの
領域
に足を突っ込んでもらいたいのう・・・!(爆)



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 This 1 Is 4 You、
A.A.A.(Again And Again)、Pepper U







もどる


inserted by FC2 system