Lacroix Despheres







"古の刻より舞い降りし者たち"




日本のシンフォニックヴィジュアル系メタルバンドのシングル。


mp3レビューで以前触れた事もあるバンドだ!メンバーが男Vo、女性ソプラノVoと
ギターのみ
なのでバンドと言う表現は微妙に違うかもしれんがとにかくこの3人が
基本メンバーであとはサポメンでもう一人ギターとヴァイオリンが参加している。
ベース、ドラム、シンセは打ち込みだろう・・・。

そんな彼らの音楽性はまさにMoi dix Moisフォロワーと呼ぶに相応しいもので
ヴィジュアル系スタイルの男ヴォーカルにソプラノが絡みつき疾走、
ヴァイオリンやチャーチオルガンが彩りを加え極上のクサメロを
奏でる
というものだ!インディーズの自主制作ながら楽曲のクオリティーは
非常に高くMoi dix Moisファン及びRHAPSODY、初期DARK MOOR、
NIGHTWISH、SKYLARK
あたりが好きなシンフォ系クサメタラー、
さらにはSOUND HORIZON、Asriel、六弦アリスあたりのファンにも
激しくオススメできる超劇的悶絶クサクサシンフォニックメタルをプレイしている!!
これは強烈だ!!バックのアレンジ等もよく練られており音質、演奏を除けば
チープさは無い
と言えるぞ!

本作は3曲入りシングルでタイトル曲となっている1曲目“古の刻より
舞い降りし者たち”
はオフィシャルサイトで視聴できる曲でイントロのクワイア、
チャーチオルガン
が既に強烈なクサ味を放ちその後疾走!男ヴォーカルと
ソプラノがクサいメロディーを歌い上げる!様式美メタルの雰囲気が濃いが
Moi dix Moisのようなブラック色は無くよりRHAPSODY寄りの王道シンフォメタル的な
様相を醸し出している!ソロにおけるツインリードはXの影響も
感じさせる
な・・・!もうちょいプロダクション、演奏が良ければ大化け必須の
激クサ疾走シンフォニックメタルに大満足である!!

2曲目“古の刻のワルツ”は1曲目のメロディーをタンゴというかワルツ風に
アレンジ
したインスト曲。そして3曲目は1曲目のカラオケヴァージョン。


とにかくやりすぎなくらいクサく大仰で劇的な楽曲だと言えよう!
クサメタラーがここまでクサい音楽を逃すのは勿体無いぞ!
どうやら現在ミニアルバムを製作しているようだ・・・!早く聴きたいわい!
いつかフルアルバムもつくってくれい!!
オフィシャルで通販できるようになったので興味を持ったら見てみよう!
値段も500円と安めだしな!在庫は少ないぞ!急ぐのじゃ!!

残念ながらもう売り切れたようじゃ・・・!残念!次のミニアルバムを待つべし!



オフィシャルで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 古の刻より舞い降りし者たち







"Dernier Paradis - The Symphonic Gothic Opera - act 1"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


以前シングルを直接通販したからか今年年賀状をくれた
良心的なバンド
である(笑)。俺が彼らを知ったのは
およそ1年半前・・・ちょうどサイトを開設して間もない頃で
視聴音源のあまりのクサさ、シンフォさに初めてSound Horizonや
Moi dix Moisを聴いた時の興奮が蘇り
アルバムのリリースを
今か今かと待ち望んでおった・・・!それこそ毎日が新婚初夜の
営みを迎えんとする大昔の花嫁が如き心境よ!
ちょいと誇張表現
過ぎたが、とにかくそれくらいの期待を持って彼らの動きを
注目していたわけで、V系バンドにありがちな解散の危機を迎える事も
無く
ようやく本作のリリースと相成ったわけである!

音楽的にはMoi dix Moisのフォロワー大仰極まる
オーケストレーションに男女ツインVo、クワイア、ピアノ、生の
ヴァイオリンを導入
RHAPSODYの如き
メタルサウンド
で疾走、曲によってはMALICE MIZER的な
雰囲気
も顔を覗かせるぞ!男ヴォーカルはいかにもV系ながら
オペラティックに大仰に朗々と歌い上げるタイプでやはり
Gacktあたりの影響があるだろう。音を外す事は無く癖も無く
聴きやすいな。女性Voは線が細いながらもソプラノである!

雨のSEとピアノ、そしてお約束の語りがクサさを演出し
シンフォニックに盛り上がるイントロに続く2曲目から
さっそくクサクサに疾走!まぁドラムは打ち込みで
滅茶苦茶チープなのだがツインリード、クワイアも使われた
オーケストレーションはなかなか壮大だぞ!そして男女ツインVoが
登場し、そしてサビはツインVoの掛け合いと共に爆走!その後は語りも登場する!
滅茶苦茶クサい!クサすぎるぞ!!かつて視聴音源で聴けた
あのクサメロが1年半以上の時を経て今再びここに!!
間奏のオーケストレーションが実に壮大だな!そしてまったりした
アレンジになりクワイアが現れオペラティックになるぞ!
その後は語りと生ヴァイオリンのソロだ。そして再び
オーケストレーションとクワイアが重厚さを演出する
RHAPSODY的シンフォニックメタル要素の次は切れのいい16分リフ
シンフォサウンドがメロスピ的に疾走!まるで別の曲のような
唐突な展開
である!(爆)だがブリッジ、サビは同じだ。
3曲目はディープな低音男Voとピアノが聴けるバラード。
フルートの音が印象的だな。サビは歌謡曲的なクサさで盛り上がる!
かつてのAMADEUSのようだ・・・!サビ後はちょいとプログレッシヴな
バンドサウンド
も聴けるぞ!その後はヴァイオリンとギターの
掛け合いソロ
である!4曲目はタンゴ的3連リズムが印象的な曲。
この辺はMALICE MIZERの流れだろうか!?サビはやはりかなりの
盛り上がり
を見せるオーケストレーションが聴けるな。
ドラムはあんなにチープなのになぜオーケストラはこんなに壮大なのか・・・!?
まるで“Chronicle 2nd”の頃のSound Horizonみたいだ(笑)。
5曲目はフルートソロに始まりクワイア、チャーチオルガンが登場!
シングル曲“古の刻より舞い降りし者たち”のアルバムヴァージョンである!
ギター、クワイア、オーケストラがより大仰になって帰ってきた!!
クサい!クサすぎる!!聖歌が如きホーリーなクワイアが琴線を掻き毟る!
6曲目は弦楽アンサンブルが聴けるライトなアップテンポ曲。
この曲はもろにMALICE MIZERだな(笑)。途中アコギによるソロが聴けるぞ。
7曲目はコンセプトの終わりを締めくくるアウトロでそれ以降は
ヴォーカル曲のカラオケヴァージョンとなっている。


最近のクサシンフォ系ヴィジュアルバンドHIZAKIの
一人勝ち的
な印象があったんだがここに来て強烈な
対抗馬
が満を持して現れたな!ドラム等プロダクションは
まだまだアマバンのそれだし曲展開も詰め込みすぎな印象
無きにしも非ずだがこのままキャリアを重ねれば凄まじい
クサメタルバンドに化けそう
だな!間違いなく次代の
クサメタルシーン
を担うバンドである!Dragon Guardianの
良きライバル
となりそうか!?ポジティヴ・ファンタジック
シンフォのDragon Guardian、ダーククラシカルゴシックの
Lacroix Despheres
という図式が成立しそうである!
そういやかつてSound Horizonを知った時は勝手にMoi dix Moisを
引き合いに出し「光のSound Horizon、闇のMoi dix Mois」とか言って
対比の構図を考えていたもんじゃ・・・!(笑)こいつは面白い!新世代
ジャパニーズクサシンフォ乱世の時代
に突入か!?(爆)
本作は日本語詩、ヴィジュアル系に偏見の無いクサメタラー全てに
オススメの名盤
である!!Moi dix Mois、RHAPSODY、
初期DARK MOOR、NIGHTWISH、SKYLARK、SOUND HORIZON、
Asriel、六弦アリス
等が好きなクサメタラーならば本作を聴かずには
枕を高くして眠る事はできんだろう!
クサメタル ネヴァーダイ!!
メロスピ ネヴァーダイッ!!(爆)



オフィシャルで見てみる





満足度 92% お気に入り曲 全部







"Dernier Paradis act2"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


Moi dix Mois、VERSAILLES系列のヴィジュアル系メタル・・・というよりはもはや
V系と化したSound Horizonと呼んでしまっても過言ではない超シアトリカルクサクサ
様式美シンフォニックヴィジュアルメタルバンド
による待望の2ndアルバムである!
しばらくライヴ活動を休止していた時期もあったが本作リリースにより本格的に活動を再開、
我々クサメタラーを大いに喜ばせる事と相成った!
音楽的には過去作同様オペラティックで
シアトリカルなシンフォニックさ
を持った男女ツインVoを擁したV系メロスピ
オーケストラアレンジ、演奏技術、作曲能力明らかに向上しておりドラマティック
極まりないV系オペラ
がこれでもかというほど炸裂しまくっておる!ちなみにドラムはそうる透だ。

1曲目は鐘の音、クワイアが期待を煽る荘厳なクラシカルさを持ったイントロで続く
2曲目はキレのあるリフ、ストリングス、シンセで疾走しギターはスウィープを披露、
シンセが絡みリードギターとともにさらに疾走感を増す様式美シンフォニックメロスピである!
ヴォーカルが入るとテンポダウンしピアノ、管楽器がオブリを挿入女性ソプラノVoも登場し
ツインVoとなるぞ!シンフォニックアレンジがかなり凝っており本格的なクラシック、オペラの
空気
を感じさせてくれるのう・・・!中盤のクラシカルなアンサンブル、クワイア、メタリックな
ギターソロも聴き所である!
そのまま続く3曲目は壮麗なオーケストレーションはそのままに
どこかプログレッシヴなムードを放つテクニカルさがありヴォーカルはまったりとした
感じだがメロディーはやはりシアトリカルなクサさがありSound Horizonを思わせるのう・・・!
アコギソロは穏やかでフュージョン、ラウンジ系に通じる小洒落た感もあるがその後オーケストラが
盛り上がりそしてサンホラ直系の語りも登場、そしてプログレ然としたパートも顔を出すぞ!
4曲目はピアノが怪しいムードを演出しこれまた極めてシアトリカルな要素の強い曲。女性Voのみの
ヴォーカルでストリングスなど他の楽器がいかにもミュージカルな空気を放っているな。
5曲目は雨のSEからちょいへヴィ寄りのリフ、クワイア、笛が挿入され細かく複雑なオーケストラと共に
テンポアップし男女ツインVoになりドラマティックさが増しプログレッシヴ要素
クラシック要素が入り混じりヴォーカルメロも大仰でクサいのう・・・!男VoはV系ではあるがオペラティックな
空気
も感じさせるぞ!そして途中からこれまたミュージカルライクな笛パートに突入し実に
シアトリカルである!
複雑な楽器の絡みはさながら様式美化、ヨーロピアン化したあさき
言えそうなムードもあるな。その後は恥ずかしい語りパートになりクワイア、オルガンが
大仰さを演出し
ギターリフも登場、オーケストラとドラムが絡みテクニカルに展開!
ラストのギターソロもテクが凄いと言うわけではないがなかなかに流麗だな。6曲目はストリングスが
優雅なムードを放ちピアノと共に男Voがソフトに歌うバラード系。女性Vo、アコギも顔を出し
穏やかなミュージカル風ムードが強くやはりシアトリカルじゃのう・・・!途中でホーンが
盛り上がり
女性Voはソプラノで歌い上げ後半でギターがスクラッチで切り込みバンドサウンドも登場、
実に大仰でクサいミュージカルバラードだ!映画「バーレスク」「プロデューサーズ」
彷彿とさせ気分はすっかりショウビジネスに!歌い踊りながら花道みたいな階段
降りたくなるな(笑)。
7曲目はグレゴリオ聖歌風クワイアSE、鐘の音が聴けるアウトロのインスト。
その後はヴォーカル曲のカラオケヴァージョンが収録されているぞ。アレンジが恐ろしく
緻密に練られている
のでヴォーカル無しでも十分に楽しめるのう・・・!


1st時は十分クサかったもののまだ向上の余地が見られたが本作でオーケストラアレンジが
かなりクオリティーアップしており
バンドサウンドもキレも増しかなり高いクオリティーを
見せるようになった
のう・・・!オーケストレーションはホーン等管楽器が目立った感じ
大仰さ満点、本格的なクラシックに精通してそうな凄みを感じさせてくれるわい!
勿論オペラティックなコンセプト入りだが同系統のSound Horizon等と異なり
何かとつけてビショージョ(笑)出したがるアキバ・ギーク要素が無いのも
ノンケメタラーには優しい仕様になっており良いな(笑)。疾走シンフォメロスピのみならずプログレッシヴ
アレンジが施された曲やバンドサウンドの無いオーケストラのみの曲があったりと何気に
幅広い素養を感じさせるが共通しているのはシアトリカルでオペラ色濃いクサさ
満ちているという事!V系やSound Horizonが好きなクサメタラーならば確実に楽しめるであろう事
請け合いの超絶シンフォニックオペラティックメタルである!よくぞ帰ってきてくれた!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 93% お気に入り曲 全部。特に“Scivias”、“Le Sortilege”







"鳥籠少女の華麗なる脱出劇"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドによるシングル。


Moi dix Moisや今は亡きVERSAILLES辺りの流れを汲んだ、超絶シンフォニックV系メタルとして
クサメタラーの注目を集めたLacroix Despheres久々の帰還である!
しかも驚くべき事に先日のM3に降臨なさっており、ステージ衣装そのままの
アピアランスでかなり目立っていた
のも記憶に新しい話じゃろうて・・・!
同人ゴシック、ファンタジー系
が悉く没個性でつまらなくなり、その上開祖である
サンホラは今やわけの判らん世界に旅立ってしまい俺等と無関係の存在になっちまったが、
Lacroix Despheresはやってくれるだろう!そんなわけで本作は3曲入りシングルだが、
タイトル曲1曲インストヴァージョン、オーケストラヴァージョン
収録された変則的な1枚となっているぞ。

1曲目はかなり本格的なオーケストレーション可憐なファンタジックさを放ち
軽めだがバンドサウンドも登場、男女ツインVoで男Voも典型的V系歌唱と言うよりも
かなりオペラティックな印象があり良いな・・・!途中ちょいとプログレ的な面もあり
伝説のお城系ファンタジックプログレバンド、MARGE LITCH
を思い出すわい!後半も
かなりシアトリカルなオペラ要素がありたまらんなぁ・・・!2曲目はヴォーカル無しの
カラオケヴァージョン
で、3曲目はバンドサウンドを廃しオーケストレーションを
より強化したヴァージョン
となっているぞ!


実質1曲のみのシングルだがやはりLacroix Despheresは凄い!かなり本格的で大仰な
オーケストラ
シアトリカル極まりないオペラティックな男女ツインVoが乗り、
クワイアも彩りを添えフルートオーボエ等も専任メンバーによる生の音でかなり劇的だな・・・!
欠点としては本格的なオーケストラに反してバンドサウンドがペラッペラな事、
それと男Voが引っ込み気味な事くらいで、あまりHM/HRらしい印象は無いんだが
彼等の場合はそれでも大丈夫
なのかも知れんな・・・!次なるフルアルバムが
実に楽しみになって来るわい!





オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 鳥籠少女の華麗なる脱出劇







もどる


inserted by FC2 system