La'cryma Christi






"Sculpture of Time"




日本のヴィジュアル系バンドのアルバム。


ヴィジュアル系ではあるが、最近ハードロック志向になったようで
BURRN!にも出ていた
な。ディルアングレイもレビューされていたし、
このシーンも少しは認知されてきたと言うべきか、それともこの手のバンドの
クオリティーが上がってきたのかは分からんが、ここに紹介する彼らも
なかなか興味深い音楽をやっているバンドだ!

このアルバムは初期の頃のものらしいが、ここで聴けるサウンドは紛れも無い
イエスタイプのプログレ
である!どこか明るいポップな雰囲気を持ちつつも
テクニカルなプレイ、変拍子、凝った曲構成
などを聴かせるスタイルは
どこからどう聴いてもプログレそのもの!ヴォーカルも
この手のバンドにしてはかなり声量があり、もはやパワフルと言ってしまえるほどだ!
シンセが無いためイエスのようなシンフォニックさはないがその代わりどこか
フュージョンっぽい
所もあり、演奏技術もしっかりしているぞ!
ヴィジュアル系でプログレ寄りのスタイルと言えばジャンヌダルクが思い浮かぶが、こっちのほうが
よりプログレ色が濃い!いや、他のアルバムは知らんが本作に限って言えば
彼らをヴィジュアル系だと思ってはいけない!
普通に新手の
ジャップスプログレバンド
として多くのプログレッシャーにアピールできそうだ・・・。
高見博史がライナーノーツ書いていてもおかしくない(笑)。


そんなわけで、日本語詩が聴けるプログレッシャー、フュージョン寄りのロックが好きな人に
おすすめする!彼らはV系ではない!プログレミュージシャンだ!!(笑)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 偏西風、THE SCENT







もどる


inserted by FC2 system