LIGHT BRINGER







"Heartful Message"




日本のプログレメロハーバンドのミニアルバム。


ALHAMBRAで活躍するテクニカルベーシスト率いるプログレメロハーバンド
Dragon Guardianの中心人物である勇者アーサー氏が絶賛していたので
手を出してみたぞ!音楽的にはALHAMBRA直径のキャッチー極まる
アニソン風女性ヴォーカル
クサめのメロを歌うメロディー重視の
プログレ・ハード
初期のJanne Da Arcに通じる要素もあるだろう。
ALHAMBRA以上にアニメソング色が濃く硬派なメタラーには
受けないだろうがクオリティーはALHAMBRA同様高くテクニックも
当然だがかなりのものがあるぞ!ヴォーカルは基本アニソン的
媚び声
だが稚拙さはなく部分部分でシリアスな歌唱も聴かせてくれるぞ!

1曲目は明るくもプログレッシヴな、遊園地みたいなイントロに
始まりアニメが如き女性ヴォーカルが登場するもバックの演奏はかなりテクニカルだ!
ポップさが強調されたALHAMBRAってな塩梅でヴォーカルは
下手ではないがやはりあっちには及んでいないな。向こうの
ヴォーカルが超人的すぎるというのもあるが・・・!
そしてインストパートは流石のテクニカル振りを発揮しているぞ!
全体に満ちた明るい雰囲気はポンプロック辺りに通じるものもあるな。
2曲目はクラシカルさの感じられるギターとシンセのイントロに始まり
ハモンドも登場するがやはりポップ極まりないメロディー
バシバシ聴ける!まるでアニメソングが如きポップネスに満ちているものの
所謂セルアウト・・・金儲けのために、売れ線に走るためにポップさを
取り入れているのではなく己がやりたいことを素直にやったら結果こんなに
ポップになった
ってな感じで嫌味がないのは好感が持てるな!
バックの演奏がかなりテクニカルでプログレッシヴだからだろうか!?
シンセもギターもポップさのバックでかなり複雑な絡みを見せており
アニソン好きアキバ・モッシャーからメタル好きの
ヘッドバンガー
双方を唸らせるクオリティー、説得力があると言えよう!
3曲目はクラシカルなピアノに始まり様式美のオーラを携え
疾走する!明るいポップさも鳴りを潜めドラマティックさ
前面に押し出されるもやはりヴォーカル、メロディーはキャッチーだ!
ハモンドソロが古き良き70年代の雰囲気を現代に具現化し
煌めく様式美サウンドが古のメタラー魂を揺り動かす!
やはりこの曲の方向性が俺の好みだな(笑)。4曲目は緊迫感漂う
ピアノとプログレッシヴなリフテクニカルメタルであることを
主張するかなりALHAMBRAに近い曲だ。テクニカルかつメロディアスに
展開していくアレンジが施されており技巧のオナニーに陥らず
あくまでも曲の良さが最優先となっているのもALHAMBRA、そして
Janne Da Arcに通じる要素だろう。シンフォニックなバッキング
クサいメロも聴けるぞ!ヴォーカルも媚び声ではなくALHAMBRAの如き
オペラティックさを出そうとしているのも好印象だ。途中には
お約束のクッサイ語りも登場だ!ベースソロもあるぞ。
5曲目はピアノが美しいバラード。ヴォーカルも媚び媚び
アニソン要素を減らしシリアスに、エモーショナルに堂々と
歌い上げており上手さが伝わってくるな。そしてラストの6曲目は
ギターがクサメロを奏で疾走するメロスピだ!Aメロに入ると
テンポは落ちるがサビはやはり疾走!ファルセットはちょいと弱いな・・・!
この曲はMINSTRELIXを思わせるクサさがありメロスパーも
悶絶
するであろう!バックのアレンジも熱くかなりクサいぞ!
ギターとキーボードのバトルも様式美者、プログレッシャー双方を
興奮させること請け合いである!かなりのキラーチューンだぞこれは!!
疾走するサビ、バックのアレンジが素晴らしい!こういう曲もっと
やってもらいたい
ものであるなぁ・・・!最後はピアノとオルゴール風の音、
ストリングスシンセ
メランコリックに締めるぞ。


滅茶苦茶ポップではあるが嫌味は無く普通に楽しめるのは
やはり高度なミュージシャンシップがあるからだろうか!?
メロディアスなプログレ・ハードとしてクオリティーはかなり高く
クサメタラー、プログレメタラー、そしてアニソンメタラー(!?)3者を
ことごとく納得させるであろう説得力が備わっているぞ!
ALHAMBRAが好きならまさしくマストJanne Da Arc、MINSTRELIX、
SIAM SHADE
あたりのファンにも激しくオススメである!捨て曲は無い!
値段が安いのも良いな!DVD付きシングル2000円以上で売る
3流ボッタクリV系バンド連中に見習ってもらいたいものだ(爆)。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 Escape from cage、
SYMPHOPIA、Episode







"Doux poupees"




日本の女性Voプログレメロハーバンドのシングル。


Dragon Guardianの新譜“DRAGONVARIUS”
Unlucky Morpheusでも見事な歌唱を披露している
実力派女性シンガーFuki嬢が参加する、これまたDragon GuardianやALHAMBRAで
超テクニカルなベースプレイを披露するHIBIKI氏率いる
プログレッシヴメロハーバンドによる手焼きCD-Rのシングルである!

1曲目からいきなりモダン寄りになったリフが登場し
軽さが減退しているのが良いな!かといってへヴィに
なったのかというとそうではなくプログレメタルとしての
スペイシーな雰囲気を保ったモダンさなので問題は無い。
ヴォーカルはやはりキャッチーでシンセもバックで
良い仕事をしている。ソロ後の叙情パートも良い!
2曲目はなぜかプロダクションそのものが変わりやけに
軽くなる
もキャッチーさ、メロディアスさが増強され
シンセのメロディー、サビはかなりクサいのう・・・!
特にサビは和の雰囲気を感じさせるクサメロでNUMBER GIRL、
上海アリス幻樂団
タイプのフレージングだと言えよう!
ベースソロも聴き所でその後のギターソロもテクニカルだが
泣かせ所ではキチンと泣かせに掛かりその後のシンセは
シンフォプログレの系譜に位置してそうな音色である!
あとはヴォーカル無しのカラオケヴァージョンが収録されている。


メカニカルでインダストリアル系の雰囲気を感じさせる
テクニカルへヴィチューンとクサいメロディー重視
ライトな楽曲と異なるタイプの2曲が収められており
次なるフルアルバムへの期待が高まる1枚になっているな。
へヴィな曲も俺は好みだがやはり彼らはメロディアスな、
クサくキャッチーなスタイル
でこそ真価を発揮できると
思うので2曲目のような曲を求めてしまうのう(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 L'Eternite







"Tales of Almanac"




日本の女性Voプログレメロハーバンドの1stフルアルバム。


超実力派メンバーが集いアニソンタイプの恐ろしく
キャッチーなクサメロを持ったテクニカルプログレを
プレイし最初のミニアルバムの頃から話題を集めていた
技巧派バンドによる待望のフルレンスアルバムである!
その内容たるやこれまでに彼らが培ってきた確かな技巧
やりすぎなまでにキャッチーなアニメソング臭プンプンの
メロディーセンスが融合しメタラー、アキバキッズ双方の
嗜好を満たす超強烈プログレメロハーに仕上がっているぞ!

1曲目の出だしのヴォーカルからいきなり恐ろしく
キャッチー
じゃのう!いい意味でアニソン臭く
こっ恥ずかしくならんことも無い
がバックの演奏は
やはりテクニカルなプログレメタルらしいタイト極まる
ものだ・・・!2曲目は疾走曲でさらにテクニカル度が
上がり
メロスピ系の明るいキャッチーさに満ちているな。
ストリングス系のシンセがバックで聴けヴォーカルは
例によってアニソンである(爆)。ギターソロも聴き所だ!
後半のピアノも良くヴォーカルの歌唱力も凄まじいのう・・・!
ラストはピアノ、泣きのギター、大円団的なコーラスで
2曲目にしてあたかもアルバムラストのようなテンションである(笑)。
3曲目はALHAMBRAに通じる雰囲気を持っておりストリングス系の
シンセが聴けヴォーカルも珍しくいつものハキハキした
スタイルと違い気だるいファルセットで歌いやはりALHAMBRAっぽいな。
4曲目はどこかミクスチャーっぽい出だしでその後はこれまた
キャッチー極まる爽やかな野郎コーラスが飛び出しJAM PROJECT
近い雰囲気を感じさせる。中盤から後半のピアノはカノンの
フレーズ
が使われやはりクサい(笑)。5曲目は明るく爽やかな
バラード系の曲。ヴォーカルの表現力、歌唱力を堪能する曲だな。
6曲目はキャッチーさを保ちつつも緊迫感を持ったバンドサウンドが
聴ける曲だ。チェンバロも登場しサビはやはりクサいのう・・・!
ノイジーになった後に飛び出すフラッシーなギター、そして
キラキラしたシンセとのユニゾンも良い!7曲目はミドルテンポで
若干地味だが哀愁を感じさせるALHAMBRAっぽいヴォーカルメロディー、
泣きまくりのツインリードが聴ける曲。8曲目は明るくキャッチーな
ギターフレーズで始まりヴォーカルも半分ウィスパーっぽい
歌い方
でテクニカルかつメロディアスに訴えかける、シャッフルリズムが
そう思わせるのかどこかお城系に近い目黒の雰囲気に満ちた様式美曲だ(笑)。
9曲目はキレのいいリフが聴けリズムは複雑なテクニカルチューンで
本作中特にプログレ要素を感じさせる曲と言えるだろう。インストパートは
まさにプログレメタルの真骨頂である!ソロ後のウィスパーするパートの
後は男Voも登場しV系的な歌唱だがALHAMBRAにもこんなツインVoになる
曲がありそれを思い出すのう・・・!その後は疾走を開始するぞ!
8分くらいある大作なのもまさにプログレメタルである!10曲目は
流麗なピアノが聴けるインスト。11曲目はシンセがシンフォニックさを
出し疾走するメロパワ、メロスピ系の曲となるぞ!だがベースがバックで
滅茶苦茶唸りまくったりとこの辺のテクニカルさはやはり
プログレメタルだ!間奏のピアノ、泣きのツインリードも良いのう・・・!
11曲目はメランコリックな雰囲気を持ったヴォーカルが聴ける
キャッチーなアップテンポチューン。これも強烈なアニソン風
ラスト間際のコーラスでは暑苦しい野郎共が両手を挙げて左右に
振りながらシンガロング
する様が脳裏に浮かぶようだ・・・!(笑)


アニソン要素とメロディアスなプログレメタル要素が上手いこと融合しており
Dragon Guardianがそれ系の語りこそあれど曲調、メロディー自体は
あくまでも海外のシンフォニックメタルがルーツにあるのに対しこっちは
バックの演奏こそテクニカルプログレなれどヴォーカルがいい意味で
見事にアニメソングスタイル
である!それでいて滅茶苦茶上手いので
媚び声とのディスを許さない説得力がしかとあるのだ!ただ技巧のみを
垂れ流して「俺って上手いだろ?夜も同じくらい床上手なんだぜ」
なんて自己主張しまくってるダメな技巧派ミュージシャンとは違う、
あくまでも楽曲の良さを重視したスタイルがありこの辺はやはり
俺が俺がの民族ではない日本人ならではの引きの美学を心得た
絶妙なバランス感なのだろうな・・・。ALHAMBRAのような派手さは無く
地味なアレンジの曲もありプログレ部分においてダレを覚える箇所も
あるがこのアニソン要素を惜しげもなく取り入れたメロディーは
強烈な個性と言えるだろう!あとはインディーズ然とした
音質の軽さ
が欠点だろうか・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Upstream Children、Red Spider Lily、
Closed Sister〜雪待月の妹〜、White Locked Night、Hearn's Heaven







"Midnight Circus"




日本の女性Voプログレメロハーバンドの2ndアルバム。


Dragon Guardianに参加する女性シンガーFuki嬢とベーシストHibiki氏を
擁した国産テクニカルプログレメタルバンドの2作目のフルアルバムである!
よう判らんが何やらテレビに出たりしたりして非メタラー層にも
知名度を上げてきているらしいな。・・・!前作までがキャッチーな
アニソン要素
を持ちつつもルーツはプログレメタルのため
時にそういった冗長さも目立っていたが本作はDragon Guardianの
影響
なのかどうかは知らんがかなりメロスピ、クサメタル方向に
シフトしており悪く言えば「売れる音」になったわけだが当然これは
我々の好みの方向性なんで大喜びで歓迎できよう!従来持つメロディーの
キャッチーさもこういう方向性でこそ引き立つ
のだ!

ピアノ、シンセにベースが自己主張するいかにもプログレな
イントロ
に続く2曲目はシンセが目立ちギターもいきなりソロを弾き
疾走するメロスピチューン
である!ヴォーカルメロディーはキャッチーで
ロマンティック
な印象もあり実に強烈である!ピアノソロはクラシカルかつ
どこかXの“ART OF LIFE”に通じるものもありそしてシンセ、ギターソロ
繋がっていくぞ!3曲目はいかにもテクニカルプログレメタル的な
緊迫した雰囲気
を持ったスペイシーなアップテンポチューン。リフが若干
モダン系でノリが良くメロディー、ヴォーカルがキャッチーなのでよくある
テクのみプログレバンドと異なり純粋に曲として楽しめるのは良いな・・・!
ALHAMBRAに通じる要素もありヴォーカルの伸びのある巧さ等共通点は多いぞ!
4曲目は流麗なピアノにヴォーカルが乗りプログレ的なモダンなバンドサウンド
聴けるが全体的に湿り気を帯びた叙情的なスローテンポのパワーバラード系だ。
雰囲気的にここ近年ポンポン出てきた女性Voモノのエモいラウドロック系
通じるものがあるな。インストパートはやはりプログレメタル然とした
テクニカルプレイ
が聴けるぞ。5曲目はインストで本来のLIGHT BRINGERの
持ち味
と言えそうな妙に爽やかなプログレメタルチューンで
Arcana Heartのアレみたいだ(爆)。
全て生なんで音はこっちのほうが良くベースもやはり唸りまくっておるのう・・・!
6曲目はまるでアバッキオが殉職警官に死ぬ前の精神世界(イタメシ屋)で
再会したかのような曲名
だが(爆)曲調はポップながら湿り気のある叙情性
持ったテクニカルメロハーと言えそうな曲。歌詞は別に「大切なのは
真実に向かおうとする意思だと思っている」
的な内容ではない(爆)。
7曲目はストリングス系のシンセ、オーケストラヒットと共に疾走する
GALNERYUSを思わせる待ってましたのテクニカルメロスピだ!メロディーは
非常にキャッチーで流麗なピアノも聴け中盤ではヴィジュアル系スタイルの
男Vo
も聴け純然たるメタラーがどう評価するかは知らんがこの手の歌唱としては
上手い方
だと言えよう・・・!ラストではパッヘルベルのカノンのフレーズも
登場しポジティヴなコーラスで盛り上がるぞ!意外と長く7分あるのう・・・!
これ以降はボーナストラック扱い過去曲のリメイクとなっており
8曲目はメランコリック極まるピアノ、チェンバロ系のフレーズで幕を開け
Dragon Guardianの勇者アーサー氏がマイブームとしているK-POP的な雰囲気を放ち
これまた疾走、ストリングス系のシンセもクサい哀愁メロスピチューンである!
ヴォーカルもクサけりゃシンセのオブリもクサい!インストパートはもの悲しい
ピアノ
のバックで何というか人力トランスが壊れたラジオから流れてくるかのような
変態的なバンドサウンドが聴けその後はまっとうなソロパートとなるぞ。ラストの
リードギターもクサく泣きのプレイを披露している!9曲目はピアノ、盛り上がりを見せる
オーケストラ系シンセで始まりやはり疾走!前曲とはうってかわって明るく
ポジティヴ
な雰囲気を持ったアニソン的キャッチーさを携えたメロスピである!
リフがジャーマン系のミュートリフでピコピコ系のシンセ、ピアノも顔を出し
オブリの練りこみも好印象だな。ピアノソロも美しく泣きのギターソロも
短いが聴き所となっている
のう・・・!


超テクニカルなプログレメタル要素はそのままにメロディーを重視した
作風
はプログレメタラーのみならずクサメタラー、アニソンメタラーにも
喜ばれよう!メロスピチューンはそこまで多くは無いがそれ以外の曲も良くテクニカルさを
キープしつつメロディー、楽曲重視で前作と比べて冗長さが消えたのは
進歩だな・・・!欲を言えばもうちょいメロスピチューンが聴きたかった
ミドルテンポのメロハーチューンも総じて質が高くプロダクションも向上、
前作以上に様々なメタラー、音楽ファンにアピールできる力作である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 Resistance、Le Cirque de Minuit〜真夜中のサーカス〜、
Dream!、Lazy Maze<2010>、Hearn's Heaven<08→10>







"BURNED 07"




日本の女性Voプログレメロハーバンドのシングル。


Dragon Guardianとのライヴでキャッチーかつ超テクニカルなパフォーマンスを
披露し会場に集まった数多くのクサメタラーの網膜及び鼓膜にその姿を、音を焼き付けた
一般メディアでも有名になりつつあるらしいプログレッシヴクサクサメロハーバンド
4曲入りシングルである!新曲が1曲であとはメンバーが敬愛するカヴァー曲といった
変則的な構成になっておりバンドのルーツが明らかになるような、そうでもないような
貴重な(?)1枚に仕上がっていると言えよう!

1曲目はライヴでも披露された新曲で、ドラマティックなツインリードで疾走しキラキラした
シンセ
も登場、ヴォーカルメロディーは実にキャッチーでクサくいい意味でJ-POP的なムード
感じさせる、日本人以外の何者も無いセンスがこれでもかというほど炸裂した実にクオリティーの高い
キラーチューン
である!バンドサウンドも実にテクニカルで2度目のブリッジで聴けるスウィープも
インパクトを放っており
インストパートはシンセストリングス、ピアノがシンフォニックなアレンジ
披露、そしてギターソロ、シンセソロと続きプログレメタル然としたタイトな技巧を見せ付けるぞ!
2曲目はMr.BIGのカヴァーだがリードVoを取れるギタリストKazu氏によるモロV系な男ヴォーカルが聴け
曲調も穏やかな典型的ポップスで個人的に好みではない曲調だな・・・。3曲目はこれまた異様にポップな
ムード
がプンプン放たれるガールズパンク然とした曲でどっかで耳にした事があるような気がしなくも無い
有名な曲(?)のようだがこれまた正直彼等に求めるタイプの曲ではないなぁ・・・!学園祭バンドでも
プレイ可能
なシンプル極まりない曲だがベースだけは異様なまでにオブリをブチ込んでおり
全体的にテクを持て余しているかのようだ・・・!(爆)4曲目は何とスティーヴ・ヴァイ時代の
ALCATRAZZ
の楽曲でテクニカルなタッピングが終始炸裂しベースもドラムもかなりの技巧を発揮する
我々寄りのカヴァー曲
だがヴォーカルメロディーはまったくもってフックが無くこの辺が
スティーヴ・ヴァイ的な所なんだろうなぁ・・・!俺は言うまでも無くイングヴェイ派だ(笑)。
明るくもテクニカルなギターソロ、それに続くベースソロが印象的で全体的にバンドサウンドの
技巧を楽しむタイプの曲
だな。まぁテクだけの曲とも言えるが・・・(爆)。


1曲目こそ全クサメタラー失禁モノの超絶キラーだがそれ以外のカヴァー3曲は正直好みの
曲調ではなく
彼等の持つクサさを求めるとカヴァー曲には肩透かしを覚えるだろう・・・!
だが1曲目の出来はかなりのモノなんでこの曲のためだけに本作をゲットするのも十分アリだが
それにはちょいと値段が張るか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 BURNED 07







"genesis"




日本の女性Voプログレッシヴメタルバンドの3rdアルバム。


嬢メタルなどとぬかすくだらないブームが多くのメタラーを嘆かせている昨今、
かねてよりポップでキャッチーなメロディーと実に高度なプログレサウンド
同居させ実力派の女性Voが堂々と歌い上げるスタイルで知名度を上げて来た
彼ら(彼女ら)LIGHT BRINGERがついにメジャーデビューと相成った!ギターが
一人脱退してしまう
ものの新しいメンバーは入れずシングルギターで勝負に
来たわけだがメジャー行きという事で皆セルアウトの危険性を恐れるだろう・・・!
まぁLIGHT BRINGERはV系やメロコアではなくガチのメタルバンドなんで極端に
クズ化するような事はありえず
その心配は無いが元来ポップ色が相当に強いバンドのため
方向性を無理に変えずとも十分に(いい意味で)売れる音を出せるだろうな・・・!

1曲目は穏やかかつ壮大さも感じさせるシンセ、パーカッションが聴ける
イントロで続く2曲目はプログレハード然としつつもキャッチーな軽快さを
放つアップテンポチューン
でヴォーカルの質感はどこか陰陽座に通じる部分
あるだろうか・・・!?インストパートはやはりテクニカルじゃのう!3曲目は
シンフォニックなシンセで幕を開けメロパワ、メロスピ然とした疾走感を見せ
ヴォーカルはアニソン然とした芳醇なキャッチーさを見せつつお城系に通じる
プログレらしさ
も内包した疾走キラーチューンだ!サビが実にクサくソロパートは
やはりバカテク振りを見せており流石である!4曲目はデジタルサウンドに
和の音色
も見せつつモダンな空気をも纏いヴォーカルはいつになく低音で
シリアスに歌っており
表現力を見せつけておるのう・・・!アンサンブルは流石で
ポップなヴォーカルのバック
テクニカルなプレイをサラッと決めているぞ!
5曲目は打ち込みリズムシンセが目立ったJ-POP色濃いムードの淡々としたミドル曲。
インストパートはシリアスさがあり良いな。6曲目はこれまたキャッチーな
ムードを見せるピアノ
が聴けつつアップテンポになるもヴォーカルが入ると
穏やかになるのう・・・!メロディーはやはり相当にアニソン色が濃い感じで
ファンタジックなムードもあるだろうか!?疾走チューンではないがアレンジや
メロが良く
センスを感じさせギターソロはなかなかに泣き重視のプレイだな・・・!
7曲目はオーケストラヒット、テクニカルなバンドサウンドシリアスさ
放つもこれまたアニソン的なノリを放つアップテンポ曲でギターフレーズがまた
キャッチーじゃのう!
ヴォーカルもよりアニソンっぽさが増した感じか!?
8曲目は穏やかかつファンタジックな印象のシンセ、ヴォーカルがこれまた
アニソンというか日本のRPGとかの主題歌(?)とか、よう判らんがそんな感じの
ムードを醸し出す叙情的なミドル曲。メロディーはキャッチーだがソロパートは
相当にテクニカルジャジーな側面も見せつつ勢いあるプレイを見せているぞ!
9曲目は攻撃的な疾走感を見せる待ってましたのファストチューン
メタリックなギターリフが聴けヴォーカルも低音で珍しい程にアグレッシヴな
歌唱
を見せておりサビはキャッチーだが実にパワフルである!ギターソロも
ハードロック的なノリを見せつつやはりプログレメタル然としたテクを見せ
ドラムやベースも全体的にかなり自己主張しておるのう・・・!10曲目は
落ち着きのあるピアノ、切々としたヴォーカルが聴ける穏やかなバラード。
バンドサウンドも盛り上がりを見せ王道のロックバラードといった感じだな。
11曲目はヴォーカル、シンセ、ピアノこそ明るくポップなれどバンドサウンドは
スラッシーとすら言えそうな勢いあるアグレッシヴな疾走感を見せるファストチューンだ!
特に複雑な部分は無くソロパートも含め極めてシンプルな作りになっているのう・・・!


メロパワ、メロスピ方面に特化しクサメタラーを喜ばせた前作と比べると
疾走クサメタル曲もあるが全体的にポップ寄りになったというか、1st以前の
方向性に戻った
印象があり結構評判は芳しく無いようだがクオリティー自体が
落ちたような事は無い
ので好みの問題だろう・・・。まぁ勿論俺も前作のような
メロスピスタイルが好み
なんでまたそっち方面に戻って頂きたいモンじゃて・・・!
流行モンにしか興味を示さない非音楽ファンなんざシカトでええんじゃ!(爆)
是非とも3曲目のようなキラーチューンを増やして貰いたいのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 noah  カルンシュタインの系譜  espoir  Love you







"Scenes of Infinity"




日本の女性Voプログレッシヴメタルバンドの4thアルバム。


どうやらバンド内部で相当にゴタゴタがあったようで、メンバーチェンジして
心機一転
を図り、新メンバーによってリリースされた初のフルアルバムである!
前作はメジャーデビュー作のせいか相当にユル〜いポップチューンが目立ち
メタラーから不評を買ったが、続く本作はメンバーチェンジにより吹っ切れたのか
前々作にあったガチのメロスピキラーチューンが見事に復活しておる!

1曲目は早速のピロピロギターで幕を開けドラム、ベースも複雑なリズムを披露
シンセもギターと共にキラキラとユニゾン、自分達がテクニカルバンドである事を
あます事無くアピール
しているが、ただの技巧オンリープログレメタルにはならず
ハモンドをバックに疾走!ヴォーカルも相変わらずの声量を見せつつキャッチーな
フレーズを歌い上げており
サビもメロスピとアニソン、J-POPの合いの子のような
メロディーである!
ソロパートもやはり相当にテクニカル各楽器が存分に
暴れまくっておるわい!
2曲目は唸るシンセで幕を開け軽快なアップテンポとなるが
アンサンブルはやはり技巧的な部分があり、それでいてヴォーカルはキャッチーさを見せておる!
3曲目もテクニカルさを見せつつ疾走するが、ヴォーカルは明るめで曲調自体もアニソンや
J-POPに近いムード
があるか!?ソロパートはどこかフュージョン的な面も見られるのう・・・!
4曲目はどこかエキゾチックと言うか密教的な怪しさを醸し出すスロー曲となるが、ある意味
様式美HM/HRの定番とも言える曲調
である。ヴォーカルもまた曲調に合わせた歌い方
披露しており表現力の豊かさを見せているぞ。5曲目もまた怪しげながらテクニカルな
アンサンブル
を披露、リズムが意外とストロングでヴォーカルはやはりしなやかかつ
キャッチー
でどこか歌謡曲ライクじゃのう・・・!6曲目は頭から早速テクニカルな
アンサンブル
を披露、プログレと言うよりもフュージョンに近い印象があり全ての楽器が
これでもかと言う程暴れまくるインストである!
7曲目はヴォーカルのみならず楽曲アレンジの時点で
相当に歌謡曲クサさを放っているミドル曲
で、穏やかさも強いがベース等各楽器のアピールも
目立っており
ありがちなスカスカオルタナ勢とは一線を画している辺りは流石にHM/HRの
バンド
と言った所だろうか・・・!8曲目はまるでシンフォニックメタルのようなシンセが
大仰さを放ち疾走開始!
ギターもクサいフレーズを披露し本作中最も本格的な
メロスピ、クサメタル
となる待ってましたのキラーチューンである!インストパートもまた
テクニカルでありながらクサさ、劇的さもしかとありGALNERYUSのような部分もあるか!?
9曲目はピアノ、チェロ系のシンセ厳かなムードを醸し出す短い曲で、インスト
思わせておいて後半ヴォーカルも顔を出すが、雰囲気自体は良いだけにシンセの
チープな音色が惜しいのう・・・!
10曲目は勢い良く疾走しつつも相当に明るいムード
放っておりハモンドの音色RAINBOWっぽさがあり懐かしい気分にさせてくれるが
サビは相当にJ-POPっぽさが強いな。
チャラい部分もあるがソロパートがまたモロにRAINBOWだ(笑)。


LIGHT BRINGER特有のプログレメタル的なテクニカルさアニソン、J-POP的なキャッチーさ
そのままに前々作で見られた疾走メロスピチューンが戻って来ており、前作でガッカリした
我々のようなリスナーの溜飲を下げる仕上がり
を見せておる!元メンバーによる新バンド、
Art Of Gradation
なかなかに質の高いアルバムをリリースして来たが、本家本元である
こっちも負けてはおらん!
どちらにとっても内部分裂が功を奏した一例だろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Hyperion  if  人形が見た夢
Tales of Promise 〜天国に寄せるポエトリー〜  Venus







もどる


inserted by FC2 system