LABYRINTH






"NO LIMITS"




イタリアのメロディックパワーメタルバンドの1stアルバム。


イタリアンメタル黎明期に登場したバンドであのラプソディーよりも
少し早くから活動していたようだ。ラプソディーと並んでイタリアのL=R等と言われていた時期もあった。

音楽的にはシンフォニックさを極めたラプソとは対照的な、所謂メロパワ路線を踏襲したバンドだが
部分部分でシンセがシンフォニックさを出している。だがそれ以上になぜかテクノ、
トランスの影響が強いようだ。


本作でヴォーカルをとっているのはのちにATHENA、そしてラプソディーに加入することになる
ファビオ・リオーネだ!
ラプソでは5作目で初めて披露して話題になったデス声寸前の
アグレッシヴな歌唱
をここですでに披露していたのが興味深い。
ちなみにここではまだ芸名であるジョー・テリーと名乗っていた。

そんな本作の音楽性は上記したようメロパワ路線なのだがプログレ的な展開も多く、
またもろゴアトランス、ハードコアテクノ系の曲も
入っており個人的にはいまいちパッとしない出来だと思う。
個人的に気に入ったのは昔流行った懐かしのジュリアナ東京みたいな
シンセのフレーズ
が使われた疾走チューンの1。あぁ・・・荒木師匠、
彼女は今いずこへ・・・!?(笑)

あと日本盤ボーナスのバラード曲13が気に入ったな。


彼らの熱心なファン、ファビオの昔のパフォーマンスを知りたい人におすすめ。初めて彼等に触れるなら
2ndがおすすめだといえる。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 72% お気に入り曲 MORTAL SIN、MILES AWAY







"Return to Heaven Denied"




イタリア出身のメロパワバンドの2ndアルバム。


ラプソディーよりも少し早くシーンに姿を現した彼ら。しかしラプソディーの音楽性があまりにも
凄すぎてラプソの影に隠れてしまった不運のバンドかもしれん。しかし本作は
そんなラプソに引けをとらないイタリアンメタルシーンに刻まれる名盤だといえるぞ!

前作でヴォーカルをとっていた現ラプソのファビオ・リオーネは脱退し、新たなシンガーが加入した。
そのシンガーはなんと70年代初期から活動するイタリアを代表するプログレバンド、
ニュー・トロルス
のシンガーを務めるロブ・タイラントなのだ!本作リリース当時彼のことを知るメタラーは
意外と少なかったようだがその実力は本物で、感情表現という点では
ファビオを上回るほどかもしれない・・・!


そして本作はメロスピシーンにその名を残すであろう超名曲
収録された改心の出来となった!1、2、3曲目がそうだ!激情の疾走チューンで
そのクオリティーは凄まじい!ロブのヴォーカルがまた一段と曲のよさを引き出しているな!
個人的に特に好きなのは3曲目“MOONLIGHT”だ!感情こめまくりのヴォーカル
織り成す疾走一大絵巻は凄まじいの一言で、まさに疾走するニュー・トロルスという
表現が相応しいかもしれない!?最後のサビ前で「ムーーンラァーーィ・・・・・・・
ッシャーーイニーーン!」
と、まるで演歌の如く
タメる
のがまたたまらん!(笑)


まぁ音質は悪いし、もろテクノ、トランスの6が捨て曲だったりと完璧なアルバムではないが、
頭3曲のためだけに買っても損はないかもな・・・!?メロスピ野郎の
基本的アルバムか!?(笑)




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 LADY LOST IN TIME、THUNDER、MOONLIGHT







"SONS OF THUNDER"




イタリア産メロパワバンドの3rdアルバム。


前作のクオリティーの高さで多くのメタラーの目(耳?)を釘付けにしたバンドの3作目のアルバムだ!
本作はコンセプトアルバムとなっており、全体的にドラマティックな仕上がりになった感じだ。

いままでバンドの大きな弱点だった音質の悪さは幾分解消され、
彼らの特徴であるどこかスラッシュメタルに近いであろう、ギターの
シャリシャリしたへヴィな質感、まとわりつくようなタイトなドラム
が楽しめる。
この音は個人的にけっこう好みだな・・・!特にドラムがかなり気に入ったぞ!

曲的にはどこかプログレメタル的な雰囲気をこれまで以上に強めた感があり、
即効性のある曲はかなり減った感があるな。聴き込めば良さが
わかるであろうスルメアルバム
と言ったところか。誤解を恐れずに言えば
メタル化した、へヴィになったニュー・トロルスとも呼べそうな音かもしれない!?

そんな本作のキラーは誰もが認める(?)8曲目、“SAVE ME”だ!イントロからリリカルなピアノが流れ、
やはりニュー・トロルスの如きコーラスが響き渡った後爆走する、
サイレントジェラシーの如きメロパワで、まさにX JAPAN meets
NEW TROLLS
という、普通ではありえないであろうコラボ
実現した(!?)超名曲である!!

ちなみにボートラで1st収録の名バラード“MILES AWAY”がリレコーディングされている。前任者のファビオの
ヴォーカルも良かったがロブのヴォーカルも良い!音質も良くなっており満足だ。


即効性は無いのでとにかくクサく速い曲を聴きたい人には向かないが、深く聴き込みたい
スルメ好き(!?)におすすめのアルバムだといえる!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 SAVE ME







もどる


inserted by FC2 system