legrand & Alice & Chii







"a lost"




日本のヴィジュアル系プロジェクトのアルバム。


M3でゲットしてきたアルバムで、オフィシャルサイトが見つからず
情報が極端に少なく、
ジャケを見るとよくある女性Voシンフォゴシック系
連想してしまうが実際の音楽性はいかにもV系な男Voを擁したスカスカなプロダクション
展開されるヴィジュアル系である!バンドサウンドはおそらく打ち込みと思われ
音質はいかにもインディーズのV系バンドらしい劣悪さが目立っているがヴォーカルは
やはり癖が強くナヨナヨしつつまぁそれなりに歌えており、音楽性はDirフォロワー系の
モダンへヴィネス
でもなくVERSAILLES以降の本格メタル要素も薄くシンセも目立っているが
どちらかと言えばV系黎明期のダークポジパン系に近い音作りをしていると言えよう!

1曲目はキラキラしたシンセで幕を開け音はかなり軽いがバンドサウンドも登場、
メタルと言うよりはまさしくヴィジュアル系でヴォーカルもまんまV系だ!
この手の歌唱としてはまぁまぁだがやはり弱さがあり癖も強いのは否めないが
とりあえず絶叫シャウトも披露、ギターソロも聴けるぞ。2曲目はなぜか
音量が上がりギターソロと共に疾走、ヴィジュアル系メタルの様相を醸し出し
ヴォーカルはウィスパー系のソフトな歌唱で結構悪くは無いな。3曲目は
怪しく緊迫した雰囲気を放つダークなスローチューン。4曲目はシンセと共に
疾走しキャッチーな展開を見せる王道V系スタイルだ!5曲目はこれまたスカスカな
音作り
90年代の初期V系を思わせる怪しいアップテンポチューンとなり
6曲目はシンセと共にストリングスの音色も聴けアップテンポになるがヴォーカルは
落ち着きのある歌唱淡々とした印象もあり琴のような音色も聴けるぞ。
7曲目は軽いクリーンギターのカッティング、シンセがこれまた淡々とした音を奏で
ダークながらまったりと展開するスローバラード系。8曲目はオルガン音で始まり
アコギが登場、これまたバラード系で後半ではストリングスも登場しこの辺は
なかなかのセンスを感じさせるな・・・。


曲ごとに手がけたコンポーザー、ヴォーカルが交互に変わっているようで
それがモロにプロダクション、歌唱にも反映され曲ごとにクオリティーに
バラつきがある
辺りいかにも未熟なアマチュア臭さを放っているな・・・!
偶数ナンバーのほうがプロダクションもヴォーカルも楽曲も奇数ナンバーよりも
遥かに上でこの差が埋まればもうちょい印象も良くなるだろうな・・・!
まぁどっちもメロディーはまだ弱くフックの増強を望みたいがとりあえず昔の
耽美ポジパンビートロックV系
が好きなリスナーはチェックしてみる価値は
ある
かも知れんな・・・!これで全曲偶数曲のクオリティーだったら
もっと評価は上がった
だろう・・・!









満足度 69% お気に入り曲 Lost Rose、明日の価値、ナクア







もどる


inserted by FC2 system