Last Alliance







"TEARS LIBRARY"




日本のエモコアバンドの1stアルバム。


ツインVoが特徴の国産エモコアバンドで本作は彼等の1stと
言う事になる。音楽的にはこの頃から叙情性を持ったエモコア
キャリアあるバンドのメンバーが集い結成されただけにこの時点で
既にクオリティーは高く演奏、ヴォーカル共にしっかりしているぞ!
曲の良さも文句なしだ!

1曲目からさっそくかなりキャッチーなサビを持った曲である!
哀愁バリバリではなくポップさが感じられるが決して
明るくならない叙情性が良いな!珍しくシンセっぽいピコピコした
もバックで聴けるぞ。ギターソロはアコギだ。2曲目はさらに
叙情性を増した曲でやはりサビが良いな!3曲目はアコギで始まり
よりハスキーな方のヴォーカルが登場、エモらしい湿り気を帯びた
叙情性が前面に押し出されるぞ。4曲目はバンド名を関した曲
パンクらしい疾走感を持ちつつも思慮深いヴォーカルメロディー、
歌唱法がLast Allianceらしい叙情性を持ったファストエモだ!サビが
メロスピ状態でクサすぎる!パンクらしく短いのが残念だ・・・!
5曲目はメロコア寄りの雰囲気で疾走する曲。6曲目も爆走する
メロコア系
だが甘い哀愁を感じさせるメロディーはdustbox
思わせるな。7曲目はポップさ、キャッチーさをもったアップテンポ曲。
明るめのキャッチーなサビはメロコア的なれどメロディーセンスが
優れており決して青春パンクなどではない質の高さを感じさせるな。
ファルセットを見せるヴォーカルの実力も確かだ。8曲目は再び
疾走感を放つ曲だがヴォーカルがやはり落ち着きを見せており
叙情性があるのが彼等らしいな。9曲目はLast Allianceにしては激しめの
イントロ
で始まるが曲調は疾走メロコアとなりそしてヴォーカルは
叙情的となっている。クサいメロディーも登場だ!10曲目は
バンドサウンドの中に雄大さを秘めたイントロで始まるバラード系の曲。
やはり叙情極まるサビが美しく2度目のAメロがポストロック風
加工された浮遊感を持っているのも面白い。11曲目も
泣きのエモバラード。泣きを伴ったサビの後は珍しいダンスビートである。


この時点で非常に完成度が高く叙情性を持ったロックが好きならば
気に入る可能性が高い高品質エモコアである!この頃は今以上に
パンク的、メロコア的な雰囲気が濃くパンク小僧に受けが良いと
言えなくも無いだろう。最近のアルバムでLast Allianceを知った
リスナーも掘り下げて聴く価値のある1枚だ!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 Boys Don't Cry、
Run Into The Freedom、Last Alliance、Sky Is Crying







"UNDERGROUND BLUE"




日本のエモコアバンドの2ndアルバム。


日本人らしいクサさを携えた叙情哀愁メロディーと高い歌唱力を
誇るツインVo、メロコア通り越してメロスピの域に到達せんが如き
疾走感を武器に超高品質エモコアをプレイするバンドの2作目である!
音楽的には前作の1stの時点ですでに完成された湿り気を帯びた泣きの
エモ
だが今回プロダクションが多少硬質な感じになりギターリフ等
ハードロック的な音作りになっているな。それに伴い曲によっては
インダストリアル的な質感を持っていたりメタリックな要素があったりと
実験的要素が盛り込まれていたりするな・・・!

1曲目のイントロから硬質なプロダクションのギターリフが聴けるも
メロディーは明るめだな。ヴォーカルはファルセットを使いこなし
確かな歌唱力を見せるぞ!2曲目は妖しいイントロに始まり
打ち込み的な音も携えハードロック、メタル的というか
へヴィ、インダストリアル系のバンドサウンドを持った曲だ!
彼等にしては非常に珍しい試みで後にも先にもこの曲のみか!?
3曲目はカントリー的なクリーンギターに始まる穏やかな曲。
しかし徐々に盛り上がりサビはLast Allianceらしい叙情ポップメロとなる。
4曲目も明るめの雰囲気を持ったポップチューンだがサビのフックは
流石
である。6曲目は再びインダストリアルなイントロで始まるも
その後は普通のバンドサウンドで疾走しハードロック的な要素を持った
曲となる。やはり明るい雰囲気があるな・・・。7曲目はようやく湿り気を
帯びたエモ的雰囲気
が演出されサビはポップでキャッチーだ。
8曲目もポップなエモでサビがクサさを放っているな・・・!
9曲目はバラード寄りの雰囲気を持っており彼等らしい叙情性
押し出された泣きのエモチューンだ。サビがやはり泣けるのう・・・!
11曲目はアップテンポになり独特のクサいメロディー使いを見せつつ
ロック色濃い雰囲気を持ったLast Allianceらしい曲だ!12曲目は
ここにきてようやくの疾走チューンである!曲調はメロコア的
BAD RELIGION、PENNYWISEを思わせる野郎シンガロングも聴けるぞ!
バンドサウンドもアグレッシヴだ!14曲目はポップだが
やはりフックあるサビメロが印象的なエモチューンである。


1stから質の高いバンドであったが本作は前半ちょいと実験的に
なりすぎた
感があり散漫に感じられるやも知れんな・・・!
彼等の武器である湿り気を帯びた叙情哀愁泣きクサエモ
減少し明るめの曲が増えたのも賛否ありそうだ。疾走感も
落ちておりメロスピ的爆走チューンは12曲目のみとかなり減っている。
メロディー自体は良いのだがやはり彼等にはやりすぎなまでに
クサい叙情性
を求めてしまうのう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 ラッキー・ルチアーノに射たれる前に、
TRUTH IN MY ARMS、Letter







"Me and Your Borderline"




日本のエモコアバンドの3rdアルバム。


日本のメロコアバンド、S★CREATERSBERMUDAの元メンバーが新たに
結成したバンドで音楽的にはエモコアとメロコアの中間とでも呼べそうな
雰囲気を持っておりエモの哀愁、ほの暗さメロコアのキャッチーさ、
疾走感
とそれぞれの美味しい所を混ぜ合わせたかのようなサウンドは
実に質が高くへヴィさこそ無いものの哀愁メロ、クサメロを愛するメタラーや
ヴィジュアル系ファンにもかなりアピールできるのではなかろうか!?
ちなみにヴォーカルが二人おり歌詞は日本語。

1曲目はチャカチャカいうパンク的カッティングギターに導かれて
爆走しまくるエモだ!メロコアに近い疾走エモで畳み掛けるヴォーカルも
良いな!サビは非常にキャッチーだ!意外とクサいかも!?曲展開、アレンジも
質が高い!2曲目も哀愁漂うアップテンポのエモでこれまたメロディーが
クサさすら感じさせるほどキャッチーだ!間奏のボンボンいうベース、それに導かれる
ピアノとコーラスが非常に美しい!3曲目も疾走感溢れるエモとメロコアの
中間
的な雰囲気が感じられる曲。やはりメロディーが美しいぞ!ダミ声ではないクリーンな
ヴォーカル
がエモ的で音楽性に見事にマッチしているな。5曲目はミドル〜アップテンポの
哀愁エモでファルセットを巧みに用いた哀愁バリバリのサビがクサい!
7曲目はギターがイントロで主張しツインVoがハモりクサ味のあるメロを歌う
哀愁ミドル〜アップテンポエモだ!畳み掛けるようなヴォーカル、なかなかに
ハードさを感じさせるギター
がカッコいいぞ!10曲目はキャッチーで
メランコリックなピアノ
に導かれるアップテンポ曲。ブリッジのコーラスが泣ける!
サビも当然のようにクサキャッチーだぞ!2度目のサビでピアノが登場しそのまま泣きの
ピアノとヴォーカルのみのパート
になる所など実にセンスが良い!
12曲目はメロコア的疾走で始まるもヴォーカルが哀愁を放ち
やはりメロが思い切りキャッチーである!2度目のサビはコーラスも
導入されクサさ10割り増し!(笑)その後さらに哀愁を放つ!こいつらの才能は
マジで凄い
な・・・!


まさしく胸を焦がす珠玉の哀愁という表現が相応しい、そんなバンドだ!
ヴォーカルの声質はMintJamっぽいがあっちほどの歌唱力は無い。だがこの弱弱しい
声が逆に物凄くエモーショナルである!ロックは技巧ではないのだ!
疾走感、泣き、そしてクサさすら混在するキャッチーなメロディー
実に質が高く捨て曲も無い!エモ、パンクをバカにしているメタラーにも是非
聴いてもらいたいほどのクオリティーを誇っているぞ!日本語詩、パンクが
聴ける哀愁、泣きメロ好きは聴いて損は無い!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 Break a mirror、エイミーシンドローム、 SPIRAL WORLD、FANTASIA、プロメテウス







"the sum"




日本のメロディックスピードエモコアバンドの4thアルバム。


ツインVoスタイル日本語エモコアをプレイするバンドで
音楽的には叙情的で湿り気を帯びた泣きの哀愁エモコアなのだが
彼らの場合メタリックさはあまり無いもののメロスピ、スラッシュメタル
並に疾走
しまくっている曲がありフックある哀愁クサメロと相まって
メロスピエモと呼びたくなる要素があるのが特徴だ!
ちなみに本作のレーベルはマキシマムザホルモンナイトメア、
GALNERYUS
と同じアニソンレーベルvapなので本作に収録された
シングル曲はやはりご多分に漏れずどっかのアニメに
使われている
ようだ・・・!

1曲目からさっそく湿り気のある叙情的な哀愁エモコア
堪能できるぞ!途中ハモンドっぽい音も登場したり
リズムもアップテンポになったり疾走したりスローになったりと
なかなかに練り込まれており面白いな。ラストは疾走するぞ!
ノコギリで刻むようなギターのイントロに始まる2曲目は
メロスピ、スラッシュメタル張りに爆走するメロスピエモコアだ!
メロディーはやはりエモらしい湿り気を帯びた叙情性を演出し
その上クサめである!ベースも目立っているな。3、4曲目も
共にフックある泣きのメロディーが堪能できるぞ!メロディーセンスが
前作よりも向上しているな。5曲目はスパニッシュ風のメランコリックな
アコギ
に始まりハードロック的に疾走するぞ!リードギターも
目立っておりHR/HM者にもアピールできそうだな。サビは非常に
キャッチーである!サビ後の間奏もアコギでカッコいいぞ!
8曲目はバラード系のエモチューンでサビのメロディーが
かなりクサいのう・・・!9曲目はアップテンポチューンで
AメロがASIAN KUNG-FU GENERATION9mm Parabellum Bulletとかを
思わせるどこか和というか中華風で面白いな。10曲目はツーバスを
踏むドラムがタイト
な疾走チューンだがどちらかといえばメロコア寄りだな。
途中で珍しくシャウトも聴けるぞ。12曲目は穏やかさも感じさせる
アップテンポエモでギターソロもメロディーを奏でるスタイルで良い。


方向性は前作の延長線上にあるものだがメロディーのセンスが
向上
しておりメロコア、エモ好きのみならずクサメタラーにも
オススメできそう
なクオリティーがあると言えるだろう。
中盤ちょこっとだけダレるが全体的にやはり質は高いのう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 Proud of Scar、砂漠と幻想、
片膝の汚れ、ロンサムワールド







"KAWASAKI RELAX"




日本のメロディックスピードエモコアバンドのミニアルバム。


キャリアあるメンバーで構成されたツインVoを擁する
ベテランバンドだがスタジオとは違いライヴではまだ
欠点を抱えている(爆)
彼等Last Allianceの新作である!
本作は全5曲のミニアルバムながらどうやらコンセプトアルバム
なっているようで音楽的には初期の頃に立ち返り歌詞も
全て英語詩となり曲も疾走感に満ち溢れそれでいて
メロディーや楽曲の練りこみもちゃんとしており若いバンドには無い
円熟というものを感じさせてくれるのう・・・!

音自体は軽めでメタリックさは無い疾走感は抜群
奇妙なイントロに始まり疾走、基本的にキーの高い
ヴォーカル
が珍しく低音で朗々と歌う1曲目から
勢いのみならず練りこみを感じさせる良質な曲である!
インストパートはごく僅かながらリズムチェンジを取り入れ
技巧的な要素も垣間見せる!16分刻みのリフで始まり
やはり疾走する2曲目も勢いのある曲だ!3曲目はミドル、
アップテンポで展開しサビで疾走、リフが練りこまれており
ただ初期衝動を発散するのみではないキャリアあるベテランの
スキル
を見せてくれるぞ。4曲目はメロコアに接近した
雰囲気を持った爆走パンクチューンだがサビはテンポダウンし
叙情性も感じさせる。中盤のシンガロングパートは実に
パンク的じゃのう・・・!5曲目は謎のノイズのような
歓声のような音
が登場しデリデリしたリフが聴けやはり
爆走するメランコリックなスピードパンクである!
哀愁溢れるメロディーを乗せ疾走、ギターリフもタイトで
音は軽いがメタラーでも十分聴けそうな楽曲だ!
タッピングが聴けるギターソロもこの手の
バンドとしては十分に技巧的か!?



メロコアと呼ぶには哀愁がありヴォーカルも高音、
かといってエモと呼ぶには疾走感、勢いに満ちており
メロコアとエモコア両者の良い所を取り入れた音楽性は
不変でパンクス、メロコア、エモ好きのみならず
メロスピ好きにもアピールできるだろう!全曲疾走
いうのがまたクサメタラー好みではないか・・・!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 全部







"Keep on smashing blue,"




日本のメロディックスピードエモコアバンドの5thアルバム。


ライヴではそれなりだがスタジオ音源ではなかなかのテクニックを見せる
ツインVoを擁した国産叙情爆走歌謡メロディックスピードクサエモコアバンド
待望の5作目のフルアルバムである!最近のパンク、メロコア勢が結構メタリックな
バンドサウンドになりつつある
のに対し彼らはあくまもでパンクのライトさ
強調した軽めのバンドサウンドが特徴でそこがメタラーには不満点と言えなくも無いが
疾走感、やけに凝ったタイトなバンドアンサンブル、そしてキャッチーかつ叙情性に
満ちたメロディーライン
がそういった不満要素を帳消しにしてくれよう・・・!

1曲目は軽めの、いかにもパンクなプロダクションのバンドサウンドが
どこかライトな軽快さを放ちつつもヴォーカルラインはなめらか
サビは一気に疾走するキャッチーでポップな曲。2曲目はイントロから叩きつけるような
勢いある疾走サウンド
が聴けるファストエモコアである!ギターのバッキングが
なかなかに凝っておりライトなカッティングからスクリーモ系がよくやるタッピング
交えライヴでの再現が大変そうなプレイを披露しておる!ギターソロもなかなかに
HR寄りでこれまた怪しいタッピングも聴けるぞ!3曲目はヴォーカルこそ彼ららしい
叙情性を見せつつやはり疾走感のあるアップテンポチューンでギタープレイもまた
印象的である。ウィスパー系の歌唱を見せるブリッジ等ヴォーカルスキルも向上しているな。
4曲目も疾走チューンでギターがいつになつ細かいプレイを披露しパンク的なシンガロング
顔を出しつつメロディー、雰囲気は湿った叙情要素が濃いぞ!パンクらしい短さが勿体無いな・・・!
5曲目はキャッチーさ、ポップ要素が前面に押し出された明るいミドル〜アップテンポ曲
中盤のクリーンギターのフレーズはどこか9mm Parabellum Bulletに通じる和の空気があるな。
6曲目は明るさをキープしつつも爆走、彼らとしてはアグレッシヴなバンドサウンド
持ちつつもヴォーカルが終始ソフトなのが特徴か!?7曲目もパンクらしい疾走感を見せ
ヴォーカルが珍しく絶叫系のシャウトを披露し自らがパンクバンドである事を今更
アピールしてみせる
がその後はクリーンVoになるぞ。8曲目もやはり疾走しており
パンキッシュさ
を残しつつヴォーカルはソフトだな。途中アコースティックなパートが
顔を出しちょっとしたフックになっておりその後のシンガロングも哀愁があるのう・・・!
9曲目は本作では珍しいミドルテンポでどこか怪しくも淡々とした、ダーティーな
スカ系
に通じる雰囲気を持った曲だ。サビはSIAM SHADEのようなキャッチーさがあるぞ!
10曲目はまるで人力ダンスミュージックのようなギターサウンド(?)で始まり
絶叫シンガロングも聴けるこれまでにない曲。疾走するサビもどこかシンセのような音
聴こえるのう・・・!ギターソロはなかなかのプレイだな。ラストはブラストに近い
表打ちドラム
で爆走するぞ!11曲目はミドル〜アップテンポでキャッチーなギターが
顔を出し中盤はラウンジ、フュージョン系の穏やかなクリーンサウンドが披露され
そしてギターソロへと繋がっていく。12曲目はSEに始まりアコギが叙情的な
プレイ
を見せ穏やかさを演出するバラード曲。途中からバンドサウンドが登場
テンポが上がるが疾走はせず聴かせるタイプの曲だと言えよう・・・!展開もドラマティックである
13曲目はクリーンギターで始まり軽快に疾走するキャッチーな曲。アコギ、オシャレなクリーンギターのカッティングも
顔を出しストレートではあるがバックは細かい拘りを感じさせるのう・・・!14曲目はこれまた
クリーンギターがバックで登場するもその後は判りやすく疾走するファストチューンだ!ヴォーカルは穏やかで
美麗系のハモリコーラスも聴けるぞ!15曲目は気だるい叙情性を擁したスローバラードで
ヴォーカルがかなりのウィスパー歌唱を披露しておりパンクとは思えぬ表現力があるな・・・!
メロディーは歌謡曲的なクサさがありもっとこういうフレーズをやってもらいたいのう!
ラストは生ヴァイオリンもバックで聴けるぞ!


プロダクションは軽く篭りがちでお世辞にも良いとは言えないがメンバーの演奏スキル、
ヴォーカルの表現力
向上した様子が伺えギターの細かいバッキングや所々で
唸るベース、手数多いドラム等パンク系の要素を保ちながらテクニカルな所を見せておる!
ライヴでスタジオ音源以上のモノを見せられないのが彼らの欠点だがアルバムでは
良質のパフォーマンスを披露しているぞ!いつになく疾走曲多めなのも好印象である!
ただ過去のアルバムほどメロディーにフックは無く叙情性はあってもクサさは
薄れている
感じがありこの辺が評価を分けるだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Everything is evanescent、NE(W)ROTIC WORLD、LOSER、
孤島のバスキア、Time Will Tell 〜dear youth〜、願イ型紋白蝶ガ宙ヲ舞ウ







"for staying real BLUE."




日本のメロディックスピードエモコアバンドの6thアルバム。


歌謡曲色濃い哀愁漂う叙情クサメロを豊潤に放ちつつ爆走するメロスピエモコアバンド(!?)の、
前作よりおよそ8ヶ月という短いスパンでリリースされた通算6作目の最新アルバムである!
アルバム制作期間が短いにも関わらず全15曲に加えボートラ2曲計17曲という
異様な楽曲の多さが目立っており前作も全15曲と非常に多かった
多作なバンドになりつつあるのだろうか!?そんな前作はアグレッシヴさこそ目立っていたが
彼等特有のキャッチー極まりない哀愁クサメロが減退しており前々作以前のアルバムほど
ハマる事は無かったんだが果たして本作はどうなっているのだろうか!?

1曲目は篭ったギター、英語詩ヴォーカルに始まり早速疾走!ギターもリードプレイで
ソロのように弾き倒し
オブリもバンバン放り込みサビはベースも目立っているぞ!
メロディーもなかなかにキャッチーで彼等らしい王道を行く疾走チューンである!
2曲目はこれまたキレのあるギターで始まりベースも唸り疾走開始!バッキングに
パンクとは思えない拘りを見せながらメロディーも哀愁が漂っており良いのう・・・!
サビはシンガロングも顔を出すぞ。3曲目はノリの良いワイルドさを感じさせ
なかなかにゴリゴリした質感のバンドサウンドが聴けヴォーカルもどこかラフな
歌唱を披露、
ベースは勿論ドラムも印象的でつんのめるようなリズムを叩きサビは
コーラスもバックで聴けるぞ。インストパートではもはやベースソロに近いくらい
ベースが前に出てきておる
な・・・!4曲目は叙情的な出だしから哀愁を漂わせつつ
ミドル〜アップテンポになりやはりベースもかなり目立っておるのう・・・!全体的に
メロディアスさ重視の曲でポップさすら感じさせるキャッチーなメロディーが聴けるぞ。
こういう曲も彼等の十八番である!5曲目はデリデリしたギタークリーンギターが
遠くから顔を出し
そしてバンドサウンドが登場しミドルテンポで盛り上がりつつも
どこか淡々としたムードを出す曲。サビがどこかダンサブルなリズムを持っているな。
6曲目も淡々とした出だしからアップテンポになりバンドサウンドはそれなりに盛り上がり
疾走パート
も顔を出すがヴォーカルが終始呟くような歌唱で決してテンションが
上がる事は無い!(爆)
哀愁要素は強くこの辺は良いな。7曲目はギター、ベースが唸り
タイトなバンドサウンド
を披露、ミュート気味のハモリリフが印象的な待ってましたの
疾走チューン
でやはりベースも目立ちバッキングは音の軽さを除けばHM/HRにも通じるものがあり
パンクとは思えぬ手数の多さでメロディーもなかなかに悪くないな。
8曲目はこれまたどこかワイルドなムードを持ったギター、ベースが聴け疾走する
彼等らしいメロディックスピードエモコア(!?)
でインストパートでは何とXに通じる
ツインリードのソロ
を披露しておりバックでシンガロングも顔を出しつつメタラーにとって
強烈なフック
となっておるな・・・!9曲目はバンドサウンドこそ荒々しいムードがある疾走曲だが
ヴォーカルメロディーは彼等らしからぬ明るさがありポップスに近いフィーリングが強く
これがアルバム1〜2曲くらいな内はまだ風変わりな曲で済むがこういう曲ばっかりになってしまうと
セルアウトの烙印を押されてしまう感じだな(爆)。10曲目はデジタル風味漂うシンセ
顔を出しリズムも打ち込みでダンサブルなムードを持った曲だが全体的には淡々とした曲だ。
11曲目はメロウな出だしから軽快かつどこかエモさを持った音作りのアップテンポ曲で
ヴォーカルはソフトな歌唱だが絶叫シャウト系シンガロングも顔を出すぞ。バックで
ギターがこれまたオブリをバンバン放り込んでおりそっちに耳が行ってしまうのう・・・!
サビがいくつもあるような印象があり中盤以降はずっとサビみたいな感じで面白いぞ!
12曲目は愁いを帯びたヴォーカルと共に疾走する哀愁スピードエモコアでメロディーが
なかなかにクサくその後のクリーンギターが聴ける穏やかなパートも印象的だ。
13曲目は穏やかなクリーンギター、アトモスフェリックなシンセに始まりバンドサウンドが登場、
盛り上がりながらもどこか憂いを纏わせミドル〜アップテンポで叙情性重視の音作りに
なっているがサビは明るく盛り上がるな。後半でハープのような音色が顔を出しさらに
ウクレレも聴けエモさを放つのう・・・!14曲目はクリーンギター、淡々としたヴォーカルで始まりエモくも
明るいフィーリングを放つミドル曲。
15曲目はストリングスの音色もバックで顔を出しどこか
壮大な雰囲気を放つスロー曲淡々としたムードが強いがこれまたエモい
空気がプンプン放たれておる
のう・・・!メロディー重視のギターソロも聴けるぞ。
バラード寄りの曲調でこれでもっとメロディーにフックがあれば良かったんだがなぁ・・・!
“エイミー・シンドローム”“ロンサムワールド”のような豊潤極まり無いフックに
満ち溢れた美メロ
はもう書けないのだろうか・・・!?ボートラの16曲目、17曲目は過去曲のようでバンド初期の
レアな楽曲
そのまま収録しているのか音が軽くなった印象があるな。前者は軽快な
疾走曲
ポップ寄りの明るさがあり後者は荒々しさを感じさせやはりこの頃からリードギターが
手数多く目立っており
ミックス的にギターがかなり前に出てきているな。サビは今に通じる
キャッチーさのあるクサめの哀愁メロ
で良いぞ!


過去作と比べてベースがかなり前に出てきている印象がありジャンルは全く異なるが
DIR EN GREYの新譜に通じるベースの目立ち方をしておるわい!(爆)前作に近いタイプの
アルバム
と言えるかも知れんがメロディーのキャッチーさが多少は戻って来ており
短い制作期間で練り込み不足を不安視していたがその心配は無くバッキングもベースは勿論
ギタープレイもオブリやリードフレーズ、リフ等いちいち細かく手数多いプレイを披露しており
彼等特有の音の軽さを除けばHM/HRリスナーにもアピール出来そうなセンスがあるのう・・・!
ただここまで拘ったアンサンブル、恐らくライヴじゃ再現できないんだろうなぁ・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 in my hand、Revolution is starting、剣戟の響き、
deandre、stardoubt、Melancholy







"Seventh Sense"




日本のメロディックスピードエモコアバンドの7thアルバム。


メロコアらしく音質こそスカスカギターの音もペラいながらも、勢いある疾走感に
日本人らしいキャッチーさ
を湛えたツインVoのメロディークサメタラーにも
アピールするベテランバンド
による通算7作目のアルバムである!アルバム重ねる毎に
牙を失い丸くなりクソつまらんポップス化してしまうバンドが腐る程いるシーンにあって
ユルくなる事は無く初期の頃から一貫した音楽性を貫いてはいるが、どうもここ最近は
マンネリと言うか、以前と比べてメロディーが煮え切らなくなってきた印象があった・・・!
そして本作、どうやら疾走感が減退しポップ寄りになった等と雲行きの怪しい前情報が
入って来ている
んだが一体どんな仕上がりになったのであろうか!?

1曲目は得意の疾走チューンでは無く軽快なアップテンポキャッチーなムードを演出、
音自体は洗練されている感があるもポップス寄りになって来ている印象があるな。
2曲目も軽快なアップテンポポップ寄りなムードを醸し出し、3曲目は何とも微妙な
スキャット
で幕を開けこれまた軽快なノリで展開するがヴォーカルメロは歌謡曲っぽさ
強い感じだな。4曲目はメロウなエモさを感じさせる哀愁系の曲で、サビは彼ららしい
メロディーライン
でなかなかに良いな。5曲目は再びポップ寄りのムードを醸し出す曲調
ワウを効かせたギターソロも聴けるぞ!6曲目は穏やかさが目立った叙情的なミドル曲。
7曲目は珍しくストリングスを取り入れたメロウな曲だがどうにも安っぽいJ-POP色が
強くなってしまっている
印象があるなぁ・・・!ヴォーカルもたいして上手く無いのにウィスパー風の
歌い方をしており
非常に微妙だな・・・!ラストは子供のコーラスも顔を出すぞ。8曲目は穏やかな
出だし
だがその後は淡々としつつも緊迫感を放ち、その後はここに来て初の疾走感ある
リズム
になりサビはキャッチーさを放つぞ!9曲目はノイジーなギター加工Vo、
打ち込みリズム
怪しげなムードを醸し出しオルタナライクな微妙さを見せているな・・・!
サビはダンサブルなリズムチャラさを感じさせるわい!(爆)10曲目は勢いを
感じさせるノリの良いアップテンポチューンだがエモいパートも顔を出すな・・・!途中ギターが
タッピングを披露するのも珍しいのう!11曲目も軽快なノリのアップテンポ曲だが
淡々とした側面もありサビはキャッチーJ-POP的なあざとさも感じさせるが
なかなかに悪くは無いか!?12曲目はこれまたストリングスが顔を出す淡々としたバラード。


彼ら十八番の哀愁を撒き散らして疾走するメロディックスピードエモチューンが
減退・・・
と言うか消滅しており曲調も相当にポップ寄りになってしまっておる!
アレンジや曲展開もシンプルさが目立っておりこれと言ったキラーチューンが
存在せず、
キャッチーな曲もよくあるJ-POP寄りのあざといムードを醸し出しており
メロコア、エモ的な雰囲気が相当に薄れて来てしまっているのも痛いな・・・!
だがそれでも大半の曲が軽快なアップテンポエモい哀愁チューンもあるし、
こういうポップ色濃い曲初期の頃から普通にやっていたんで
ただ疾走感が減退しただけだと捉える事も出来なくは無いな・・・!だがやはり彼らには
勢いある2ビートの疾走感エモい哀愁を放って頂きたいのじゃ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 灯  DELETE







もどる


inserted by FC2 system